プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2015年05月30日

書評『神山プロジェクトー未来の働き方を実験するー』(篠原匡)




篠原匡『神山プロジェクトー未来の働き方を実験するー』日経BP、2014 読了。

「日本の田舎をステキに変える!」

をミッションに「アドプト・プログラム」「アーティスト・イン・レジデンス」「ワーク・イン・レジデンス」「サティライトオフィス」と次々の全国から注目するアクションを起こし全国から注目される徳島県神山町の「まち・ひと・しごと」がまとまった一冊。

キーは移住者支援、空き屋再生、アーティストの滞在者支援、人材育成、道路清掃を一手に受け入れるNPOグリーンバレー、そしてその理事長である大南信也さん。

大南さんが提唱する「創造的過疎」、すなわち「過疎地における人口減少という現実は所与として受け入れた上で、持続可能な地域をつくるために人口構造や人口構成を積極的に変化させてく」という概念に共感する自治体やまちは少なくありません。

京都では南丹市や京丹波町、与謝野町、和束町や南山城村などがそれに当たりますかね。

他方で、

「ミッションやビジョンがないとアカンけど、あまりに大きなことを考えると何もできなくなってしまうでな。うちは自分たちが面白いと思うことを楽しく続けてきたけ」

という楽観的なコメントにもまちづくり、まちおこしの本質が隠れています。

合い言葉は

「やったらええやん(Just do it!)」

そして、それを応援しているメデュエイター、つなぎ人、家守、周旋家の存在。

地域に人が集まるのではなく、面白い人の周りに情報と人が集まるんですよね。
言い古された言葉ですが、

まちづくりはひとづくり。

まちそだてはひとそだて。

これに尽きます。

ともあれ、国が地方創生と言ってから地方創生の重要性に気づく地域は好ましくありません。

本当の地域創生とは内発的でなければ成功しないのです。

そんな教訓を神山は教えてくれていますね。


平成27年5月30日

杉岡 秀紀  

2015年05月20日

寄付ラボ

京都市市民活動総合センターからこの前寄稿した記事を収録した冊子が届きました。

ネット記事も良いですが、私はやっぱり紙が好きですね。

内容に興味ある方はこちらからどうぞ。

http://kshimisen.hatenablog.com/entry/2015/03/27/175635

  

Posted by 杉岡 秀紀 at 21:24Comments(2)掲載記事など

2015年05月09日

書評『異分野融合、実践と思想のあいだ。』

京都大学学際融合教育研究推進センター『異分野融合、実践と思想のあいだ。』2015(非売品) 読了。

異分野融合とか異分野連携とか異分野協働とか学際的とかマルチディシプナリーとか、こういう「インター(越える)」言葉を見ない日はない。

そして、大学内にも国立大学を中心にこうした異分野の連携や協働、融合のためのセンターを設置する動きが喧しい。

そうした動きの中、何やら京都大学が異彩を放つ動きを見せ、周辺大学からも視察のラッシュになっているという。

その概要をまとめたのが本書。

非売品であるため、アマゾンや書店では手に入らないが、関心の方を中心に話題になっているらしい。

ということで私も入手してみた。

・異分野の研究者らを同じテーブルに座らせただけで分野融合が進むと思ってないか?
・そもそもこれまで融合してない分野なんて何一つない。
・異分野融合研究の研究にすっぽり欠けているものは何か?
・「私はもともと◯◯の分野でして」研究者はなぜ嬉しそうにこう自己紹介するのか?
・研究分野が細分化した3つの理由


など面白い問いかけや考察が続く。

中でも私が一番ビビット来たのが

「異分野が協力するのが連携、対立するのが融合」

という見方。なるほどである。

ともあれ、内容についての詳細はこちらをご覧頂きたい。

http://www.cpier.kyoto-u.ac.jp


さて、ここでは内容以外についても1点だけ触れておきたい。

あとがきにも述べられているが、タイトルが

「思想と実践」

ではなく

「実践と思想」

となっていることである。

事実、本書の構成も冒頭は実践事例が続き、後半が思想の紹介である。


この順番にこのセンターの異色性と立ち位置、もっと言えばフィロソフィーが全て集約されている気がする。

そして、これこそが

「異分野融合の最も要諦であり、課題でもある」

という裏返しでもあろう。


ともかく、非売品であるということだが、この本には

「1,200〜1,500円」

くらい払いたいと思った。

こういう本を無償で発行できるのが何ともにくく、すごい。


平成27年5月9日

杉岡 秀紀 


  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)杉岡日記より

2015年05月06日

モリー先生との火曜日から学ぶ



映画(DVD)で

「モリー先生との火曜日」

を見ました。

http://www.amazon.co.jp/モリー先生との火曜日-DVD-ジャック・レモン/dp/B00008OK02

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4770040202/ref=s9_simh_co_p74_d0_i3?pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_s=typ-top-left-1&pf_rd_r=1ME716WRWDDJ8KF5RVXG&pf_rd_t=3201&pf_rd_p=179989269&pf_rd_i=typ01

私などはまだヒヨコですが、同じ大学教員、教育者という立場として、
またモリー先生と同じく若くして父を亡くした経験からとても共感する映画でした。

仕事とは何か、友情とは何か、教育とは何か、
人生とは何か、死とは何か、生とは何か、愛とは何か、
色々と考えさせられます。

また個人的にはランディ・パウシュ氏の「最後の授業」という映画も思い出しました。

http://www.amazon.co.jp/最後の授業-DVD付き版-ぼくの命があるうちに-ランディ-パウシュ/dp/4270003502

ストーリーはぜひ作品をご覧頂くとして、ここでは印象に残った言葉を書き留めておこうと思います。

・「いかに死ぬべきかを学べば、いかに生きるかも学べる」

・「人に与えることで自分が元気になれる」

・「自分を許しなさい。そして人を許しなさい」

・「ナンバー・ツーじゃ、いけないのか?」

・「人生に意味を与える道は、人を愛すること、自分の周囲の社会のために尽くすこと、自分に目的と意味を与えてくれるものを創りだすこと」

・「互いに愛しなさい。さもなくば滅びがあるのみです」


色々な尊敬する先生はいますが、モリー先生やパウシュ氏のようなレッスンができるよう、
これからも教師道で精進したいと思います。

平成27年5月6日

杉岡 秀紀 記  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)杉岡日記より

2015年05月01日

書評『NPOの教科書』

乙武洋匡・佐藤大吾『NPOの教科書』日経BP、2015 読了。

対談本なので、大学の教科書としては使えませんが、NPOの初学者向けにオススメの一冊。

難しいことを易しく伝えるのはやはり難しいですから、そこへの挑戦と貢献が素晴らしいです。

この分野ではこれまで山内直人氏の『NPO入門』(日経文庫、1999)が教科書的な役割を果たして来たので、セットで読むと良いかもですね。

内容はそもそもNPOって何?、NPOを取り巻く社会の仕組み、NPOで働くということ、NPOをサポートしたい、の4本柱。

ただし、p.25のnon forはnot for、p.181の英子kは英国、p.187のポルトガル語はラテン語の間違いです。

あとはCSOについても一言あれば、さらに理解が進みそうです。

ともあれ、本に書いてることを鵜呑みにするのではなく、良い意味でクリティカルに読んだり、クリエイティブに読む力も試されますね。
  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)大学生に薦めたい一冊