プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2015年02月15日

超ながら族脳としての大学教員

昔、『話の聞かない男、地図の読めない女』という本が流行った。

http://www.amazon.co.jp/話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く-アラン-ピーズ/dp/4072352179

その要旨を一言で言えば、

・男性脳→一つのことにしか集中できない。しかし、特化する分だけ専門家肌。
・女性脳→仕事から家庭まで色々なものをマルチに並行してこなせる。


という内容であったと記憶する。

とはいえ、現在は男性・女性という区別だけでは済まない時代である。

その意味では、たとえばLGBT(レズビアン、ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)などの脳はどうなんだろう?ということも関心ないことない。

ただそれはさておき、今日言いたい独り言は

「大学教員というのは男であれ、女であれ、LGBTであれ、性別に関係なく、つくづく男性脳も女性脳も要求される職業であるな〜」

ということである。

教育では、専門の科目からリレー講義からゼミから非常勤の講義まで実に多様な科目を多様な形態、多様な場所で展開をしていく必要がある。当然講義の前には準備も必要で、講義後にはふりかえりや成績評価という作業が待っている。合間の時間は学生の相談に乗ったり、飲んだりすることも多い。コミュニケーションは質よりも量の部分もあるため、学生との時間は重要であり基本的に削れない。

研究面では、単独は言うまでもなく、他の研究者と一緒に進める共同研究や自治体や企業から頼まれた受託研究まで毎年色々な研究を並行で進めなければならない。もちろん、合間を見ては調査に出かける。何よりよしあしは別として、教員の評価はほぼ研究のみであるため、年数回は学会発表の準備や論文の執筆は欠かせない。
しかし、業績が必要な若手ほど雑用が多いこともあり、研究に割く時間はなかなか増やせないがジレンマである。

社会貢献(地域貢献)面では、色んな自治体の委員会や役員等はもとより、企業やNPOも含めて、様々な団体から講演や研修、研究会などに呼ばれる。勉強にもなり視野も広がるし、また新しい研究ネタが生まれることも多いので、基本的にはウィンウィンである。また、若干の小遣い稼ぎになるものもあれば、ただひたすらボランティアで貢献するまでも多様である。ただし、こうした活動は基本的に学外であるため、移動時間も含めれば相当な時間を要する。

上記以外に学内行政がある。全学の委員会等の仕事から学部の雑務まで片手ではおさまらない。そして、何より会議が多い。

こうしたことを大学教員は毎日並行して進めなければならない。講義が終われば、2か月ほど休みがあると思ったら大間違いで、逆に講義がない時ほど調査や会議、準備などで忙殺される。したがって休みなどほぼない。

これが大学教員の仕事のごく簡単なお仕事紹介である。

つまり、男性脳と女性脳を常に全力で求められ、どちらかでは許されない(中には許されている人もいるかもしれないが)。

一言で言えば、単なる「ながら族」ではなく、

「超ながら族脳」

というのが大学教員にはぴったりかもしれない。

別に今日は特別なメッセージがある訳ではないが、少なくとも大学の世界は10数年前に読んだ本のような単純な世界ではない。
(こうした「超ながら族脳」の研究、誰かしておられないかな)


平成27年2月15日

杉岡 秀紀 記  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:47Comments(0)杉岡日記より

2015年02月07日

木を見て森を見る、森を見て海を見る









今日は第6回の

「KYOTO地球環境の殿堂/地球環境文化学術フォーラム」@京都国際会館

でした。

http://www.earth-kyoto.jp

京都議定書がこの地で開かれたということで、毎年この時期に開催されています。

私はこのフォーラムの構成団体(京都府・京都市・京都大学・京都府立大学・総合地球環境学研究所・国際日本文化研究センター)の一員として、
3年前から企画から関わっています。

