プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2013年09月01日

きゅうたなべ倶楽部10周年記念式典を終えて

昨日、

「きゅうたなべ倶楽部10周年記念式典」

を無事終えることができました。


「大学と地域をつなぐ」「同志社と京田辺をつなぐ」

をミッションに、2003年4月25日に立ち上げ、早や10年。

時の経つ早さを感じる今日この頃です。
(蛇足ですが、きゅうのOBも早くも6人が結婚し、まもなくもう2人結婚する予定があります)


昨日の主催者挨拶でも申し上げましたが、

「きゅう」

だけでに9周年も考えたのですが(笑)、やはり区切りとしては、

「10周年」

の方がキリがよいので、今年実施することにした次第です。


ふりかえれば、きゅうたなべ倶楽部の歴史は以下、3つの段階を経て、
この10年目の節目を迎えたことになります。

第1期:2003~2007年(私が代表を務めていた時期)
第2期:2007~2009年(私が現場を退きましたが、一緒に汗をかいたメンバーが中心となり活躍してくれた時期)
第3期:2009年~現在(私と一緒に活動していないメンバーが中心に活動してくれている時期)


団体によっては、一人の代表がずっとトップを担い続けるところもありますが、
きゅうたなべ倶楽部については、代表のバトンを一定年数で次の代に渡しながら、
持続可能性を探ってきたことが特徴です。


さて、そんな記念式典ですが、企画そのものは、

・現スタッフ
・OBスタッフ


の混成チームで半年前ほどから実行委員会を作り、月1回のペースで打ち合わせを重ねながら、
企画を作ってきました。

その結果、これまた様々な新旧コラボレーションが生まれ、改めて

「きゅうたなべ倶楽部に関わったスタッフの底力」

を魅せてもらうことができた次第です。

一例を紹介すると、

・今まで関わった全スタッフの近況を知らせるメッセージ集
・10周年記念の号外紙「たなべ レ・ビュー(たなべデ・ビューの号外版)」





きゅうたなべ倶楽部10周年記念式典を終えて


きゅうたなべ倶楽部10周年記念式典を終えて










などですが、他にもオープニング映像、来れなかったスタッフインタビューなど、
動画を中心とするコンテンツ面でも様々なコラボが生まれました。


さて、当日の内容ですが、以下のような内容でした。

主催者挨拶  杉岡 秀紀(きゅうたなべ倶楽部 発起人・アドバイザー)
           
祝辞 石井 明三 様(京田辺市長) ※代理:鞍掛 孝副市長 
    田宮 宏悦 様(京田辺市観光協会会長・舞妓の茶本舗会長 )
         
乾杯 上村 崇 様(京都府議会議員)
       

(歓談)

特別企画(映像企画)

お祝いの言葉 尾形 賢 様(京都府議会議員)
           

記念品贈呈(OBから現役スタッフへ)

感謝の手紙(栗栖OBスタッフから田宮会長へ)

感謝状進呈(田宮会長、有地さん) 

送辞 今川 晃 様(同志社大学政策学部長)
         

閉会の挨拶 有地 淑羽(きゅうたなべ倶楽部 市民代表)

           
きゅうたなべ倶楽部10周年記念式典を終えて



きゅうたなべ倶楽部10周年記念式典を終えて



きゅうたなべ倶楽部10周年記念式典を終えて



きゅうたなべ倶楽部10周年記念式典を終えて



きゅうたなべ倶楽部10周年記念式典を終えて



きゅうたなべ倶楽部10周年記念式典を終えて











上記キーパーソンの皆さんから温かいメッセージをいただけたことも嬉しかったのですが、
それ以上に

「オールきゅうたなべ倶楽部コミュニティ」

が一同に介し、顔を合わせ、ミッションを再確認しながら、共通の時間・空間を過ごせたこと。

このコミュニティの存在そのものが今までの全ての実績であり、また今後の可能性を示していたと思います。



なお、上記でお名前をご紹介した方の他にも

・京田辺市議会議員さん
・京田辺市職員さん
・同志社関係の皆さん(元総務部長)
・地域団体の皆さん(山城松明講社)
・NPOの皆さん(まちづくり市民ネット京田辺、京田辺シュタイナー学校、地域情報支援ネットなど)
・経済界の皆さん(株式会社ニチダイ、京田辺商工会、ファイトクラブ三山木、NPCコーポレーション、かね井染織など)

などなど産学公NPOのセクターを越え、沢山の方にご参加頂きました。

またこの他にも、当日のご参加は適わなかったものの、
沢山の祝電やお祝いのお手紙、お花も頂きました。

この場をお借りして、改めて感謝申し上げたいと思います。


ともあれ、10年一区切りではありますが、きゅうたなべ倶楽部のミッションはまだまだ完結しておりません。

私自身もまさにこの発起人としてOBとして、また一教員として担っていく部分もありますが、
ぜひ10年を総括しながら、次の10年を後輩たちに担っていってもらればと思っています。


このきゅうたなべ倶楽部はまちづくり団体でもあり、ひとづくり団体でもあります。

その意味では、これからも

「大学のあるまちから、大学のまちへ」

「きゅうたなべ倶楽部は一つの学校である」

というスローガンを大事にしながら、そして、
まちの皆さんを師に仰ぎながら、また時にパートナーとして組みながら、ぜひ

「教育の社会力と社会の教育力」

を媒介し続けてもらいたいと思います。


平成25年9月1日

杉岡 秀紀


同じカテゴリー(杉岡日記より)の記事
2017年my10大ニュース
2017年my10大ニュース(2017-12-31 00:00)

他流試合の効用
他流試合の効用(2017-09-06 00:00)

2016年10大ニュース
2016年10大ニュース(2016-12-31 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。