プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2015年04月18日

年を取るから美しく齢を重ねるへ

18歳成人論がかまびすしいですね。

今日は今メディアで論じられている論点とは別の角度で、
この問題を考えみたいと思います。

昔は年を取ることは嬉しいことでした。

しかし、いつからでしょう。年を取ることがあまり嬉しくなりました。
ただ正確には「嬉しくない」というのはやや言い過ぎで、何と言えば良いのでしょう。
「素直には喜べなくなった」という感じです。

この背景には私は「当事者性」と「憧れ」というのがキーワードがあるように思います。

小さい頃は甲子園に出ている高校球児が大変大人に見えませんでしたか?
少なくとも私にはすごく大人に見えて、正直高校球児とプロ野球選手の区別がつきませんでした笑。

しかし、いざ自分が同世代である18歳(当事者)になると、もちろん同級生ですから
まぁこんなもんか、という見え方なります(当然プロ野球選手と高校球児が全然違うことも理解できるようになる)。

そして、倍くらいの年になった今では、ものすごく下に見えます。

また、中学時代に大学生というのはめちゃくちゃ上に見えませんでしたか?
私は当時家庭教師で大学生にお世話になっていたのですが、実際は4〜5歳しか離れていないのに、
すごい大人に見えたもんです。言葉を選ばずに言えば、オッサンに見えてました笑。

しかし、これも先の例と同じく自分が大学生(当事者)になると、まぁこんなもんか、という見え方なり、
逆に大学生ってそんなにオッサンじゃないやん!という感じにすらなります。

この2つの事例に通じて言えるのは、要は自分が小さい頃は

「その時見える人生の先輩の姿と自分の未来の姿が重ならない(ギャップが大きい)」

のに、いざ自分がその年においつくと、実際の自分が当事者になるため、
実像が追いつく(ギャップがなくなる)ということです。

至極当たり前のことを言っているだけですが、言いたいことは

「ギャップが大きく見えなかったから、それが大人への憧れとなり、年を取ることがワクワクしたのでは?」

という仮説です。

「幼稚園→小学校→中学校→大学→社会人」

という段階がまたこれを加速するのでしょう。

しかし、逆に言えば、いざ自分がその年を越え、特に成人した以降は、特に

「次の階段」

がなくなります。

もちろんよくある

「係長→課長→部長→次長(大学で言えば、助教→講師→准教授→教授)」

のような序列はありますが、必ずしも年齢は比例しませんし、
非正規雇用が増えた今、ますますファジーになっていますよね。

逆に年を取るにつれ、逆に若い人とのギャップで年をカウントし始めませんか?

たとえば、高校野球を見れば、大学時代や社会人になりたての頃でしたら
「彼らは1〜4歳下か〜」ですが、これが徐徐に「彼は10歳下か〜」になり、
今では「彼らはちょうど半分か〜」となってくるという感じです。