ちなみに本年12月のプレイベントについては京都府立大学が中心となり、プロデュースしました。

http://earth-kyoto.jimdo.com

さて、そんな「KYOTO地球環境の殿堂/地球環境文化学術フォーラム」ですが、今年の殿堂入りは、
(特活)森は海の恋人代表理事の

「畠山重篤さん」

でした。

畠山さんはご承知のとおり、気仙沼の牡蠣漁師さんで、四半世紀以上前から

「森・里・海」

の連関について研究と取り組みを始められ、東日本大震災後に奇跡の復興を成し遂げたことから、
全国的、いな世界的に注目をされるようになった方です。

今ではその取り組みが京都大学の一つの学際研究につながったり、
彼の著作も学校の教科書でも出てくるようになり、その功績が称えられ、
今回いざ表彰となった次第です。

昨年の宮脇昭さんも日本人でしたが、本殿堂入りはワンガリ・マータイさんに然り、
レスター・ブラウン氏に然り、ワンチュク国王に然り、海外の受賞者が多い傾向にあるので、
この2年連続日本人が続くのは誇らしい限りですよね。

ちなみに、表彰式の後に企画されたフォーラムは、畠山さんの他、

・作家のC.W.ニコルさん
・食文化研究家の杉本節子さん
・京都大学の山際寿一総長
・地球研の阿部健一先生


も登壇され、とても豪華な顔ぶれのパネルディスカッションとなりました。

という訳で、今日はこの中で非常に印象に残った言葉を紹介し、
少しだけ畠山さんの哲学のお裾分けをしたいと思います。

以下、ご覧下さい。

◯森里海はそれぞれつながっているのに、行政お大学も縦割りで自分の部署、専門のことしか考えてない。しかし教育が一番大事。

◯インターネットでは分からない体験。これに勝る教育はない。

◯学問云々ではなく、最終的には人間とは何かを考えないといけない。

◯心の中に森をつくることが大事。そして、行動を起こせば、誰かがついてきてくれる。

◯気仙沼の海は震災後4年で元に戻った。これはこの数十年間しっかりと森・川と海をつないで来たから。太平洋ばかり見ていてはダメ。

◯森は海の恋人の英訳「The sea is longing for the forest,the forest is longing for the sea.」は皇后陛下が付けてくださった。
翻訳する際にはその言語の背景にある宗教観も理解しないといけない。

◯インターネットやリニアモーターカーも良いが、そそろそ次に日本のグランドビジョンに森や川のことをいれませんか。
日本には35,000ものの川がある。ここが変われば日本は変わる。森と海は悠久の愛でつながっているのだから。


いやはや、いずれも至言ですよね。

壇上では、さらにユーモア(時に皮肉も)も交えながらの非常に惹き付けられるご講演でした。

物事を見る眼というのは、やはり

・長期的
・総合的
・本質的


視野が大事ですね。学問では

「学際的」

という言葉で、それぞれの専門性を越えようと努力はしていますが、
この言葉を使っている時点で狭い、との指摘もあります。

最後は頭ではなく、

「時空を越えた身体知」

ということなのでしょう。

今日(今年)も本当に勉強になりました。

アメリカや広島、舞鶴の牡蠣も美味しかったですが、タイミングがあえば、
畠山さんの気仙沼の牡蠣を一度食べてみたいものです。


平成27年2月7日

杉岡 秀紀 記
  

Posted by 杉岡 秀紀 at 23:00Comments(0)杉岡日記より

2015年02月01日

公務員試験の前に首長を見よう






先日、職場のシンクタンク京都政策研究センターの企画で

「前多治見市長の西寺雅也氏(名古屋学院大学教授)」

をお呼びし、

「縮小時代の自治体経営ー自律自治体の形成を目指してー」

をテーマにお話頂いた。

このセミナーは自治体職員を主たるターゲットに開催している連続セミナーで今年度は

「●●モデル」

と呼ぶべき、特徴的な自治体づくり、まちづくりを展開している首長(元首長含む)にリレーで講演を頂いている。
(湖南市、真庭市、野洲市、多治見市、飯田市etc…といった具合)

