プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2016年03月08日

【書評】井内良三『日本一の学習プログラム 天神式家庭教育メソッド』

井内良三『日本一の学習プログラム 天神式家庭教育メソッド』ごま書房新社、2015。

http://www.amazon.co.jp/日本一の学習プログラム「天神」式家庭教育メソッド%7Eなぜ「天神」を使っている子どもたちは“勉強好き-になるのか-%7E-井内良三/dp/4341086286/

ある新聞の社説で知り、ちょうどe-learningについて調査していたこともあり購入した一冊。

タイトルにあるとおり、学校教育でも地域教育でもなく、家庭教育に焦点を当てた書である。

説明を先にしておくと、「天神」というのは、このe-learningソフトの名称のことであり、
「日本一」というのは、このソフトが日本e‐Learningアワードで日本一の賞を受賞した、という意味である。

私が子どもの頃は、e-learningなどはもちろん存在しなかったので、半信半疑で読み始めた訳だが、
読んでみると、なるほどという発見がたくさんあった。

「早朝に勉強をする子は伸びる」

など学習方法というより、学習時間に関するものや

「自信を持った子は伸びる 」

など精神的な面に着目した言及も多かったが、一番印象に残ったのは、

「子どもを主役にする仕組み、子どもに達成感を与える仕組み」

というところ。

すなわち、減点主義ではなく、加点主義でとことん伴走してくるパートナーに
この天神というソフトがなっている点であった。

確かにいわゆる学校教育(試験)の現場でも、家庭教育でも基本的には減点方式で採点がなされがちであるし、
これは社会に出ても同じである。仕事は出来て当たり前であり、ほとんど褒められる機会はない。

そんな中このソフトでは

「できるを見える化し、かつそれを褒める」

仕組みがビルトインされており、徹底的に寄り添っている。

ここが利用者のハートを掴んだのだろう。

システムというより心理学の勝利かもしれない。

昔の進研ゼミの赤ペン先生のAI版とも言えないことがないが、
デジタルでここまで伴走できるのであれば、あっぱれである。

ともあれ、私の教育者の端くれとして、娘には自ら教育を、と思っていたが、
こんな良い仕組みがあるなら、一度は試してみようかしらん。

また、こうしたシステムの大学生版や社会人版があっても面白いかも。

(参考)目次
第1章 なぜ『天神』は子どもの力を引き出すのか―『天神』に秘めた五つのヒミツ
第2章 『天神』で「伸びる子」8つの共通点―こんな子は伸びる。こんな家は伸びる。
第3章 「勉強嫌いの子」を「勉強好き」にさせる―井内式・家庭学習法
第4章 大人になったときに活躍できる「学ぶ力」を身に付けさせる―子どもの本当の幸せのために大人たちがするべきこと
特別対談 ヨコミネ式教育法理事長横峯吉文氏&著者井内良三―子どもが伸びるきっかけづくりとは


平成28年3月9日
杉岡 秀紀 拝

  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:01Comments(0)大学生に薦めたい一冊

2016年03月04日

太刀川瑛弼『デザインと革新』

太刀川瑛弼『デザインと革新』パイインターナショナル、2016

http://www.amazon.co.jp/デザインと革新-太刀川-瑛弼/dp/4756247156/

太刀川氏は私と同じ年である。

ミラツクというダイアログを武器にソーシャルイノベーションを生み出すNPO代表の西村勇也氏からのご縁で、
かれこれ3回くらい立ち話をさせてもらったが、まさにソーシャルイノベーターと思うお一人である。

最近は京都との関わりも増えているが、一番驚いたのは彼が手がけた政府の

「クールジャパンの提言書」

http://greenz.jp/2014/12/17/nosigner_cool_japan/

私も公務員の端くれとして、この手の提言書に10年前関わらせてもらったことがあるが、
これだけ分かりやすく、おシャレで、それでいてメッセージ性が強い行政発行文書を見たことがない。

度肝を抜かれる、とはこういうことを言うのだろうな、としみじみ思った次第である。


さて、そんな太刀川氏が初めて著書を出したのが今回の書。

読み方(楽しみ方)としては3通りある、というのが私の感想である。

1つ目は

「太刀川氏のポートフォリオ(作品集)」

として。

本書にはカラーの見開きで彼が今まで手がけてきた作品が写真付きで紹介されている。
これをたった10年で制作したというのだから、ただただ凄い。

たとえれば美術館の展覧会で買うガイドブックのようなイメージ、
と言えば伝わるだろうか。

2つ目は

「太刀川氏の仕事論(哲学)」

として。

たとえば、以下のようなメッセージが50続く。

「経験なんか気にしない まずやってみる」
「素直に失敗し 素直に聞く」
「美しい理由を 考える 」
「形はつくるものではない 見つけるものだ 」
「原点には 強い答えがある」
「斬新さと普遍性を 同時に満たす」
「いい答えを出すより いい問いを生み出すこと」
「問われた問いを 拡大する」
「運は 縁によって鍛える」
「文脈から学び 創造の歴史に貢献する」

どれもが彼の経験に裏打ちされた言葉で、一つひとつが重い。
もちろんこれらはデザイナーという職種以外にも応用できるものがたくさんあると思う。

最後3つ目は

「太刀川氏の自伝」

として。

本書では、彼が小学生の頃からパソコンを操っていた話から、大学時代はコンペに出さなかった話、
徳島のクライアントからボロクソに言われた話や大学院時代の恩師である隈健吾氏の話など、
さまざまなエピソードが紹介されている。

ここから彼の生い立ちやフィロソフィーの源泉を知ることが出来る。
とはいえ彼はまだ30代なので、日経の「私の履歴書」のような年輪から出る厚みはない。
ただ、30代で振り返るからこそのエネルギッシュと言えば良いのだろうか。
そのような別の意味での味わい深いものがある。

いずれにせよ、本書は今後また出されるだろう3部作の「1部」という感じである。

以上である。

もうしかしたら、4通り目、5通り目の楽しみ方もあるかもしれないが、
それは皆さんの方でぜひ見つけてほしい。

いずれにせよ、そのような様々な楽しみ方を読者に投げ掛ける本に仕上がっている。

これもきっと彼の本というものに対するデザインの一つなのだろう。

デザイナーを目指す人はもとより、デザイナー以外の方にもお薦めのデザイン本である。


(参考)目次
1章 仕事をはじめる
2章 いいデザインを創る
3章 イノベーションを起こす
4章 集合知を生み出す
5章 未来の価値をつくる

平成28年3月4日

杉岡 秀紀 記

  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)大学生に薦めたい一冊