プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2016年06月18日

【書評】藤山浩『田園回帰1%戦略』

藤山浩『田園回帰1%戦略』農文協、2015。

https://www.amazon.co.jp/田園回帰1%25戦略-地元に人と仕事を取り戻す-シリーズ田園回帰-藤山-浩/dp/4540142437/

「1年に1%の人と仕事を取り戻していけば、地域は安定的に持続しえる」

といういわゆる

「1%戦略」

で注目された書。

単なる地方創生の批判本ではなく、地方消滅可能性都市が限界集落、いな過疎と呼ばれた時代から
この問題に向き合い取り組んできた島根だからこそ説得力を持って編み出せたら理論と言える。

もう少し言葉を足せば、過疎の発祥地でもあり、課題先進県である島根だからこそ、先駆的な対策が取られ、
海士町然り、邑南町然り、津和野然り、全国的に注目される最先端の取組み先進地になりつつあるということである。

然るに、島根は課題先進県であると同時に課題解決先進県でもあるということ。

そして、私が一番感動したのは人口を単なる数ではなく、

「人口=人生の数」

と解釈した藤山さんのセンス。

このセンスを持つことが人口減少社会に一番重要なポイントだと思う。

目次は以下のとおり。

序章 「市町村消滅論」は本当か
第1章 「2015年危機」と「大規模・集中化」の半世紀――田園回帰という希望
第2章 田園回帰が始まった――島根からの報告
第3章 人口の1%取戻しビジョン
第4章 所得の1%取戻し戦略
第5章 田園回帰を支える社会システムの設計
第6章 求められる田園回帰に向けた条件整備

本書ではイタリアやイギリスがモデルとして紹介されているが、
わが国においては島根モデルに学ぶことが先ではないだろうか。


平成28年6月17日
杉岡 秀紀 記


  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:42Comments(0)大学生に薦めたい一冊

2016年06月14日

【書評】吉見俊哉『「文系学部」廃止の衝撃』

吉見俊哉『「文系学部」廃止の衝撃』集英社新書、2016。

https://www.amazon.co.jp/「文系学部廃止」の衝撃-集英社新書-吉見-俊哉/dp/4087208230/

最近こそ議論が下火になったものの、昨年度はこの話題で持ち切りだったテーマ。

筆者の吉見氏は、この騒動の原因はマスコミの誤解に起因するとばっさり。
たとえば「文系=教養、理系=専門」「教養=リベラルアーツ」「文系科目=役に立たない、理系科目=役に立つ」のような誤解もその一つ。

逆に「役に立つ」とはどういうことか、ということについて延々と喝破する。

とはいえ、これだけ議論が盛り上がったのは、文科省の大学改革への現場(教職員)の怒りがあったのでは、とのちくり。この見方は卓見である。

個人的には学生から論文を批判させる「アタックミー」という取組みが面白かった。

また「人生3回大学入学」という提案は私も兼ねてより現場で感じてきたことなので賛成。

こうなると、ますます最終学歴よりも最終学習歴が問われる時代が近づきそうですね。

今後の議論に期待。


最後に同じようなタイトルで

「文系学部解体」

という本もあります。合わせて読むと理解がさらに進むと思います。

https://www.amazon.co.jp/文系学部解体-角川新書-室井-尚/dp/4040820517/

平成28年6月14日 
杉岡 秀紀 記

  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)大学生に薦めたい一冊

2016年06月12日

【書評】木下斉『まちで闘う方法論-自己成長なくして、地域再生なし』

木下斉『まちで闘う方法論-自己成長なくして、地域再生なし』学芸出版社、2016

https://www.amazon.co.jp/まちで闘う方法論-自己成長なくして、地域再生なし-木下-斉/dp/4761513594/" target="_blank">https://www.amazon.co.jp/まちで闘う方法論-自己成長なくして、地域再生なし-木下-斉/dp/4761513594/

最近まちづくりや商店街界隈で注目されている木下斉氏によるまちづくりのための思考・実践・技術の紹介本。
(こういう本を書きたいな〜と思ってたら、やはり誰かが書いちゃうんですよね〜)

彼の原点は早稲田商店街での失敗経験。しかし

「失敗=経験(これがまた早稲田商店街の元会頭の安井潤一郎氏の言葉なのも何かの縁ですね)」

ですので、熊本城東マネジメント株式会社での成功事例はじめそこからのレバレッジは素晴らしいと思います。

そして、その過程でポイントとなったのが

「大学院(一橋大学大学院商学研究科)」

で学ばれた点。
(本の中でコラム的に木下氏が読んだ文献が多く紹介されているのもその影響でしょう)

ともあれ、一言で言えば、大学(院)が再チャレンジのための場として機能した訳ですね。

しかし、実はこれは大学の本来のあるべき姿でもあるのです。

18歳人口だけを対象にするのではなく、一度社会に出て、壁にぶつかり、課題意識を持って大学に入る。
それを家族も企業も行政も応援する。
そんな大学、大学生のあり方が日本の普遍モデルになって欲しいものです。

そうすれば今のような奨学金問題も大学の経営問題も、企業の就活一括採用問題もミスマッチ問題も女性のM字型カーブ問題も、
そして学びと働きの接続問題も大きく解決の方向に向かうと思われます。

というわけで、内容は以下の目次も参照頂き、ぜひ直接ご覧ください。

【目次】
はじめに
第1章 思考編
1.自分から始める時に必要な思考
(1)受け身にならない。常に対案を作る
(2)みんなではなく、自分がどうしたいのか
(3)準備病から脱却し、まずはやってみる
(4)「悩むこと」と「考えること」は違う

2.グループで取り組む時に必要な思考
(1)「自分たちでやる」から、「人に任せる」へ
(2)説得ではなく、結果で見せる
(3)「ないもの」で諦めず「あるもの」で勝負する

3.革新的な事業に地域で取り組む時に必要な思考
(1)いい人になることは二の次にする
(2)再挑戦こそ本当の挑戦
(3)稼ぐことと向き合う

第2章 実践編
1.成長プロセスのイメージ
2.成長プロセスの基本ステップ
3.ステップ別解説
1 単発活動メンバー:自分のウリを持って取り組みに貢献しよう
2 単発活動マネージャー:面白い企画を立てて参加者を率いよう
3 継続活動メンバー:自己管理しながら要領よく動こう
4 継続活動マネージャー:変化にも対応できる継続力を養おう
5 単発事業メンバー:稼ぐための営業力を身につけよう
6 単発事業マネージャー:複数事業を展開し、新たな事業モデルを創り出そう
7 継続事業メンバー:事業の連鎖を生み、構造問題の解決を図ろう
8 継続事業マネージャー:事業手法を体系化し、外とのネットワークを広げよう

第3章 技術編
1.基本的な技術を身につける
2.情報力 情報を集め、検証する
3.情報力 複眼的に分析する
4.論理力 因果関係を整理する
5.論理力 複数の要素を構造化する
6.構想力 自分のビジョンを描く
7.構想力 絞った戦略を立てる
8.実現力 プロジェクトを効率的に管理する
9.実現力 やる気を引き出し、良い結果を導く
10.組織力 みんなで取り組むからこそ失敗する
11.営業力 対象を絞り逆算で開発する
12.数字力 経営に関わる数字を見分ける

おわりに


平成28年6月11日
杉岡 秀紀 拝



  

Posted by 杉岡 秀紀 at 12:04Comments(0)大学生に薦めたい一冊