プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2017年06月25日

石川善樹『友だちの数で寿命はきまる』

石川善樹『友だちの数で寿命はきまるー人との「つながり」が最高の健康法ー』マガジンハウス、2014年。

タイトルだけ見ると「えっ?」と思いますよね。
しかも最近はSNSの浸透により、

「実際は会ったことことがない「友達」」

も増えています。

つまり、友達の定義も広義化している中で、そんな友達も含むの?との疑問も聞こえて来そうです。
そんな問いにも答えてくれるなるほどの一冊なっていました。

著者は石川善樹さんという方。予防医学研究者で(株)Campus for Hの共同創業者。
1981年の早生まれなので私と同い年です。
東京大学医学部健康科学科卒業、ハーバード大学公衆衛生大学院修了後、自治医科大学にて博士(医学)取得された、
肩書きだけ見ると超エリートですが、意外にも文章はやわらかく、何より分かりやすい仕上げになっています。
最近はダイエット本や脳に関する著作もあるようです。

さて、内容ですが、今回のタイトルの根拠になったのは、2010年にアメリカのブリガム・ヤング大学の
ホルトランスタッドとい研究者によるもののようです。
何でも20世紀と21世紀に行われた148の研究(総勢30万人)をメタアナリシスした結果、寿命に与える影響は

①つながりがある
②たばこを吸わない
③お酒を飲み過ぎない
④身体を動かす
⑤太り過ぎない

という順位が明らかになったようです。

なぜつながりが健康(寿命)につながるのか?これについても様々な研究報告が紹介されます。
たとえば、シカゴ大学のカーマイン博士によって230人野球選手を対象に行われた笑顔に関する研究では、

「作り笑いでも寿命は2年延びる」

ということが分かったとか。この他にもアメラダ研究のバークマン教授の研究によれば

「お見舞いに来てくれる人が2人以上であれば6か月以内の死亡率は26%と低いが、0人だと69%まであがる」

という結果も出ているようです。

社会学で有名なグラノヴェッター教授の「weak tie(弱い絆)の強み」の話を思い出しますね。

また、SNSでのつながりついては、コーネル大学のジェフ・ハンコック教授らの研究が紹介され、

「ポイジティブな投稿を多くみた被験者は、ポジティブな投稿をする(その逆も然り)」

ということが明らかになっています。


では、ここまでは科学である程度証明されたとして、関心は、

「で、どうすればつながりを大事にして、寿命を伸ばせるの?」

という点だと思います。この点についても著者は具体的にアイディアを記しています。たとえば

①瞑想をする。
②弱さをさらけ出す。
③寄付をする。誰かのためにお金を使う。
④誰か(相手)を思いやる。
⑤妻(夫)に言葉と笑顔で表現する
⑥職場では、飲み会よりも雑談を重視する
⑦複数のコミュニティを属する。またその中で責任ある立場につく。

この他にもまだ色々とありますが、私が明日から出来そうでいいなと思ったものは以上になります。


最後にこの本の著者のご専門は予防医学でした。

病気にならないことは難しいですが、なるべく発症の確立を減らし、遅らせるためにも
つながりを大切にしたいですね。

(参考)目次

はじめに~「つながり」の世界へようこそ~

第1章 健康と寿命を決めるのは「つながり」だ。

私たちは病気を起こす大きな何かを見逃している。
孤独は喫煙よりも身体に悪い。
モーリス博士が発見した意外な事実
高血圧もタバコも健康に良いと考えられていた。
遺伝子では病気のリスクはあまり説明できない。
日本人は健康診断が大好き。
作り笑いでも寿命は2年延びる。
アカデミー賞を獲ると寿命が4年延びる。
ポジティブ思考は長生きである。
日本人は真面目だから長生き?
孤独な人は死亡率が2倍になる。
男子校の出身者は未婚率が高く、短命である。
「つながり」を拒む、孤独遺伝子の発見。
一方「つながり」遺伝子もある。
脳は「つながり」によって進化した。
「つながり」はなぜ健康に良いのか?
友達がもたらす、最大の効用。
中長期的展望がないと、生きる意欲が湧かない。

コラム 予防医学が教える最新健康常識1健康作りの目標設定のコツ


第2章 日本人の「つながり」の意外な問題点。

日本人は「つながり」が少なく、孤独死が多い。
汚いだけではないゴミ屋敷の怖さ。
お見舞に来てくれる人の数で死亡率が変わる。
弱い「つながり」がスネップ、ニートを救う。
男性は息子の嫁に介護されると長生き。
日本の高齢者は幸せ度が低い。
日本人男性特有の、宴会効果にご用心。
女性の方が男性よりも「つながり」を作るのがうまい。
女性は「つながり」をメンテナンスするのも得意。
妻は“定年後"に備えて「つながり」を再構築する。
夫は、犬の散歩で地域コミュニティ・デビュー。
男性にとっての戦略的老後の生き方とは。
日本人は休養の取り方を知らない。
積極的休養で「つながり」を作る。
「攻めの休暇」で仕事の能率も上がる。
低成長時代には仕事以外のアイデンティティを持つ。
日本人は4段階にわけて健康をデザインすべき。
76歳以上は毎日やっても飽きないルーティンを持つ。

コラム 予防医学が教える最新健康常識2サプリメントは健康作りに有効か

第3章 健康に効く「つながり」の作り方

「つながり」、その作り方がわからない人へ。
世界は6次の「つながり」でできている。
感情や行動は3次まで影響している。
「つながり」は質よりも量を追求した方がいい。
良い「つながり」、悪い「つながり」。
家庭での「つながり」の作り方ー「亭主関白」と感謝の言葉で夫婦関係を見直す。
妻に言葉と笑顔で感謝を表現する。
職場での「つながり」の作り方ー若い世代が職場で「つながり」を持とうとしない。
職場の同僚があなたの寿命を左右する。
鍛えるべきは、同僚との雑談力。
雑談が多いほど、生産効率も上がる。
社会的地位と寿命の関係。
地域でのつながりの作り方ー複数のコミュニティに属する。
コミュニティには責任ある立場で属した方が長生きする。
友人が増えると健康への意欲が高まり、親密度も上がる。
自身でのつながりの作り方ー瞑想で「つながり」を作る
姿勢、呼吸、心を順番に整える。
ポジティブになれるSNSは良い「つながり」である。
私は「つながり」を作るのがヘタだった。
弱さをさらけ出すと「つながり」が生まれる。

コラム 予防医学が教える最新健康常識3脂肪をめぐるウソとホント

第4章 「つながり」は心を健康にし、幸せを作る。

東洋と西洋とでは健康の定義が違った。
WHOの定義で健康の概念が変わった。
これからは心の健康の時代である。
ポジティブ心理学でわかった「幸せ」と「つながり」の大切さ。
人が幸せを感じる3つのパターン。
年収700万円を超えると幸せ感に差がない。
愚痴るとストレスが倍増して老ける。
世界のトップ企業が愚痴らない教育をしている。
思考と感情は変えられない。だから行動を変える。
イギリスで行なわれている「感謝の訪問」の効能。
寄付によって幸せ感は高まる。
ビル・ゲイツが寄付をする理由。
相手を思いやると幸福度が高くなる。
誰かのためにお金を使うと脳は幸せを感じる。

コラム 予防医学が教える最新健康常識4間違いだらけのダイエット法

おわりに~これから病気と元気を共存させる時代が始まる~


平成29年6月25日
杉岡 秀紀 拝


  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)大学生に薦めたい一冊