詳細はこちら。

http://www.kpu.ac.jp/category_list.php?frmCd=26-3-2-0-0


最近はありがたいことに他府県からの参加者、研修の一環として参加される方も増えている。

それはさておき、今日は多治見モデルの中でも西寺前市長のすごさについて改めて考えてみたい。

多治見は人口約11万人のまちで、陶磁器で有名なまちである。
数年前には「日本一暑いまち」としてニュースとなった。

そんな多治見で1995〜2007年に市長を務められたのが、今回取り上げる西寺雅也前市長である。

結論から言えば、西寺前市長の最大の貢献は

「自律自治体」

の仕組みを確立したことにある。

自律自治体とは何か。西寺前市長いわく、それは以下の三要件から成る。

(1)総合計画による政策管理
(2)自治基本条例による自治体政治の基本原則を明示
(3)財政規律の確立


これがいずれかではなく、すべて満たす自治体づくりをされたのがすごい。

ちなみに(1)の総計については以下の点が多治見では工夫されたという。

①政策の実現可能性
②市民・議員・職員で作る
③討議課題集を作成
④進行管理をしっかりする(人事・企画・財政・環境部署)
⑤市長の任期と計画の整合性(4年の倍数)
⑥前総合計画との整合性
⑦総計に掲載されていない事業は予算化しない
⑧行政の計画ではなく、市の計画をつくる


そして(2)についても同様に以下の点に留意がなされた。

・理念だけで終わらせない。
・理念を具現化する仕組みを書く。
 (例)行政手続、情報公開、市民参加、オンブズマン、公益通報、総計、財政規律、政策評価、政策法務、議会基本条例など
・個別条例もセットで考える。
・市民が使える条例とする。
・市民・行政・議会でスクラムを組む。


最後に(3)については、

・財政緊急事態宣言など内外で危機意識を共有する(多治見では1996年)。
・取り組みが功を奏せば、宣言解除をする。
・財政改革指針や条例(多治見では健全な財政に関する条例)を作り、財政規律のための根拠を明確化する。


具合。

以上をすべてを並行に実行し、かつそこに人材育成を組み込んだのがいわゆる

「多治見モデル」

である。

どれもこれも言うは易く行うは難しのテーマであるが、ガバナンスの前にこうしたガバメントの土台、
そのためのひとづくりをしっかりとすることが、地方創生の鍵ではないかと、つくづく思う。

詳細に興味がある方は、ぜひ西寺市長のご著書や以下の本を参照頂きたい。

http://www.amazon.co.jp/多治見モデル―財政縮小時代の人材戦略-地域ガバナンスシステム・シリーズ-大矢野-修/dp/4875555180



そんな西寺前市長の講演をお聞きして私が改めて感じたことは、

「西寺前市長はクラシックとジャズをバランスよく演奏される方だな〜」

ということ。

つまり、首長は一方で行政機構のトップの顔を持ち、他方で選挙で選ばれる政治家としての顔を持つ。
したがって、法や条例に基づくいわゆるクラシックのような堅い仕事をしつつ、
首長の裁量で時代や社会環境に応じて、まさにジャズのように即興でアレンジをする、
という一見二律背反する力が求められる訳だが、西寺前市長はまさにこのバランスに秀でた方であるということである。

ちなみに西寺さんは大学卒業後

・学習塾経営
・市議会議員(5期)
・市長(3期)
・大学教授


と3つのセクター(4つの仕事)を経験されている。

推測に過ぎないが、こうしたマルチセクターを経験する中で、常に物事を見る複眼、というものを養われたのではないだろうか。


蛇足だが、懇親会で見せてくれたある資料のエピソードを紹介したい。

その資料とは当日聴衆して来られた自治体に関する財務分析資料であった。

もちろん頼まれた訳ではないだろう。

結果としては講演の中でも使われなかった。

おそらく、西寺元市長はいつも同じ話をするのではなく、講演を受ける際にはいつも

「どんな自治体の方が何を聴きに来たのか」

ということを意識し、話の組み立て、あるいは話し方を変えておられるのではないだろうか。

確かにこれはある意味、議員、市長時代に染み付いた行政を見る上での一種の眼鏡みたいなものであり、
西寺前市長からすれば、クセ、職業病みたいなものかもしれない。

しかし、これは実に骨の折れる作業でもある。

つまり、西寺前市長は市長を引退し、実際の自治体を動かしてはいないが、
今でもある種

「現役」

なのだ。

「プロフェッショナリズム」

というのはこういう隠しても出るクセみたいなところにあるのかもしれない。


最後に、これから公務員試験を受けようとする学生に本事例から学んで頂きたい教訓は一つ。

「公務員試験を受ける前に、首長を見よう」



平成27年2月1日

杉岡 秀紀 記  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)杉岡日記より