プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2014年05月05日

氷見視察①:五箇山視察

GW最後は氷見視察に来ました。

なぜ氷見なのか?

それは、こちらのニュースにヒントがあります。

http://prw.kyodonews.jp/opn/release/201404240175/

つまり、

・高校など廃校の跡地利用・有効活用(公共施設のリノベーション・行財政健全化への貢献)
・庁舎のフューチャーセンター化(市民参加型のまちづくり)


を同時に達成し、

「ここでしかできないオンリーワンなまちづくり」

を展開されてようとしているのです。

この情報はたまたまfbで送って頂いた、昔からNPO業界でお世話になっている方からの情報提供で知りました。
(いつのまにかにNPOの方から公務員にキャリアチェンジをされていました。これもこれでまた掘り下げたいテーマです笑)

ちなみに氷見は、

「忍者ハットリ君に出会えるまち(商店街)」

http://fuzikoworld.com

で有名なまちでもあります。

というのも、ハットリ君の生みの親である

「藤子不二雄A」

さんの生家がここ氷見にあるのです。

鳥取県は境港市を知っておられる方は

「水木しげるロード」

を思い出すかもしれません。

その意味では

「商店街活性化のまち」

としても面白いまちですね。


また、氷見は

「海越しから立山連峰が望める絶景スポットのまち」

で有名なまちでもあります。


ただ、氷見はまだ着いたばかりなので笑、
今日は途中で訪れた氷見から一時間ばかり南に行ったところにある

「五箇山の菅沼合掌造り集落」
http://www.kitokitohimi.com/tourism-guide/view/viewpoint.html


氷見視察①:五箇山視察

氷見視察①:五箇山視察

氷見視察①:五箇山視察

氷見視察①:五箇山視察

氷見視察①:五箇山視察

氷見視察①:五箇山視察

氷見視察①:五箇山視察

氷見視察①:五箇山視察

の様子をお届けします。

この合掌造り集落は8戸だけなのですが、1995年に、岐阜県白川村の萩町集落、平村の相倉集落とともに
ユネスコの世界遺産の「文化遺産」に指定されたものです。

もう約20年になるのですね。

日頃京都にいるものとしては、

「富山の美山町」

と思わず表現してしまうのですが、とても美しいまちでした。

世界遺産の条件は、


1.人類の創造的才能の傑作を現すものであるか。

2.ある期間を通じ、またはある世界の文化上の地域で、建築、記念碑的芸術、都市計画あるいは景観デザインの発展において、人類の価値の重要な交流の過程を示すものであるか。

3.いまも生きているか、あるいはすでに消滅した文化的伝統や文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠となるものであるか。

4.人類の歴史上の有意義なステージを例証する、ある形態の建造物、建築物の秩序ある集合、または景観の顕著な例であるものであるか。

5.ある文化を代表するような伝統的集落または土地利用の顕著な例であり、特に元に戻ることができないような変化の衝撃によって、すでに価値を損ねやすい状況に至っているものであるか。

6.世界的に著名な事件・伝統・思想・信仰・芸術作品・文学作品と密接に関係するものであるか。

そして、最後は

「真正性(authenticity)」

が問われるですが、一つ一つなるほど、と思うばかりでした。

写真にはありませんが、ライトアップや雪景色もきれいでした(ポスターで確認)。

そして、お食事処・お土産屋さん・茶寮などで観光と生活が密着している点や、
公衆トイレ、公衆トイレ、消火栓、駐車場などが全て景観に合う色あいに統一されていた点など、
素晴しいな〜と勉強になりました。


もちろん個人的には温泉もポイントアップでした笑。

というわけで一日目のレポートはこの辺りで。


平成26年5月5日

杉岡 秀紀 記

同じカテゴリー(杉岡日記より)の記事
2017年my10大ニュース
2017年my10大ニュース(2017-12-31 00:00)

他流試合の効用
他流試合の効用(2017-09-06 00:00)

2016年10大ニュース
2016年10大ニュース(2016-12-31 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。