プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2014年11月21日

地域に飛び出す公務員私論



「あなたは地域に飛び出す公務員ですか?」

と聞かれたら、公務員のうちで何人の方がYESと答えるでしょうか。

先日本学において

「地域に飛び出す公務員特別セミナーin京都府立大学」

という4人中4人、つまり、

「100パーセント地域に飛び出す公務員」

に触れられる機会を作ってみました。

具体的には

・本学のOBで、愛媛県職員の地域担当職員として双海町の支援に奔走し、現在は地域活性化センターで大活躍中の前神友里氏。
・京都府職員でありながら、博士学位を持ち、現在12冊の本も出版しながら、「水」をキーワードに様々なNPOや大学で活躍中の鈴木康久氏。
・京都府の最南端で唯一の村である南山城村の職員で、人口が3,000人を切り消滅可能性自治体と言われながら、矢継ぎ早のアイディアで空き屋再生から定住促進、メディアへの露出をどんどん増やしている森本健次氏。
・塩尻市の職員で現在塩尻市商工会議所に出向しながら、地元商店街の空き店舗を自ら借り上げ、地域活性化に貢献し、今年「地域に飛び出す公務員」アワードで大賞を受賞した山田崇氏。


を招聘し、熱いプレゼンをしていただきした。


仕掛けた側のねらいは3つあります。

①学生にありがちな「公務員=安定」というステレオタイプのイメージを払拭したい
②京都の「地域に飛び出す公務員」のネットワークをつくりたい
③公務員が変われば、地域が変わるというメッセージを社会に発信したい


の3つです。一つずつコメントを加えます。

まず①については、「最近の若者は…」と同じかもしれませんが、とかく公務員を目指す学生と喋っていて気になる点でした。

「公務員になりたい。公共の仕事に就きたい」。

この夢やビジョン自体は素晴しいことです。ただし、

「なんで公務員?」

と一歩踏み込んだ質問をすると、とたんに、

「親が公務員で・・・」とか、「親から言われた」とか、「安定しているから」とか、「仕事が楽そう」とか、「なんとなく」

といった答えが返ってきます。

それらを全てダメとは言いませんが、

「本当にそんな動機だけで自分の将来を決めていいの?」「人生のほとんどは仕事だよ」

と突っ込みたくなります。

そんな中今回注目する地域に飛び出す公務員というのはとにかく
休み返上で、仕事(イベント含む)をどんどん増やし、しかしそれでいて楽しく、そして何より

「目に見える地域、目に見える地域の誰かのために」

汗をかき、ある意味恥をかき、文字を書いておられます。

こういう背中を見てもらい、彼らの価値観にどう響くかを試してみたいと思った訳です。


②については職業柄、多くの地域に飛び出す公務員と出会うたびに、

「この人とこの人がつながったら面白いだろうな」

と思うことがあります。

しかし、こうした人たちは忙しすぎるのか、意外とつながってそうでつながっていないことが多いのです。

元々自治体界隈には

「自主勉強グループ」

があったりしますし、最近では

「地域に飛び出す公務員アワード」

というコンペまで登場しました。

しかし、それでもなお、都道府県や市町村の壁があったりしてつながっていなかったりします。

そこで、完全に主観ではありますが、

「京都にゆかりのあるとびきりの地域に飛び出す公務員の皆さん」

ということでアレンジをしてみました。

イメージとしては、ライブハウスのブッキングマネージャーに近いかもですね笑。

しかし、終わって見れば、男女バランス、年齢バランス、都道府県–市町村バランス、
地域バランスが取れた人選が出来たと思います。


③については、まさに本質です。

これは石川県羽咋市のスーパー公務員、高野誠鮮さんの言葉で言えば、

「役人というは役に立ってなんぼ」

ということです。

翻って、ただ公務員としての身分、役所の中の公務だけをこなしていても、
それだけでは本当の意味での公共のためになっているとは言えきれない(少なくとも市民や地域からそう見えない)
ということです。

「地方公務員」という言葉に対して、

「地域公務員」

という言葉があります。こういう言葉が誕生したこと自体がその象徴でしょう。


ともあれ、こうした思いで今回のセミナーを組み立てました。

結果は200人を越える聴衆があり、その一人ひとりの感想から上記の狙いは
一応達成できたと思います。

ただ、こうした地域に飛び出す公務員を増やすには当然のことながら、まだまだハードルがあります。

たとえば、採用、異動、人事評価、研修、労働時間、首長や職場の理解、家族の理解などなど、
あげ出したらキリがありません。

しかし、こうした諸問題があるからやらない、ではなく、

「できる理由を探す」
「やらずに後悔するより、やって公開する」
「迷ったらやる」


そして、何より

「この人とだったら一緒に仕事してみたい」

と思わせる人間力、隠しても思わず出てしまう人間的魅力を持っておられたのが
今回の4名であり、全国的に少しずつ広がっている地域に飛び出す公務員の共通点である気がします。


