プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2015年09月12日

講演情報はこちら

最近の講演情報はこちらをご覧下さい。

http://sugiokahidenori.jimdo.com/講演情報/


  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)講演・講座など

2015年09月08日

【書評】『福井モデル』(藤吉雅春、文芸春秋、2015)

藤吉雅春『福井モデル』文芸春秋、2015 読了。

幸福度調査、夫婦共働き率、合計特殊出生率、女性の労働力率、一家計当たりの所得、職業に占める経営者率、コンパクトシティ率そして小中の学力がいずれも全国トップクラスに位置するまちはどこでしょう?

その答えは意外かもしれませんが、福井県です。ちなみに福井だけでなく、石川や富山も高い。

なぜか。このヒントがこの本には隠されています。

福井と言えば「薬売り」や「LRT」がまず出てくると思います、それだけでなく、キーワードは「一向一揆」「家族」「三世代居住」「共働き」「帳場制」「コラボレーション」「自発学習」「実践教育」など多岐に渡ります。

先般はデータシティ鯖江市の勉強をさせてもらいましたが、福井市もすごいですね。

詳しくはお読み頂くとして、私が刺激を受けた言葉や考え方だけ少し抜粋してみます。

・藤吉雅春(Forbes JAPAN副編集長)「京都化とは、①繁栄のピークが過ぎる→②元の形に戻すことが出来ないほど環境が変わる→③どうしていいか分からないほど悩むが、嘆いてばかりいない→④古びた町に新しい血と才能を取り込む→⑤魅力ある町を作って、若者を集める→⑥地元から生まれるベンチャー企業を大切にする→⑦新しい人に頑張ってもらうことで古い人たちを含む全体が恩恵を受ける、というモデル。底付き体験がキーワード」
・森雅志(富山市長)「高齢者の外出は、地域経済に貢献する。そして、外出する習慣は健康にもなる。孫にとっては世代間交流にもなる」
・森雅志(富山市長)「人を動かす要素は3つ。①楽しいか、②おいしいか、③おしゃれか。ヨーロッパでヒューマニズム、リアリズム、ロマンティズムと呼ばれる」。
・森雅志(富山市長)「今の市民の声を聞いて、それを政策に反映するのはポピュリズム。30年後の市民の声を意識せよ」
・藤吉雅春(Forbes JAPAN副編集長)「クラスのみんなにお父さんの職業は?と聞くと、ほぼ全員が「社長」と答える。これが鯖江市」
・岡本義行(法政大学大学院教授)「国から助成をもらったり、大企業を誘致するという方法もあるかもしれないが、基本的には自分たちの力で様々な仕掛けを作ることが重要。大学や研究所を作ったりして資源を作り、内発的な力でイノベーションを起こす。その条件として重要なのが情報の共有。お互いの情報を交換して、革新的なものを創り出す。そのためには秘密を共有できる濃密は信頼関係が重要」
・牧野百男(鯖江市長)「700〜800ある行政事業のうち、どうしても行政しか出来ない仕事は、せいぜい300〜400事業。あとは民間が担った方が効率が良い事業」
・藤吉雅春(Forbes JAPAN副編集長)「ケンブリッジ大学が求める学生は、「グッド・エキセントリシティ」。すなわち「良い奇人」。教科書を越えた派層と対応ができる若者を求める」
・藤吉雅春(Forbes JAPAN副編集長)「地域にアイディンティティを持つ子供を育てるのは学校の役割が大きい」


地域創生は小規模な町村や離島だけのテーマではありません。こうした都市型の地域から学ぶべき点もたくさんありますね。

平成27年9月8日
杉岡 秀紀 拝  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)