プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2018年04月03日

【書評】役重眞喜子『ヨメより先に牛(ベコ)がきた』

役重眞喜子『ヨメより先に牛(ベコ)がきたーはみだしキャリア奮闘記ー』家の光協会、2000 読了。

先日福知山市の仕事でご一緒した花巻市コミュニティアドバイザー役重眞喜子さんのデビュー作であり、ノンフィクション小説のようなルポタージュ本。

いつも対談など仕事では、ご一緒する前に著書などを読める限り全て読んでから本番に臨むのが私の流儀なのですが、年度末の忙しさにかまけて今回は本を読むのが後になってしまった一冊です。

ただ、この本を読んでしまうと面白くて色々なことを質問したくなる感じの一冊だったので、結果的にはこの順番で良かったのかもしれないと思います笑。

なぜ国家公務員を辞め、何の所縁もなかった東和町(現花巻市)の職員になったのか、なぜ「牛(ベコ)」がタイトルに入っているのか、というおそらく最大の謎もこの本を読めばすぐに合点がいくと思います。

何より

・「火事を知らせるサイレンが鳴ると、課長以下全員が一斉に半纏を羽織理、やりかけの仕事を放り出していなくなってしまう」(p .96)

・「農村の地縁・血縁の付き合いや義理というものは、随分大げさなものだと思っていたのだ。ヨソ者の自分にとっては閉鎖的な社会にも見え、反発したこともあった。けれども、それはいまの私たちのように「いざ困った時」のリスク保障という一面を持っていたのだ」(p.258)

この2つの言及に役重さんがこの本出版後になぜ自治体合併の研究に没頭して行ったのか、その原点(原体験)を推察できます。

近年は、合併だけでなく、時代の多様化・複雑化・高度化・不確実化などにより、ガバメント(行政)とコミュニティ(地域)の距離だけでなく、都市と地方の距離、ニューカマーとオルドカマーの距離も広がることはありこそすれ、なかなか縮まることはありません。

そんな時にまずブレずにすべきことは何か。そんな最初の一歩を踏み出す内容を考える時、一歩踏み出した後に壁にぶつかった時にぜひ読んで欲しい一冊です。

https://www.amazon.co.jp/ヨメより先に牛-ベコ-がきた―はみだしキャリア奮戦記-役重-真喜子/dp/4259545302/ref=cm_cr_arp_d_product_top?ie=UTF8
" target="_blank">https://www.amazon.co.jp/ヨメより先に牛-ベコ-がきた―はみだしキャリア奮戦記-役重-真喜子/dp/4259545302/ref=cm_cr_arp_d_product_top?ie=UTF8


平成30年4月3日

杉岡 秀紀 記



  

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00Comments(0)杉岡日記より