これはオリンピック選手などの他のスポーツやAKB48などのアイドルでも同じです。

つまり、これが

「彼らの年はある意味止まり、自分だけが年を取っている」

という錯覚を起こし(実際は違いますが笑)、

「年を取る喜びより、自分が老いやもっと言えば、死に近づいている」

という実感に火をつけているのでは、ということです。

ですから、年を取ることは憧れやワクワクでなくなる。


ここで冒頭の話に戻しますと、18歳と20歳の差についてです。

この仮説がもし当たりだとして、もし「20歳」という年が「18歳」から見て、
憧れに見えるのであれば、私はこの成人年齢の引き下げは意味を持つ思います。

ただし、20歳のほとんどが社会人であれば、このギャップは、

「大人の階段を昇りたい」

という憧れに変わると思いますが、昔と違い、大学生が高校4年生、5年生と呼ばれるいまです。

また進学率があがり、専門学校等も含めれば7〜8割が大学等に行く昨今です。

その意味では18歳も20歳もあまり変わらない、というのが正直なところではないでしょうか。


ここで言いたいことは成人年齢の引き下げの賛否はともかくとして、
現実の実感はあまり変わらないではないか、ということです。

というわけで、結論は以上ですが、もう一つの結論としては、
毎年の誕生日をネガティブに捉えることだけで終わらないように、

「年を取る」

ではなく

「年を重ねる」「美しく齢を重なる」

と言い換える工夫をしたいと思います。


ちょっとした思考や言葉の工夫で世界が変わるのだったら、
取り組みたいものですよね。

平成27年4月18日

杉岡拝

  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)杉岡日記より

2015年04月14日

ワークライフバランスよりワクワクバランスを



高野美奈子『売上が確実にアップする女性営業の教科書』明日香出版者、2015 読了

http://www.amazon.co.jp/もう悩まない-売上が確実にアップする女性営業の教科書-アスカビジネス-髙野-美菜子/dp/4756917607/

大学の一つ下の後輩で、現在はナチュラルリンクという企業の経営者をしている高野さんの近著。

私は女性でもなく、営業マンでもないですが、息抜きに読ませてもらいました。

いやはや、大学や教育も毎日苦労と面白さの連続ですが、
企業や企業の、経営は経営の苦労と面白さがありますね〜

とはいえ、これはしごく当たり前のことで、
世の中にはただ面白い、ただ辛い、ただ楽しい、ただ苦しいという仕事はありません。

仕事とは常に

「面辛く、苦楽しい」

もんですから、はい。

その中でただ毎日を惰性や目の前だけに追われるのではなく、
いかに少しでも楽しめるよう、楽できるよう工夫するか、
そんなヒントが詰まった本でした。

ワークライフバランスも大事ですが、

「ワクワクバランス」

も大事ですね。

そんなことを考え直すきっかけになる一冊です。

皆さん(特に女性の方)、よろしければご一読を。


平成27年4月14日

すぎおか拝  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)大学生に薦めたい一冊

2015年04月06日

地域政党考




村山祥栄『地域政党〜地域政党は政治の地方分権だ〜』光村推古書院、2013 読了。

最初は京都党の紹介本かと思って読んでいたら、しっかりとして「地域政党論」でした。

今年は統一地方選挙の年ですから、特に今までのように国の代理選挙に終わらないように、すなわちしっかりとした「統一地域選挙」になるよう期待したいものです。

かのイギリスの歴史学者アーノルド・トインビーよろしく、イノベーションや適者生存のためには、

「ナマズ」

の役割、すなわち「異物」「変化」が必要不可欠ですから。

そして、イギリスのスコットランドやカナダのケベック、イタリアの北部同盟などの例をひくまでもなく、現行の政党助成法や政治資金規正法上で「その他の政治団体」としか位置づけられていない地域政党ですから、法的位置づけもしっかりと改善しなければいけません。  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)杉岡日記より

2015年04月05日

くまモンから学ぶ























熊本県庁チームくまモン『くまモンの秘密〜地方公務員集団が起こしたサプライズ』幻冬舎新書、2013 読了。

2010年に「くまもとサプライズ」企画のロゴのおまけとして誕生したくまモン。
全国にゆるキャラはあまたいますが、彼(男の子!)に勝るゆるキャラはないでしょう。

今や一年間での経済効果は239億円。平均的な自治体の一年間の歳出規模に匹敵する額です。

本書では

「しがない地方公務員」

という言葉が随所に出てきますが、これは謙遜し過ぎで、
では国家公務員だったら果たしてうまくいったかどうか。
何の確証もないでしょう。

むしろ、熊本県出身の小山薫堂氏との本との出会い、また本人の巻き込み、
そして何より首長のサーバント型リーダーシップとサプライズを任された「チームくまモン」というのが、
エドガー・シャインの言う

「計画された偶然(プランド・ハップンスタンス)」

とピーター・センゲの言う

「学習する組織(チーム)」

の掛け算による(また九州新幹線と東日本大震災というタイミングも重なりました)必然を導いたと言えます。

また、私が注目したいのは、このゆるキャラによるブランド化が結果として

「職員の意識改革」

につながった点です。

つまり、単に地域の魅力の発信だけでなく、ゆるキャラが

「自治体行政改革」

に貢献するということです。


ともあれ、現在、「地域に飛び出す公務員」とか「地方創生」という言葉が色々なメディアで踊っていますが、
そのような言葉のエッセンスはすべて

「プロジェクトくまモン」

に詰まっているかもしれません。


以下、最後に私が勉強になった箇所を引用してみます。

(113頁)
・小山薫堂「日常の中に素敵なものを見つける、ということは「見過ごしていたものに気づく」ということでもあります。それが結果として、自分たちの暮らしを豊かにする。存在そのものに大きな魅力があり、それに気づくことで、自然とみんなが集まってくる。それが本当の「熊本サプライズ」なのです」

(208頁)
・以前は「決まりだから、ダメです」とばかり言っていたのが、「どうすればできるようになるか」というポジティブな考え方に(職員の意識が)変わったいった。

(212頁)
・くまもんフェーズ2(中略)の目的は、「末永く愛されるキャラクターを目指して」です。また、そのために次の3つのコンセプトを定めました。
①くまモンのブランドの価値を向上する。
②くまモンのと熊本の関連性を強化する。
③そのための持続可能な仕組みづくりをする。

(223頁)
・ふりかえってみれば、これがポイントだった、というものを整理してみました。
①ターゲットの明確化
②TPOに合ったメディア戦略
③SNSの最大限の活用
④くまモンの爽快な動き・表現の豊かさ
⑤くまモンを活用したPR。広報へのトップの理解と支援

(233頁)
・蒲島郁夫(熊本県知事)「皿を割れ。皿を洗わない人は皿も割らない。皿を割ってもいいから、ときかくたくさんの皿を洗おう」

(235頁)
蒲島郁夫(熊本県知事)「自由さと遊び心を。他の人を楽しませようと思ったら、まずやっている人たちが楽しくないといけない」

(239頁)
蒲島郁夫(熊本県知事)「県民の幸福量の最大化。y=f(E,P,S,H)」
  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)