プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2017年09月06日

他流試合の効用

大学時代の一番の思い出は?と聞かれたら何を思い出すだろうか。

私も一つに絞るのは無理だが、ベスト3に入る思い出の一つに

「対抗ゼミ」

というのがあった。字のごとく、ゼミ対抗で競い合うインゼミ企画である。

当時私が所属していたゼミは環境経済学のゼミであった。そのゼミで伝統として続けられたのが、
慶應大(細田ゼミ)、中央大(横山ゼミ)、一橋大(寺西ゼミ)、京都大(植田ゼミ)、そして同志社大による

「5大学対抗ゼミ」

であった。内容は各大学(ゼミ)で取り組んでいることを準備に発表し、あとは飲み会というシンプルな設計であったが、
SNS隆盛の今と違って、当時は他のゼミ、とりわけ関東の大学がどのようなことをしているのかを知る術はほとんどなかった。
その意味でどんなことを学んでいるのか、どんな人(先生・学生)がいるのかを知れる本当に良い機会であった。

「かわいい子には旅をさせよ」
「他人の釜で飯を食う」
「袖振り合うも他生の縁」

ではないが、この他流試合を通じて、学んだことは数知れず、なのである。

あれから約15年。福知山に赴任して、一番感じたのは、

「周りの大学(生)との交流の少なさ」

であった。そこで

「そうだ、対抗ゼミ(インゼミ)をしよう」

と企画をしてみた。プロボーズをしたのは、同じ地域系の学部を持ち、かつ熱意を持って教育やプロジェクトに取り組まれている

・小樽商科大学の大津晶先生(学長特別補佐。「本気ゼミ」が有名)
・東北公益文化大学の鎌田剛先生(庄内オフィス長。「社長インターン」が有名)

の2大学。本学が公立なので、結果として、国立・公立・私立のバランスもよく、集まった学生も2〜4回生、
出身は北海道から東北、関東甲信越、関西、中国・四国、九州まで全国横断のいわばミニパブリックスが出来上がった。
そして、0から1の場となる1年目は学生の強い要望(?)もあり、北海道で開催することになった
内容は以下のとおり。

【1日目】
・夜:教員・学生現地(舞鶴/山形→小樽)入り、懇親会。

【2日目】
・朝:会場(歌才自然の家@黒松内町)に移動。
・昼:オリエンテーション、学生による各大学のゼミ(クラス)活動紹介、合同チーム(3チーム)によるグループワーク①
・夜:交流会、合同チームによるグループワーク②

【3日目】
・朝:教員によるミニ講義(各大学のプロジェクト紹介ほか)、合同チームによるグループワーク③
・昼:合同チームによる政策提言発表、審査、講評・表彰(副賞は地域特産物)、集合写真撮影、解散
  (グループテーマは「シェアリングエコノミー」「ソーシャルキャピタル」「スマートツーリズム」)

お気づきの方もおられるかもしれないが、今回の最大の特徴は「合同チーム」の結成にある。
これは自分自身の大学時代になかった切り口であり、他流試合を本気でやるならぜひやりたかったアプローチだった。
しかし、逆に言うと、教員から要望したのはこの1点くらいであり、あとは各大学から1名ずつ合宿担当の学生を選出し、
数ヶ月に渡り、LINEを中心に

「学生主導で合宿のコンテンツづくり」

をしてもらった。つまり、このプロセスもいわゆるPBL(Project Based Learning)になった訳である。

さて、そんなこんなであっという間に2泊3日のインゼミが終わってしまったのだが、最後に私が感じた効用をまとめてみたい。
それは一言で言えば、

「異分野、多様性からやっぱりイノベーションは生まれる」

という実感である。

3大学の学生を「ごちゃまぜ」にすることで、チームごとに日頃の学生間では生じない
「多様性」が生まれた。そして、それが結果として、色んなアイディアやチームワークを生むことにつながった。

言うまでもなく、社会に出れば、色々なチームで色々なバックボーンを持った人間と一緒に仕事をすることになる。
当たり前のことだが、そんな社会に出て経験することを前倒しで経験し、その可能性と課題を知れたというのは、
彼らにとって大きい意味を持ったと思うし、財産になったと思う。

「weak tie」(グラノベッター)

という概念があるが、まさに2泊3日を通じて、所属チームはもとより「弱い絆」が生まれていた。

帰りのレンタカーの中で学生に感想を聞いたが、共通して

「入学以来最大の思い出になった」
「終わるのが寂しい」
「来年もぜひ参加したい」
「とにかく楽しかった」

と口を揃え、全員の目つきや顔つきが変わっていた。

つくづく大人(教員)の仕事(役割)は、教えることだけでなく、

「彼ら彼女らが育つ環境づくりなんだな」

と再認識した次第である。

他流試合から学ぶ点は教員も多かった。


来年は山形で開催する予定。今からワクワクである。

平成29年9月5日
杉岡 秀紀 拝





  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)杉岡日記より