プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2014年05月02日

【書評】「ザ・チーム」

齋藤ウィリアム浩幸『ザ・チーム』日経BP、2012

【書評】「ザ・チーム」








「チームの不在が、日本の一番の問題(It's the team stupid!)」(p.9)
「21世紀は巨大な組織に代わり、チームが主役になる時代」(p.46)
「日本には(中略)、立派な組織がたくさんあるが、それらはグループであって、チームでない」(p.110)
「日本人がチームを組めないのは、何も教育だけの問題ではなく、価値観を含めた社会構造に問題がある」(p.118)


著者の齋藤ウィリアム浩幸氏は日系の起業家。

飛び級、医学部卒業、10代で起業、幾度に渡る大きなビジネスの成功と失敗を経験され、
現在は日本の政府、企業、大学等でこの問題意識を投げかけれます。

日本と米国の両方知っておられる立場として、わが国を主観的にも客観的にも
見た視点でもあることにポイントがあります。

ところで、チームとグループとの違いとは一体なんでしょうか。

齋藤氏は以下のように説明します。

・チーム:互いに助け合い、補うことで目標が達成されることをメンバーが理解している集まり(p.132)
・グループ:あらかじめ決められた目標を遂行するために集められる集まり(p.131)

これだけではまだよく分からないかもしれません。

さらにチームの特徴を齋藤氏の発言から引用してみましょう。

「日本の組織(グループ)には多様性が欠けている。(中略)同質化した集団は、キャッチアップする時代には向いていたが、
イノベーションで闘っていかなければならない今のグローバルな世界には向いていない」(p.105)
「チームの前提条件は、お互いの弱みを知っていること」(p.126)
「チームを作ろうと思えば、自分と反対の人間をパートナーに選ぶ」(p.129)
「チームは失敗を許容する」(p.139)
「イノベーションはチームが担う」(p.156)
「6〜8人がチームとして最適規模」(p.128)


つまり、

「多様化」「弱点を知っている」「リーダーと自分と反対のパートナー」「失敗を許容」「6〜8人」

がチームのキーワードであり、これらのキーワードがあるのがチームであり、ないのグループ、分類します。

この定義に従えば、日本では「チームワーク」という言葉があるものの、もしかするとそれは
「グループワーク」かもしれない、ということですね。

この説明だけだと、まだ「?」と思われるかもしれません。

しかし、アップルやマイクロソフトにしかり、フェイスブックにしかり、日本で言えば、ホンダにしかり、ソニーにしかり、
チームで成功した企業にはこれは共通して存在することが分かります。

そして、私の分野に引きつけて言うならば、特徴あるまちづくりや自治体づくりをしているところにも、
経験則や実感も踏まえても、これは当てはまるように思います。

それでは、チームの重要性は理解したとして、具体的に個人としては何に留意したら良いのでしょうか。

齋藤氏は以下の3つを提言します。

①正しい問題を設定する能力(WHY思考、定義する力)
②広く浅い知識(=教養)
③幅広い人的ネットワーク


どれもどこかで聞いたことがある、シンプルな要素ですよね。

これは大学時代でも、社会人でも、いつでも意識さえすれば、
十分身につけられるものばかりです。

しかしながら、

「集団における既成の組織力が驚くほど強く、いったん組織の変更は、集団の崩壊なしには不可能である」(『タテ社会の人間関係』)

と言ったのは、文化人類学者中根千枝氏でしたが、約半世紀前立っても、
日本はまだグループが多いということは、やはりまだまだ構造的な壁があるということです。

今回も問題意識は共有できたとしても、言うは易く、行うは想像以上に難いことでしょう。

資源は有限ですが、課題は無限の日本。

そのために現在超えなければならない課題は山積ですが、まず自ら一人ひとりが

「目の前の組織をグループ重視からチーム重視に」

いかに視点を変えられるかということが大事になりそうです。


平成26年5月2日

杉岡 秀紀 記

同じカテゴリー(大学生に薦めたい一冊)の記事
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。