プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2017年05月17日

【書評】『先生は教えてくれない大学のトリセツ』

田中 研之輔 『先生は教えてくれない大学のトリセツ』 ちくまプリマー新書、2017。

「大講義は聞きっぱなしでいいの?発表が苦手なのはなぜ?レポートはコピペじゃもったいない。
平凡なんてヤダと思う君へ」

「大学を卒業するとみんな就職するのに、大学では「その先のこと」は教えてくれない。
ただ漠然と4年間を過ごすのではなく、より良い未来を自らの学びで手に入れるのです」


これが帯や背表紙に書かれたメッセ―ジです。

事実、本書では、第1章から第3章にかかけて、講義やプレゼン、論文の書き方について
コンパクトにポイントがまとめられています。

(参考)目次
プロローグ 学費四三〇万円を無駄にしない
第1章 三〇分に一つの質問メモで講義を楽しむ
第2章 プレゼンは三回やれば好きになる
第3章 論文を磨く秘訣はチームワーク
第4章 バイトするならダブルワーク
第5章 白熱しない講義の裏事情
エピローグ 生き方をデザインする学び


その意味においては本書はトリセツ、すなわち「取り扱い説明書」にふさわしい内容となっていますね。

プロローグでも述べられているように、ぜひ現役の大学生はもとより、高校生、親御さん、大学関係者に加え、
筆者が強調されている「中2」の皆さんに読んでもらったら面白いと思います。

ただ、私が読んでいて一番共感したのは、

①米国の大学と日本の大学の違い
②昔の大学と今の大学の違い
③高校までの教員に求められる資質と大学教員に求められるそれの違い


でした。

①③はこれまでの色んな方が指摘されているので、割愛しますが、
②については、スマホ、いな、携帯がまだ普及時代に大学で学んだ経験がある者として、
本当になるほどな〜と考えさせられました。

つまり、

「昔の大学講義は回数も少なく、また板書型であったため、手を動かしながら学んでいたが、
現在は出欠が半ば強制され、ICTの普及もあり、手を動かさずになった」


という指摘です。

筆者はこの結果、ゆえに私語が増えたと論を展開しますが、私が感じたのは、
今後AIやIoTが進めば進むほど、私語の問題に留まらず、

「知識(記憶)の定着」

の観点から人間(脳)が退化するのでは、という危惧。

実際に我々20世紀に生まれた者の脳と21世紀のスマホネイティブの皆さんの脳では
使っている(発達している)箇所が違う、という指摘を聞いたことがあります。

哲学的なまとめになっちゃいますが、やはり

「何かを得ることは何かを失う」

ということですかね〜(その逆も然り)

ともあれ、時代の変化は早く、大学(教員も学生も)も常に変化(対応)が求められます。

「適者生存」

を肝に銘じつつ、明日からもがんばろうと思えた一冊となりました。

ちゃんちゃん。


平成29年5月17日
杉岡 秀紀 記

  

Posted by 杉岡 秀紀 at 18:59Comments(0)大学生に薦めたい一冊

2017年05月08日

【書評】荻原浩『メリーゴーランド』


荻原浩『メリーゴーランド』新潮文庫、2006 読了。

タイトルからは想像出来ないと思うが、赤字の公共施設の立て直しを命じられた民間出身の自治体職員の奮闘記小説である。

本は毎日読むが、小説はあまり読まない私。だが、テーマが面白そうだったのでGWの一冊で読んでみた。

感想は小説として面白かったのは言うまでもなく、よく取材されててすごい、の一言。

公務員の体質、決裁文化、予算制度、出向制度、市長と議会との関係性、市長の権限と選挙、など教科書を読む前に副読本としても良いかもしれない。

また公務員を目指す人にも自治体職員のイメージを掴むためにオススメ。

もちろん普通の小説として楽しむのも問題ありません。

最後にメリーゴーランドとあるため、市営か三セクの遊園地かな、と思われた方はするどい(蛇足ですが、私も昔『メリーゴーランド』という曲をデビューアルバムに書いたことがあり、その曲が読書中、BGMとして頭の中をグルグル回り続けていました笑)

https://www.amazon.co.jp/dp/4101230331/  

Posted by 杉岡 秀紀 at 08:12Comments(0)大学生に薦めたい一冊