プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2013年05月03日

共育の交換日記

「ふりかえりシート」

というA4一枚の紙を使って、学生と対話を続けています。

内容は、

①学部名・学籍番号・名前
②今日の目標
③学んだこと・気づいたこと・感じたこと
④自己評価・質問・感想


の4項目で、役割としては

1つは、

「代返不可能な出席票機能」

2つは、

「授業評価(どこまで教員が伝えようとしたことが伝わったか)機能」

3つは

「学生との対話機能」

という機能を果たしてくれています。

このシートは2009年以降ずっと続けており、少人数講義・ゼミでは、次の講義時に返却し、
大教室の講義では、次の講義の冒頭で、いくつか共有すべきものを取り上げ紹介しています。

では、具体的にはどのような効用があったか。ここでは3点ほど紹介したいと思います。

1点目は

「名前と顔を覚えやすくなった」

ということです。

私は自分の教育ポリシーとして、大学においても

「なるべく名前を覚える、名前で呼ぶように」

意識していますが、高校までと違って大学では人数が多いため、教員は原則として、
ゼミや関わった学生以外の名前を覚えることが少ないのが現実です。

しかし、やはり、

「名前で呼ばれると人間は嬉しい」

もの。

言うまでもなく、それは存在そのものをお互いに確認し、肯定する行為であるからでしょう。

これは自分の経験からしてもそう思います。

とはいえ、やはり人数が多いとどうしても時間がかかるのも事実。。。

そこで、このシートがものすごく貢献してくれる、という訳ですね。
(たとえで言うと、顧客カードのようなものかもしれません)


2点目は、

「学びの双方通行性が高まった」

ということです。

やはり、座学の講義というのは基本的に一方的になりがちなんですね。

他方、講義中に「質問がある人?」と聞いても、学生の多くはその場では手を挙げてくれません。

感想や意見、質問があるにも関わらずです。

しかし、いざ「書く」モードになると、結構しっかりと書いてきます。

よく考えると、これは当たり前で、「書く」という行為はノートを取る経験も含めて、
彼ら彼女らにとっては、講義との親和性が高いのですね。

なので、このようなツールがあれば、彼ら彼女らの声なき声を引き出し、次の機会に、
直接あるいは間接的にフィードバックできる、という訳です。

そして、何よりこれを続けることで、また書こうというモチベーションにもつながり、
徐々に双方向性が高まっていくが教育的にミソです。
(イメージとしては一度読んでもらったら、まただそうと思うラジオのリクエストに近いでしょうか)


そして、3点目は、

「自己改善に役立った(役立っている)」

ということです。

やはり、講義は

「ライブ(生もの)」

であるため、どれだけプロ意識を持っていても、また、教材や話す内容が同じでも、
その日の調子や気分によって、良くも悪くも、多少のムラが出てしまうものです。

当然のこと、これは聴く側からすれば、分かりやすい場合もあれば、
分かりにくい場合も出てきます。

したがって、このライブの感想をダイレクトに受け取ることは、
次への改善に役立つし、なによりも刺激になるのですね。
(たとえで言うと、リトマス紙や体重計のイメージに近いかも)

以上が、私が活用している「ふりかえりシート」になります。


・・・と、ここまで書いてきて、これは一言で言えば、

「共育の交換日記」

となっていることに気づきました。

やはり、

「書く(正確には、打つですが)」

という行為は大事ですね(笑)。


最後に蛇足ですが、フェイスブックやツイッター、LINEなどソーシャルメディア隆盛の今だからこそ、この

「アナログ」


の仕掛けの価値が相対的に増して来ているなぁと感じている今日このごろです。



平成25年5月3日

杉岡 秀紀 拝


同じカテゴリー(杉岡日記より)の記事
2017年my10大ニュース
2017年my10大ニュース(2017-12-31 00:00)

他流試合の効用
他流試合の効用(2017-09-06 00:00)

2016年10大ニュース
2016年10大ニュース(2016-12-31 00:00)

この記事へのコメント
メンバーの中で一番に、しかもすぐに、住んでるところと名前を覚えてくれた杉岡くんだから、説得力がありますね^^
私の仕事は、直接感想を書いてもらうことはないですが笑、「楽しかった~♪」という言葉を聞けたときや(あんまりありませんが。笑)、「わかった!」「なるほど!」と嬉しそうな表情をするのを見たときなどに、喜びを感じます。
それから、ほかの方々から「あなたのところは、なんだかみんなにこにこしてるね」と言われたり、「ほんわかしてる」と言われることがありますが、これも、嬉しいものです。
自分では気づかないことを言ってもらう、という面では、毎日ではありませんが、ある意味、ふりかえりシートのような役割も果たしているような気がしますね~

それにしても・・・

週に1回だけ会うような学生の顔と名前を覚えるとは・・・!!
私も見習わなければ。汗
Posted by asuka at 2013年05月11日 21:08
asukaさん

コメントありがとうございます。

そうですね、向き不向きは最終的には自分では分からないものですから、実際の声にせよ、紙にせよ、こうした客観意見というのは大事ですよね~

ちなみに私も来月から月1程度ですが、高校生を教えにいきます。

家庭教師を除けば、大学生以外を教えるのは初めてですので、逆に何だか緊張します(笑)。

ともあれ、お互い教育道に引き続き邁進いたしましょう!

すぎおか拝
Posted by 杉岡 秀紀杉岡 秀紀 at 2013年05月13日 00:15
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。