プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2015年11月22日

学生×アワード

勤務先には

「学長表彰」

なる頑張っている学生や団体を卒業式に表彰する制度があります。

https://www.kpu.ac.jp/cmsfiles/contents/0000001/1382/jimishoriyouryou.pdf

2年前に私のゼミも表彰頂きました。

このアワードは学内だけのものなので、社会的価値はどれだけあるか分かりません。
きっと、おそらく残念ながら殆どないでしょう。。

ただ、やってて良かったという思える瞬間をプロデュースするのは仕掛けた側(教員・大人)としても大事ですし、
何より頑張った学生が報われる仕組みが社会(この場合、大学)あることは重要です。

そういえば私も大学生の頃にいくつくか賞を頂き、とても嬉しかったものです。

卒業時の表彰ですので、就活そのものには使えませんが

「社会人になってからも頑張ろう」

というささやかな意欲やモチベーションにつながればいいなと個人的には思っています。いわゆる

「人生を通した正の強化」

というやつですね。

というわけで、今年も推薦文をしたためようと思います。

平成27年11月22日

杉岡 秀紀  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)杉岡日記より

2015年11月21日

私流キャリア教育論

「キャリアの原点はいつ創られるのか?」

これが本年の京都中小企業家同友会(文化厚生委員会、社員共育・求人委員会)との共催研究会のテーマでした。

京都中小企業家同友会との共同企画は本年で6年目を迎えました。

「大学と中堅・中小企業、大学生と中堅企業・中小の経営者(社会人)の距離を少しでも近づけたい」

という共通の思いのもと、毎年少しずつ趣向を凝らしながら、大学生と経営者の対話の場と機会を作ってきました。

今年は学生による経営者インタビュー冊子も制作しました。

http://www.kpu.ac.jp/contents_detail.php?co=tpc&frmId=4722

このような取組みを通してつくづく感じることがあります。

1つは、学生の多くがいかに中堅・中小企業に対して「食わず嫌い」で終わっているかということ。

この背景には当然、鍵括弧付きの「就活」や「キャリア教育」、「◯◯ナビ」の存在がある訳ですが、こういう事業での会話や感想など見ていると、いかに学生が中堅企業・中小企業に接点や関心がないかを思い知らされます。

世の中の「99.7%」が中堅・中小・零細企業であるのにも関わらず、です。


2つは、学生の多くにとっていかに「経営者が曖昧模糊な存在となっている」ということです。

この背景には家族や親戚、あるいは周辺に「経営者」がいない場合、「経営者=新聞やテレビで出てくる偉い人」というかなり抽象度の高い存在になっていることが推察されます。

しかし、こうした場で身近に経営者と接すると、経営者にも百人百用のタイプがあり、本当にすごいと思う経営者から、もしかしたら手が届くかもという経営者もいるということが分かります。

つまり、「経営者である前に一人間である」という当たり前の事実です。


3つめは学生の多くがいかに「単線のキャリア」を前提としているか、ということです。

一昔であれば、向こう40年を1つの組織で続けることを前提でキャリア選択するのがむしろ王道であったと思います。

しかし、善くも悪くも雇用の流動性は高くなり、7・5・3離職の問題や、世の中の4割を非正規雇用が占める現在の雇用情勢も鑑みれば、この単線としてのキャリアは全く王道ではありません。

こうした言わば当たり前の事実というものを、少し人生の先般のキャリア、とりわけ経営者と呼ばれる方々が歩まれてきたキャリアのお話を聞くことで、改めて現在は「複線のキャリア」がデフォルトになりつつあることに気づかされるのです。


さて、冒頭の話題に戻ります。

本年のテーマは「キャリアの原点はいつ創られるのか?」としましたが、実は対話を通して、この問いに対する答えを期待していた訳ではありません。

敢えて答えを期待していたとすれば、それは

「「いつ」などと限定できる場合はむしろ稀で、様々な「いつ」が重なり、徐々に形成されるもの」

という回答でしょうか。

それよりも私の狙いとしては、こうした野心的なタイトルで対話しながら、

①キャリアは実は「計画された偶然(Planned Happenstances)=必然」で決まる

②キャリアの原点は「いつ」と問うよりも、「誰が」影響を与えたかを考えることが重要


という2点の仮説的結論が導かれることを期待していました。


結論を先取りすると、10グループ(経営者4名、学生2〜3名)による40分×2ラウンドのワールドカフェの結果、見事にどのグループからも、この2点につながる議論が行われ、ホッとしました。


いわずもがなですが、「キャリア」とは本来「足跡、轍」という意味であり、そこにはアップもダウンもありません。

仕事」というのは「社会につか(仕/事)える」という意味であり、社会を意識することが重要です。

また、「働く」とは、「はたはたを楽にさせる」というのが語源と言われます。

そして、何よりこの3つに共通するのは

「人生は誰と出会うかで決まる」

という事実です。

キャリアを考えるとは実はそのようなある意味シンプルでいて根源的な問いを考えることだと思うのです。

そう考えた際に、現在の鍵括弧付きの「キャリア教育」や「就活」というのは、いかに狭い議論をしているのか、ということに気づかされます。
(職業的意義と社会的意義の両方をバランスよく理解できる中身になっていない)

