プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2014年10月13日

公開討論会は「地方自治」に欠かせない標準装備?!











本日は台風19号の影響により、コーディネーターとして登壇予定であった

「大山崎町長選挙マニフェスト志向型公開討論会(主催:乙訓青年会議所)」

http://otokuni-jc.org/2014/

が中止となりました。

自然事由のため、誰も恨むことはできませんが、残念でした。

というわけで、今日はせっかくですので、この

「マニフェスト(志向型)討論会」

について少し思うところを書いてみたいと思います。

まず前半の

「マニフェスト」

これは、本来「宣言」や「声明書」という意味で、
政治以外の分野でも使われてきた用語で、
発祥地の イギリスでは

「政権公約」

として、普及し現在に至ります。

わが国でも1999年くらいからこの概念が輸入され使われ始めました。
(英国ではマニフェストは本屋さんや駅前で販売されています。また「97年もの」といったベストセラーもあります)

とりわけ、一気に広がったのは2003年の統一地方選挙ことで

「北川正恭元三重県知事」

がその最大の功労者です。というのも、北川氏があるシンポジウムで述べた

 「今までの公約は、スローガンは掲げるが、政策を実施していく、期限、財源、プロセスは見えてこない(口約)。
これからは明確に入ったマニフェストを取り入れるべきだ。マニフェストは本来政党が作るものだが、
まず県知事(候補)の立場で観念論ではなく、ぜひ作って頂きたいと提案したい」

という呼びかけに当時の多くの立候補者が応じ、全国的に広がったのです。

その後は国の衆議院選挙、参議院選挙で使われることになったのは周知の事実ですが、
ここで注目したいのは、

「マニフェストは地方から始まった」

ということです。実は「政策(行政)評価」や「事業仕分け」もそうなんですが、
今当たり前になっている政治や政策を取り巻く仕組みの多くは地方から生まれているんですよね。

この観点からしても今回のように地方政府のトップを選ぶ選挙にマニフェストという言葉が組み込まれた意義があるわけです。

当然のことながら、

「マニフェストとは本来「(国の)政権公約」の意であり、地方(自治)にはなじまない」

との批判もあります。

しかし、今回の町長選挙においても、国の政党が推薦したり、
議会においても与党・野党と呼ばれる構図が存在する現状においては、
この批判は無党派や国政政党とは関係のない会派の議員個人には当てはまりますが、
現状を踏まえた批判にはなりません。

そもそも、首長選挙というのは、地方政府のトップを決める重要な選挙ですから、
4年間(一期)で何をする(したい)のか、目標が必要不可欠です。
いや、具体的な目標がなければ、評価も出来ません。

その意味では、マニフェストは首長選挙にとても親和性があるとも言えます。

まさに

「首長のマニフェストにはその地域の地方自治の未来が書いている」

と言っても良いかもしれません。


次に

「公開討論会」

について考えてみます。

この最大の功労者は、20世紀の終わりくらいから活動を始めた

「公開討論会NGO リンカーン・フォーラム」

http://www.touronkai.com

でしょう。同団体のHPに

・これまでの日本では、選挙の時、候補者同士の政策論議がほとんど行わ れないのが当たり前でした。
・リンカーン・フォーラムは、この政治風土に風穴をあけるために、「公開討論会」を通じて政治家を選ぶというルールを日本に根づかせる実践活動とネットワーク創りを行っています


とあるように、リンカーン・フォーラムの草の根的な努力なしには、近年の選挙前に標準装備のようになった
公開討論会の文化はなかったと思います。

それでは、その公開討論会の意義とは何でしょうか。再び彼らのHPから引用してみます。

 ① 有権者が政策や人柄あるいは政党の根本方針を見極める機会になります。
 ② 政治の抱える問題点や課題が鮮明になります。
 ③ 選択の基準が明快になります。
 ④ 政治を考える機会になります。
 ⑤ 候補者が、政策や理念を有権者に訴え共感を得る機会となります。


ここでのポイントは

「見え(せ)る化」と「比較」

この2点です。

というのも、政治の基本は

「本人ー代理人理論」

すなわち、自分(たちの)思いを代わりに執行してくれる人選びですから、まずその代理性が担保されているかどうかは
候補者がどのような政策や理念を持っているかを発信してくれないと、判断ができません。これが明らかになるのです。