「地域創生(地方創生ではなく)」

の主人公は一人ひとりの市民です。

当然のことながら公務員も一市民です。

公務員として、そして、市民として今後益々の奮闘が
地域創生の最大の鍵であることは言うまでもありません。

選挙も大事ですが、目の前の課題、目の前の困っている人を助けるために、思わず動いてしまう考動力、
そして、もう一度会ってみたいと思わせる人間力溢れる地域公務員が一人でも増えることを願ってやみません。


平成26年11月21日

杉岡 秀紀 記

  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)杉岡日記より

2014年11月16日

学園祭のど真ん中で地域(社会)連携(の重要性)を叫ぶ



学園祭のど真ん中で地域(社会)連携(の重要性)を叫ぶ。

これは私の学生時代からの一環としたポリシーです。

学部時代、私は環境経済学のゼミに所属しており、日根野の畜産農家さんと連携し、

「リサイクル豚(食物残さを飼料として育てられた豚)」

の豚汁を販売していました。

出展にあたっては、実際に京都から大阪に皆で見学及びお話を聞きに行き、
自らの五感で共感した上で畜産農家さんとの全面タイアップのもと、
環境に配慮した出店づくりをしました。


大学院時代は、

「学園祭そのものを地域連携にする」

ということで、京田辺というまちをフィールドに地域連携型の学園祭

「同志社京田辺祭」

https://www.doshisha.ac.jp/students/schedule/tanabe_fes.html

の実行委員長として全面的にデザインさせて頂きました。

具体的にはお客さんとして地域の方を招くだけでなく、実行委員会の組織から企画、出展まですべてを地域連携で行う、
というかなり大胆な作り方をした次第です。

しかし、時代のニーズにあったのでしょう。
ありがたいことに、今でもこのお祭りはミッションを変えずに、
連綿と続いています。


そして、教員となった今は、3年前から本学の学園祭「流木祭」において

「地域連携型の出展」

を仕掛けています。

具体的には、本学の包括協定先である

「宇治田原町(21お茶のふるさと塾)」

http://21furusatojyuku.web.fc2.com

と組んで、一緒にお店づくりをしています。

そして、今年もお陰さまで無事大成功(見事完売!黒字化)を修めることができました。

せっかくの機会ですので、私なりに成功に導けたポイントをまとめておきたいと思います。

【1】毎年企画(商材)を少し変える

1年目は「抹茶の石臼体験と抹茶」、2年目は「抹茶フォンデュ」、そして今年は「抹茶パンケーキ」としました。

ご覧の通り「お茶(抹茶)」が中心であることは変えていません。

ただ、その活用法は毎年あえて変えています。

その理由は2つ。

昨年と同じであれば、楽なのですが、どうしてもマンネリ化してしまうということと、
担当者のチャレンジシップや緊張感が薄くなる、ということです。

逆に言えば、常に新しいことに挑戦することで、失敗しないように、と緊張感が出ます。
お客さんも「今年は何だろ?」と楽しみに思ってもらえる、ということもあるでしょう。

そもそも、京都は

「伝統は革新の連続なり」

でしたよね。

私としてはむしろこれが王道だと思っています。


【2】量(良)的なパートナーとの関係性構築

これは出店に限らず、地域連携全般に言えることだと思いますが、
やはり連携の基本(基底)にあるのは

「パートナー同士の信頼関係」

です。

これは組織間連携であっても同じでしょう。

今回の例で言えば、例年5月の茶摘みの際には本ゼミからお手伝いに行かせてもらっています。
また、この夏には町をあげてのプロジェクト(ふくしまっこin宇治田原)という企画のPV撮影という協力もさせて頂きました。

しかし、これは

「ギブ&テイク」

とはちょっと違います。ポイントは

「困った時はお互い様の精神で直接顔を合わせる機会を増やし、相互に頼り合える人間関係(信頼関係)を築く」

というのが本質です。

ともあれ、宇治田原町とは毎年連携内容が質的にも量的にも高まっていると感じています。


【3】両思いのミッション設定

最後3つ目は、ダブルミッション、すなわち

「両思いの目標づくり」

です。今回の例で言えば、

①「宇治田原側=緑茶発祥の地である宇治田原の良さを学生・若者目線で社会に分かりやすく伝える」
②「大学側=学園祭の出展というプロジェクトを通じて、社会で必要となってくるソーシャルスキル(企画する側の視点)を磨く(PBL)」


