プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2013年01月29日

非市場価値について考えてみる

今日は

「非市場価値」

について考えてみたいと思います。


この言葉の意味は大きく2種類あると思います。


ひとつは

「一般市場では流通していないものの価値」

もうひとつは、

「目に見えないものの価値」

です。



後者については、サン・テクジュベリが『星の王子さま』の中で使った

「大事なものは目に見えないんだよ」

という世界。すなわち、

・愛情
・友情
・喜怒哀楽


など、

「お金で買えない(買いにくい)」

ものですね。

この価値は大事過ぎますが、今回は思い切って割愛します(笑)。


それに比べて前者は

「お金で買える」

世界。

ただし、いわゆる

「普通の市場ではすぐに調達できないもの」。


ですね。

今回はこちらについて少しスポットを当てたいと思います。


「お金で買えるけど、すぐに買えないもの」

とは何か。

これも考えてみれば、また大きく2つ大別できそうです。


①特定の人を仲介してしか手に入らないもの
②特定の手続きを経ないと手に入らないもの


です。

②については、

「あえて一般流通に乗っけずに、コストを抑えつつ、付加価値を高めているもの」

が多いですよね。

当然この中にはヤフオクやフリーマーケットのように個人の商売もあるわけですが、
私が今回とりわけ注目したいのは、それを組織として行っている、たとえば

「会員向けの冊子・雑誌・新聞などの出版物や地域限定の出版物」

のようなもの。この価値です。

自身も職業柄数十冊こういうものを定期購読していますが、ネット社会の到来で、
報コストが下がり、情報の価値が相対的に下がっている現代だからこそでしょうか。

最近はこうした

「クローズドな情報の価値」

が年々上がっている気がします。


そして、①については、悪知恵を働かせれば、マルチ商法で使われてしまうのも入ってしまうかもですが、
よく言えば「一見さんお断り」のもの。

この最たるものが

「クチコミ(人から人への直接情報)」

だと思います。

もちろん、こうした情報というのは、時として人を喜ばせ、時としては人を貶めるものになりますから、
道具を使う知恵ではないですが、リテラシーやマナーが必要不可欠な訳ですが、年々

「人がメディアになる時代」

を象徴するものになりつつある気がします。


一言で言えば、

「情報の価値は量から質へ、コストからバリューへ」


と明らかに変わっているということです。

つまり、誰でも拾える情報(市場価値)にはほとんど価値がなく、
特定のところにしかない情報(非市場価値)を人は追い求める時代に入ったということです。

当然のことながら、こんな時代だからこそ

・どこにいけば(見れば)正しい情報を得られるか、
・誰に聞けば自分に必要な情報を得られるか、
・この情報は誰に届けるべきか


など

「非市場価値を見極める、あるいはコントロールする嗅覚やセンス」

というものがますます重要になってきます。


いずれにせよ、果たしてこういうことを情報教育で教えているのか、
ネット社会以前も知っている我々の世代は、こういう価値の重要性をちゃんと伝えないと、
とふと不安になったので、その責任感と使命感だけで記憶の記録化に図った今日の投稿でした。

チャンチャン。


平成25年1月29日

杉岡 秀紀


同じカテゴリー(杉岡日記より)の記事
2017年my10大ニュース
2017年my10大ニュース(2017-12-31 00:00)

他流試合の効用
他流試合の効用(2017-09-06 00:00)

2016年10大ニュース
2016年10大ニュース(2016-12-31 00:00)

この記事へのコメント
はじめまして。杉岡さんのお考え、大変共感しました。情報の価値のあり方は、本当に大きく変化してきていますよね。
私も、雑誌や本を作る立場にいるので、大変勇気づけられました。一方、発信する側も、常に意識を高く持ってお仕事がんばろうと思いました。
Posted by みほ at 2013年02月01日 11:19
とっても耳が痛いお話です。。。汗
自分はきちんと情報を仕入れているし、偏った見方はしていないと自負しておりましたが、まさに、コントロールされておりました。。。汗
どの情報が正しいのか、きちんと見極めるためにも、もっともっといろんな所に出かけ、いろんな人の話を聞き、総合して自分の考えを確立させないとだめですね・・・
一人の人、一つの場所から得た情報ほど、怖いものはありません。。。
口コミって、頼りになるけど、とっても怖かったり。。。汗

そういう意味でも、杉岡くんのブログに書かれてあることを読むのは、自分の偏った思考を軌道修正するために役立っています。笑
Posted by asuka at 2013年02月01日 23:00
とっても耳が痛いお話です。。。汗
自分はきちんと情報を仕入れているし、偏った見方はしていないと自負しておりましたが、まさに、コントロールされておりました。。。汗
どの情報が正しいのか、きちんと見極めるためにも、もっともっといろんな所に出かけ、いろんな人の話を聞き、総合して自分の考えを確立させないとだめですね・・・
一人の人、一つの場所から得た情報ほど、怖いものはありません。。。
口コミって、頼りになるけど、とっても怖かったり。。。汗

そういう意味でも、杉岡くんのブログに書かれてあることを読むのは、自分の偏った思考を軌道修正するために役立っています。笑
Posted by asuka at 2013年02月01日 23:00
みほさん

コメントありがとうございます。

情報の語源は

「敵情報告」

からと言います。つまりは、戦争用語が原点な訳ですね。

その意味では、まさに仰るとおり、時代とともに変化する言葉であることが痛感させられます。

したがって、我々も常に定義や考えを変化しながら、時代にチューニングする必要がありそうです。

自戒をこめて。

すぎおか拝
Posted by 杉岡 秀紀杉岡 秀紀 at 2013年02月04日 17:56
asukaさん

コメントありがとうございます。

いやはや、無くて七癖ではないですが、気づかないうちに養老孟司さんがいう

「バカの壁」

って作ってしまいますから、本当に常に

「もう一人の自分」

を置いておかないとですね。

自戒も込めて(笑)。

すぎおか拝
Posted by 杉岡 秀紀杉岡 秀紀 at 2013年02月04日 21:44
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。