確かに明らかにするだけであれば、新聞やHP(SNS含む)等だけでも十分かもしれませんが、
やはり、肉声や表情でその本気度を確かめる必要がありますね。

そして、一人の候補者だけあれば、過去と現在のよしあしは判断できていても、
他の考えとの判断軸がありませんから、本当の意味でのよしあしが判断できません。

その意味から、公開討論会の形式で

「比較できる材料を有権者に提供する」

ことが必要であり、意義があるのです。

以上、総括すれば、マニフェスト志向型公開討論会というのは、

「地方自治の未来」

を考える際にとても重要な場と機会を提供する装置であることが分かります。

国政選挙や都道府県選挙であれば、

「政見放送」

というこの公開討論会と同じような機能を持つプラットフォームがあります。

また近年はネットの発達も手伝って、「ニコニコ動画」等を活用し、ネットによる公開討論会も徐々に広がってきました。
これ自体は素晴しいことなのですが、いずれも地方自治の分野では(まだ)使えないツールです。

その意味でも(マニフェスト志向型)公開討論会がいかに貴重な機会提供をしているかが分かります。


というわけで、

「(マニフェスト志向型)公開討論会は「地方自治」に欠かせない標準装備の時代(になりつつあるし、そうすべき)」

というのが本日の結論です。

冒頭に戻りますが、本日の大山崎町長選挙においても、このことは例外ではありませんでした。
その意味で台風によりその機会が無くなったことは地方自治にとっても大いなる損失と言えます。

しかし、ピンチはチャンス。
ぜひ台風がもたらした(逆)風を追い風、順風に変えましょう。

人口減少社会、超高齢社会、行財政の逼迫の到来、相次ぐ自然災害への対応(レジリエンス)を踏まえ、
次の大山崎の地方創生のためにどのようなビジョンを描くのか。

こうした場がない分、ぜひ有権者の皆さんはより積極的に自ら情報を集め、比較して頂ける良い機会です。

やはり一回限りの情報で全てを判断できませんから(これが公開討論会の課題)。


地方自治を作る主人公、主役は住民の皆さん一人ひとりです。

主人公、主役である大山崎町の住民の皆さんの地域力(自治力)に期待しています。



平成26年10月13日

杉岡 秀紀 記





・  

Posted by 杉岡 秀紀 at 15:00Comments(0)杉岡日記より

2014年10月12日

過疎は逆手にとれたか?

『過疎を逆手にとる法―中国山地からのまちづくりニュー・ウェーブー』(指田 志恵子、あけび書房)

という本があります。

ここで問題提起されたのは以下の10か条。

①「過疎」は「魅力ある可能性」と信じること。
②「ない」と言うことは「なんでもやれる」と言う可能性があること。
③目標は「東京でできないこと」をやること。
④武器は「アイデア」と「実践」。
⑤キーワードは「過密」とのジョイント。
⑥壁へのチャレンジは「実践」の積み重ね。
⑦逆手にとるのは「過疎のマイナスイメージ」---廃校、廃屋、多い高齢者、失いきった活力、etc。
⑧ほしい「つれ」は「厳しい古里だからあえて古里に生きる」と言う人たち。
⑨とにかく、他人はどうであれ、己は過疎を相手に楽しく生きること。
⑩「群れ」は、そんな「楽しい生き方」を「みせびらかして」つくること。


いずれも消滅可能性自治体が叫ばれるこんにちにおいて、「うんうん」と頷きたくなるメッセージですよね。

反論は一切ありません。

しかし、皮肉にもポイントはこの本が書かれた年にあります。

何とこの本が出版されたのは1984年。今からちょうど30年前です。

私は当時4歳でしたが、当時ニューウェーブと言われたこの筆者ももう良い年頃でしょう。

というわけで、本日のお題は、

「果たしてここでの提言はわが国で活かされたと言えるでしょうか?」

ということです。

私見で言えば、課題は変わっておらず、解決どころかさらに
複雑化・高度化・多様化・不確実化の方向に向かっているのではないでしょうか?

向こう30年の2044年は奇しくも『地方消滅(増田レポート)』のターゲットイヤーである2040年とほぼ重なる時代。

未来を良い展望するためにもこの30年の過疎対策政策の検証が必要です。

時代は繰り返す、と言いますが、繰り返してはいけない時代もあるのです。


平成26年10月12日

杉岡 秀紀 記  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)杉岡日記より

2014年10月04日

もう一つのキャリア教育



10月3日。

ゼミと同窓会とキャリアサポートセンターの共同によるキャリアを考える合同イベント

「来たら、考えたくなっちゃうかも〜府大が変わる、私が変わる〜」

が無事終了いたしました。

昨年度に引き続き、2回目の開催だったのですが、とても有意義な会となりました。

せっかくの機会なので、記憶が薄れないうちに、
私なりにこのイベントの意義を振り返っておきたいと思います。


①広いキャリア教育を考える機会

一つは

「キャリア教育の広義化への貢献」

です。

キャリア教育という言葉はややもすると、

「就職活動や就職支援」

と非常に狭い意味に捉えられがちです。

しかし、実際にキャリア教育とは

「職業的意義+社会的意義」

の2つの側面が重要であるにも関わらず、
その前者だけに注目が集められがちだったりします。

もっといえば、そもそもキャリアとは

「足跡」

という意味なのですが、それすら共有されてない節もあります。

したがって、こうした事実をただ嘆いたり、不満を言うだけでなく、
実際に

「学生発、学生視点で考える機会を創出」

できたところにまず意義があったと思います。

実際に、キャリアサポートセンターと連携することにより、
広報面での協力関係も築け、当日もキャリアサポートセンターの教員も参加してくれました。

このことからも、今回のイベントは大学のキャリア教育を代替するものではなく、
あくまで足りない部分を補完すべきニーズが存在し、本イベントがその一つの役割を担えたことが分かります。