この2点ですね。

これがもし片思いだと、どちらが負担、あるいは受け身になり、1発は打ち上げ花火を上げられても、
持続しないと思います。あるいは、単なる年中行事となり、作業になってしまう懸念があります。

やはり、仕事もプロジェクトも教育も

「思いやミッション」

が一番重要です。

今回の企画はこれが幸いバランスよく重なってくれ、結果として成功裡に導く鍵となってくれていると感じています。


確かに協働や連携というのは、変数が増えますので、
単独でやるよりも面倒くさいことや手間ひまがふえます。

しかし、私が強調したいことは、だからこそ、乗り越えられた時の価値は大きいですし、
何より、決して単独では出なかったような化学反応(アウトカム)が生まれる、ということです。

したがって、サークルやゼミなど単独で出店するのももちろん意味はあるのですが、
ぜひチャンスがあれば、「地域連携」「社会連携」での出展を考えて頂ければと思います。

「事実は小説より奇なり」

をもじれば、

「連携は単独より輝なり」

です。

信じるも八卦、信じないも八卦、ですが、私なりの

「地域(社会)連携型出店のススメ」

です。



>21お茶のふるさと塾の皆さま

今年もありがとうございました!

今年も最高の協働ができました!


平成26年11月17日

杉岡 秀紀 記  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)杉岡日記より

2014年11月09日

プレゼンの主役は誰か?

先日は前職の地域公共人材開発機構の特別講義で、
地域公共政策士予備軍の皆さん向けに

「産学官民を越えるコミュニケーション技法」

というテーマでプレゼン講習をさせて頂きました。

また、昨日は友人の結婚式二次会でスピーチをしてきました。

そして、本日は京都市市民活動総合センターさん主催の

「市縁堂」

http://kshimisen.hatenablog.com/entry/2014/11/06/144551

という『「いつか」ではなく「今」集める寄付・支援』イベントにて
プレゼンのミニレクチャーとコメンテーターをさせて頂きました。

せっかくの機会ですので、ここで私がお話したポイントを少しだけ書き残しておきたいと思います。

ポイントは3つ。

①プレゼンの主役は誰か?
②そもそもプレゼンとは何か?
③プレゼンを聴くポイントとは?


です。ちょっと説明しますね。

【①プレゼンの主役は誰か?】

結論から言えば、この答えは

「聴き手(聴衆)」

です。

ここを勘違いして、ただ上手に喋ってもプレゼンは成功しません。

まずは会場に来ている人たちがどんな人なのかをしっかりと考え、
そして、会場とキャッチボールしながら、

「信頼の空気」

を作ること。

このプロセスを軽んじると、必ずこけます。

「お客さんが神様」までは行き過ぎですが、
聴衆がいないければ、プレゼンそのものは独り言になる訳ですから、
まずもってこの点を意識することが大事です。


【②そもそもプレゼンとは何か?】

プレゼンとはよく

「伝えること」

と思われがちですが、違います。

「伝わること=聴衆が意識し、何かしらの行動を起こすこと」

までがプレゼンです。

ですから、ここでもどれだけ話術が長けていたとしても、
あるいはどれだけ面白い話や感想する話をしたとしても、
聴いている側が実際に動かなければ、そのプレゼンは失敗です。

もっと分かりやすく言えば、

「良いCMとは?」

の定義と同じですね。
(ただ印象に残るだけでは良いCMとは言われない訳です)


