プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2016年09月26日

哀悼:今川晃先生

私の恩師、今川晃先生(同志社大学政策学部教授)が2016年9月24日の未明に急性心筋梗塞で急逝されました。。
(ゼミの合宿中(琵琶湖リトリートセンター)で眠っている間に発作が起き、そのまま永眠されたとのことです…)

あまりの突然の知らせに言葉を失い、頭の中が真っ白になってしまっております。

19歳の時に実の父親を突然亡くした時に近い、頭をバットで急に殴られた、そんな感覚です。
しかも死因まで父と同じということで、2人の「父」「人生の師匠」の命を奪った急性心筋梗塞という病気を正直恨んでいます。

今川先生は私の心の底から恩師と呼べる先生でした。あれは確か大学院1年生後期の2004年だったと思います。
在学の途中から今川先生が来られたため、私はゼミ生という形で指導を受けた訳ではありません。
しかし先生はいつも私の京田辺のまちづくり活動を褒めて頂き、それ以降無償で京田辺での勉強会講師を何度も引き受けてくださいました。
何よりその後の私の節目節目にチャンスを与えてくださり、そのお陰で今の私があると言っても過言ではありません。

2007年には国(内閣官房行政改革推進本部)で働く機会をつないでくださりました。
2008年には学会発表や初めての学会誌投稿、2009年からは母校での嘱託講師のご縁も頂きました。
母校での最初の1年間は先生と一緒に講義も担当させてもらいました。
2010年には共著という形で初めて本を執筆する機会を与えてくださり、以降5冊もの共著を先生と執筆させて頂きました。
最近では2015年度にJST の共同研究にも誘って頂き、そこで出会った「フューチャーデザイン」は私の現在最も重視するテーマになっています。
2012年の大学への就職、そして、今年の2016年の大学移籍についても、自分のことのように喜んでくださいました。

プライベートでも大変お世話になりました。
ご自宅にお呼び頂いた際は奥様から過去の今川先生のエピソードを教えて頂きましたし、
昨年娘が誕生した際にも翌日にはお祝いを届けてくださいました。その時にかけて頂いた

「家族が一番身近な自治だから、家族との時間をこれから大事にしてください」

というメッセージは今私が一番大事にしている価値観です。
何より先生が実践されてきたことでもありました。

今川先生とは9月25日お会いする予定でした。7月10日の学会後の懇親会以来、2か月ぶりに飲めることを楽しみにしておりました。
まさ7月10日が最後になるとは到底思えず、この時にしっかりと感謝の思いを伝えられたか、自信がありません。
来月10月14日は先生と一緒に与謝野町で対談できる仕事も組んでおりました。
さ来月11月13日は大分の産山村で家族同士の交流しながらシンポジウムに参加することも決まっておりました。
来年度4月には福知山公立大学で日本オンブズマン学会を招致することも決まっておりました。

私は「誰と仕事をするか」を一番に考えて今まで仕事をしてきました。
ですので、先生との仕事は大学の枠を越えて、とにかく楽しく、光栄で、勉強になり、とかく再重要視してきました。
こうした楽しみや学びの場が、今日からなくなると思うと胸が張り裂けそうになるくらい悲しく、辛いです。。
 
25日にやむにやまれない思いで先生のご自宅で最期のお別れと12年間お世話になった感謝の思いを伝えさせて頂きましたが、
これから先、何を楽しみに大学人として、そして研究者のはしくれとして生きていけば良いか、正直分かりません。
それくらい偉大な師であり、研究者であり、教育者でした。

今できることは、今川先生が大事にしてこられた家族をまず大事にすることでしょうか。それとも
「住民自治を基点とする地方自治への思い」「個人の人権尊重へのまなざし」「佐藤竺先生など原点を大事にする姿勢」を継承することでしょうか。
今の私には優先順位すらつけられません。

ただ、先生に何一つ恩返しができなくなった分、先生から頂いたご恩を後進に送り続けないといけません。
これは「受け取った者の義務」として何とか果たして参りたいと思います。
いましばらく仕事が手につかない日々が続くと思いますが。。

今川先生、あまりにも早過ぎる別れで、まだ気持ちの整理もつきませんし、どのようなお言葉を用意すべきか分かりません。
とにかくこの12年間、ご指導頂き、本当にありがとうございました。深謝に耐えません。
先生から学んだ様々な教訓とご一緒できた思い出は絶対に忘れません。

今はどうか安らかにお眠りください。
そして、天国で私ども薫陶を受けたものたちを引き続きお見守り頂けますようお願い申し上げます。

平成28年9月26日
杉岡 秀紀 拝

追伸

以下は先生が好きだった歌です。

「あの日の空よ」

今となっては涙なしには聴けません。。

https://www.youtube.com/watch?v=SJZmuNCWxeI  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)杉岡日記より