②「同窓会」という一番身近な社会

2つは同窓会と組むことにより、

「一番身近な社会(背中)を見る機会を作れた」

ことです。

同窓会とは、基本的にOBによる懇談や交流組織と捉えられがちですが、
実は大学生にとって

「未来の自分」

を考える上で非常に近いヒントを与えてくれる存在なのです。

というのも、4年間での学んできた内容や環境が近く、
特に小規模な大学であればあるほど、共通のキーワードが多く、
完全に重なることはあり得ませんが、多くのヒントを提供してくれる存在たりえるのです。

実際就職活動でも

「OBOG訪問」

がありますよね。

このことからもOBがキャリアを考える上で大いなるヒントを提供してくれる存在であることが分かります。

しかし、これは私の母校でもそうでしたが、意外にもこの縦のネットワークが実は弱い。

特に学部学科や部活・サークルを越えた縦のつながりとなると、皆無に近いのではないでしょうか。

そこで、あえてこういうイベントづくりの際には、 同窓会と組み続けている訳です。

今年は昨年度に比べるとややこの部分は相対的に薄まったところがありますが、
重要性は変わりません。

改めてそのことを教えてくださった同窓会の皆さまにこの場をお借りして感謝申し上げる次第です。


③他者(よそ者)による離見の件

そして、3つ目は、②と一見矛盾するように聞こえるかもしれませんが、

「他者(よそ者)の目」

の存在です。

「イノベーションは異質なコミュニティからしか生まれない」

というのは有名な話ですが、ことキャリアに関してもこのことは当てはまると思います。

そもそも、自分のキャリアを想定可能、想像可能な領域でしかイメージできないことほど、
面白くないことはありません。

そこで、自分とはまったくキーワードや環境、世代、分野を超えた人に参加してもらうのです。
(今年度の新しさは特にこの部分であり、とりわけ就活を終えた4回生がこの重要性をよく理解し、がんばってくれました)

私が最近関心を寄せ、研究している

「フューチャーセンター」

にも通じる概念ですが、まさにこれを学内でも仕掛けられた、
というのが3つ目の意義になります。

ちなみに今年は

・公務員(大学教員の経験あり)
・京都では知らない人がいない教育に力を入れる高校教師
・NPO代表の顔も持つ大学院生
・広告代理店を経て、カフェ店長
・3枚の名刺を持つ金融マン
・元大手企業を経て、現在NPOに主戦場を移したNPOマン


という6名のかっこい大人に登場頂きました。

https://www.facebook.com/events/732238873510439/?source=1

参加者の方にも満足いただけ、本当に良かったと思います。



ともあれ、こういう場と機会を学生が企画から準備、当日の仕切りまで全てやってのけてくれました。

しかも、ゼミの学年の垣根を越えて。

これが実は裏テーマ(ミッション)でもあったのですが、教員としては一番の喜びでもありました。

つまり、このイベントづくりそのものが

「PBL(Project Based Learning)」

であり

「SL(Service Leraning)」

最近注目している言葉で言えば

「WIL(Work Integrated Learning)」

になることを狙っていたのです。


教師から受動的に学ぶのではなく、
自ら課題意識を設定し、学べる環境を整える。

そして、その過程を通して

・メンバー同士から学ぶ
・プロジェクトを通して学ぶ
・社会(人)から学ぶ


これこそが学びの本質であり、大学の原点ですよね。

もしかしたら、これこそが何よりの

「もう一つのキャリア教育」

となったのかもしれません。

反転ゼミ、臨床政策を標榜する私としてはこれほど嬉しいことはありません。


蛇足ですが、途中では、何度も口を出したくなりましたし、
手を差し伸べたくなる瞬間も多くありました。

その度に自制し、

「待つ」「信じる」「任す」

という選択を選んでき、何とか本番を迎えることができました。


今思えば、このイベントを通じて、私自身の

「キャリア教育」

にもつながったのかもしれませんね。

教員にも

「もう一つのキャリア教育のための教育」

は必要な時代が来ているのかもしれません笑。


平成26年10月4日

杉岡 秀紀








  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)杉岡日記より