【③プレゼンを聴くポイントとは?】

これは簡単です。重要なことはいつだって、シンプル。
なので、

「一番伝えたいメッセージは何か?を見つけること」

ですね。

本日の市縁堂で言えば、支援してほしい人と支援したい人が集まっている訳ですから、

「このNPOの一番のほっとけない!(課題)といいね!(課題解決のための事業)は何か?」

を意識して聞けば良い、ということになります。

確かにプレゼンにおいて、ロジカルに話す(聴く)ことも大事です。

しかし、最後は近年で言えばマララさんの国連でのスピーチが好例であるように

https://www.youtube.com/watch?v=szQ5cCd-gzk#t=12

「直感」「本気度」「ビビビ(笑)」

なんですよね。

したがって、プレゼンする側も聴く側も

「響くか響かないか」

が全て。すなわちその

「シンプル・イズ・ザ・ベスト」

の瞬間を双方で創れば自ずとお互いハッピーとなるわけです。

以上です。


もちろん他にも細かいポイントはありますし、スピーチとプレゼンも使い分ける必要があるのですが、
ここはあくまでも

「シンプル・イズ・ザ・ベスト」

ということで(笑)。

ではでは、ごきげんよう。


平成26年11月9日

杉岡 秀紀 記  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)杉岡日記より

2014年11月07日

【書評】森を見る力











橘川幸夫『森を見る力-インターネット以後の社会を生きる-』晶文社、2014。

「木を見て、森を見ず」

これは「手段の目的化」とも似たニュアンスがありますが、
受験勉強などにもよく言われる揶揄です。

当然

「森を見て、木を見ず」

でも困るわけですが、ともあれ、重要なことは

「木を見て、森も見る」。

これが本書が最も伝えたいメッセージであり、
この力が弱ってきているという警鐘本でも本書はあります。


筆者は音楽雑誌「ロッキング・オン」の編集者。

私もバンド時代、時々この雑誌を見ていましたので、
あまり意識はしていませんでしたが、もしかしたら過去に知らぬ間に読んでいたかもしれません。

とはいえ、本書によれば、ロッキングオンでも音楽評ではなく、もっぱら音楽外のことを書いていたとか。

やはり、この頃から橘川氏の森を見る目は開眼されていたのですね。


「日本において個人意識とは、まず病院で生まれた者たちから始まっているだろう」
「おばかタレントが常識を知らないことが問題なのではない。常識を知らなくても生きていける社会が登場していることの方が大きな問題」
「日本の学校の若い先生たちのノイローゼが増えている。現代では、飲む買う打つが、飲む=精神安定剤、買う=かすかな希望を込めた宝くじ、打つ=鬱になった」
「人間とは、枠組みをつくる生物であり、枠組みを外す生物である」
「本というのは、現実的にすぐ役立つ浮世系書籍と、すぐに役に立たないけど人類や人生全体に必要な浮世離れ系書籍とがある」
「本屋は愛情を込めて本屋さんと言う。amazonは便利だが、amazonさんとは呼ばない」
「Twitterはコミュニティではなく、通信のための交換機。不特定多数の人間が同時に会話出来るおしゃべり電話」
「池上彰とは、まとめサイトである」
「2020年の東京オリンピックを魂のオリンピックとして世界の人と日本人の交流を計っていきたい。つまりソーシャルオリンピック元年にしたい」


いやはや、うまいですね。

ある角度から見れば、橘川氏のある意味独り言にしか見えないかもしれません。
また、別の角度から見れば、あくまでエッセイにしか過ぎないのかもしれません。

しかし、広い教養、エッジの効いた考察から紡ぎ出される言葉、視点は一つひとつが重く、
ぐいぐいと橘川ワールドに惹き込まれます。

まるで小説のような感覚で読める一冊。

これが本書をヒトに薦めるときの殺し文句になりそうですね。
318ページが全く長く感じません。
(ちなみに、私の元職場の地域公共人材開発機構にいた
宮﨑要輔くんも本書に登場してます)

そして、サブタイトルにありますが、私が一番考えさせられたののは、
情報化社会(林雄二郎)」の今、インターネット全盛の今、便利さと引き換えに失った感のある、

「地域、コミュニティ、絆、思いやり、想像力、おもてなし等々を現代流にどう取り戻すか。また、そんな時代にどう向き合うか」

という問いかけ。

本書では、「団塊の世代(堺屋太一)」の視点を中心に論じられていますが、
私たちの世代、すなわち、

・バブルの崩壊前の時代と崩壊後の時代
・JRやNTTなどがまだ国営企業でストがあった時代とその後の民間になった時代
・携帯のない時代と携帯のある時代
・インターネットなどなく文通が分かる時代とネットで恋人が出会う時代
・おせっかいなおっちゃんやおばちゃんが地域にいて怒られた時代と隣に誰が住んでいるかすら知らない時代
・近所にガキ大将がいて力や体の大きさで発言力や序列が決まった時代と平等でなければクレームが来る時代
・昭和という時代と平成という時代


この両方をリアルタイムで、体で知っている世代にもこの橋渡しをしなければいけない使命があると思いました。

少なくとも本書から感じたのは、ただそれを嘆くのではなく、また回顧するだけでなく、
前向きに向き合う大事さ。


いやはや、久々に吸い込まれるような本に出会いました。

逆に、翻って最近思考が固くなっていた自分を反省した次第です。


平成26年11月7日

杉岡 秀紀  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)大学生に薦めたい一冊