だからこそ、ささやかな取組みではありますが、こういう場づくりを大切にしている訳です。

この場をお借りして、こうした気づきやヒントを与えて頂いた経済界の皆さまに感謝申し上げます。


ともあれ、大学だけ、教員だけで教育を完結する/閉じる時代は終わりました。

むしろ「社会の教育力」を信じ、いかにその力と出会う場や機会を作れるか、この場や機会をコーディネートする力こそが、これからの大学教員の役割だと思います。

ティーチングの時代」から「ラーニングの時代」へ。

こう言われ久しい訳ですが、「キャリア教育」や「就活」を取り巻く環境はまだまだという認識です。

キャリアセンターや学生任せにするだけでなく、もっと教員+社会の応援団でタッグを組んで、もっと「社会の教育力」を大学に入れる必要性があると感じています。

一教員できることは限られますが、未来を信じ、未来のためにも、これからも小さな一歩を積み重ねていきたいと思う今日この頃です。

平成27年11月17日

杉岡 秀紀 記

  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:57Comments(0)杉岡日記より

2015年11月07日

NPOと寄付の今とこれから




今日は京都市市民活動総合センター(指定管理者:きょうとNPOセンター)が主催する

「市縁堂(市民がご縁のもとで一堂につどう会)」
http://shimin.hitomachi-kyoto.genki365.net/gnkk14/pub/sheet.php?id=76340

のコメンテーターとして昨年に続き参加させて頂きました。

このイベントは

「NPOのホンキのプレゼンテーション×市民の応援」

をマッチングする機会として、年1回開催されているもので、今年で3回目となります。

特徴(特に今年度)は以下の5点ほどあると思います。

①NPOの原点とも言われる「お寺」という舞台でマッチングの機会が作られたこと
②NPO同士のつながりや気づきの場ともなり、ネットワーク構築の場となったこと
③昨年度参加した団体の報告もあるため、「寄付のその後」を聞くことができること
④お庭散策や大学生によるクラシックコンサートもあり、楽しみの企画が組み込まれていること
⑤大学の講義や他の研修(魅力的な報告のための記事作成トレーニング)と連動していため、寄付以外の切り口からも注目されたこと


さて、冒頭で、私からはプレゼンや寄付のポイントをお話させて頂きました。
内容は以下2点です。

①プレゼンの「主役」は聞き手。NPO側は聞き手が何を考えているかを意識してプレゼンをして頂たい。
(参考)http://kshimisen.hatenablog.com/entry/2015/03/27/175635

②他方、聞き手としては、
(ア)現在がどのような社会問題があるのか(ほっとけないの視点)
(イ)その課題に対してどのような取組を行っているのか(いいねの視点)
(ウ)プレゼンターである話し手の人となりや団体の雰囲気など

 この3つを意識・確認頂き聞いて頂きたい。

というわけで、今年は以下の8団体のプレゼンを聞かせて頂き、講評をさせて頂きました。

・アジアの希望300(NPO法人)
・アンビシャス(認定NPO法人)
・京都自死・自殺相談センター(NPO法人)
・京都YWCA 自立援助ホーム「カルーナ」(公益財団法人)
・西京銭湯部隊 沸いてるんジャー(任意団体)
・史料データ保存ネットワーク(NPO法人)
・天然薬用資源開発機構(認定NPO法人)
・配食ボランティア むつみ(NPO法人)


一つひとつの団体のコメントは省略しますが、

①京都内で地域に密着している団体もあれば、全国、国際的に活動を展開している団体もあった
②ある特定の事業に対して支援をお願いする場合もあれば、団体そのものへの支援を希望するケースもあった
③活動だけに留まらず、「教育」や「政策提言」にまで踏み込み社会変革に迫る事例もあった


という点が特徴であったと思います。

ともあれ、日本では昔から講などによりコミュ二ティ内で資金を融通する事例や、
近年の「ふるさと納税」により特産物との交換、あるいはネット社会の到来による
「クラウドファンディング」という文脈での寄付文化は根付いて来ましたが、
2011年の「寄付元年」以降、寄付税制もだいぶと進展しましたが、
緊急災害支援などを除けばまだまだ寄付への意識が高くないと思います。

とりわけ、こうしたNPO活動や市民活動など

「直接あるいは短期的に個人に見返りのない、言い換えれば未来や社会に投資する」

という文脈での個人寄付は相変わらず弱いのが現実です。

その意味では、ネットだけに頼ることなく、

「熱い思いを持った活動家(団体)と篤い思いを持った支援者を集まる場や機会の増加」

が質的にも絶対量的も求められると思います。

私も、一活動家として、一支援者として、またそのような場づくりの仲介者として微力ながら、努力を続けたいと思います。


平成27年11月6日

杉岡 秀紀  

Posted by 杉岡 秀紀 at 17:00Comments(0)杉岡日記より