プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2014年05月07日

氷見視察③:視察&オーシャンツーリズムのススメ

最近

「クールジャパン」

という言葉をよく聞くようになった。

その前は、

「ジャパニメーション」

という言葉をよく聞いていたと記憶する。

そういえば、この前イギリスの大英博物館に訪れたときも日本コーナーは

「漫画」

が一番目立つ形で紹介されていた。

とにかく日本のアニメはもはや、

「anime」

となり、

「かわいい(kawaii)」

も世界共通語になった。

また、日本の最大の輸出コンテンツ産業にもなった。


そんな日本のアニメの先駆者となったお一人に

「藤子不二雄」さん

がいる。

正確には今回取り上げるのは、お二人のうち、藤本弘(のちのペンネーム 藤子・F・不二雄)さんではなく、

「安孫子素雄(同 藤子不二雄Ⓐ)」

の方だが、我孫子さんがお生まれになったのが、実はこの氷見なのである。


ということで、現在氷見市に行くと、藤子不二雄Ⓐ氏の足跡(正確には作品跡)がたくさんある。

たとえば、藤子氏がお生まれになった(住職の息子さん。しかしつがなかった)

「光禅寺」

氷見視察③:視察&オーシャンツーリズムのススメ

このお寺では、入り口では分からないが、入ってすぐに藤子さんの作品(息子たち!)の

・忍者ハットリ君
・怪物君
・プロゴルファー猿
・笑うせぇるすまん


がお出迎えしてくれる。

まるで墓石のようだが、もちろん実在の人物ではないので、お墓ではない笑。

氷見視察③:視察&オーシャンツーリズムのススメ


そして、商店街に繰り出すと、これらのキャラクターがカラーで等間隔で登場。

氷見視察③:視察&オーシャンツーリズムのススメ

氷見視察③:視察&オーシャンツーリズムのススメ

氷見視察③:視察&オーシャンツーリズムのススメ

しまいには、郵便ポストの上やガレージ、看板(巨大壁画)や待ち合わせ場所でも発見できる。

まさに

「商店街まるごと藤子ワールド」


氷見視察③:視察&オーシャンツーリズムのススメ

氷見視察③:視察&オーシャンツーリズムのススメ

氷見視察③:視察&オーシャンツーリズムのススメ

氷見視察③:視察&オーシャンツーリズムのススメ

余談だが、やんちゃな子が書いたらどれだけ上手くても落書きとして怒られるが、
これを芸術家や芸大生が書けば

「アート」

として褒められ、商店街アートとなる。
(ダンスもホールの中で踊ればアートになるが、外で踊れば警察などに怒られる)

また「潮風ギャラリー」というところでは、原画の常設展やトキワ荘の復刻部屋、漫画閲覧ルームなども用意されており、
観光の拠点となっていた(大人200円)。

氷見視察③:視察&オーシャンツーリズムのススメ

http://fuzikoworld.com/?page_id=28

ここでふと比較してしまうのが、ゲゲゲの鬼太郎は水木しげるさんで大成功した

「鳥取県境港市」。

境港には2、3年前視察で訪れたが、とにかくシャッター商店が一つもなく、
逆にどの店もゲゲゲグッズで商売繁盛している様子であった。


つまり、境港にあって、残念ながら氷見にないものが

「活気=人=観光客の数」

おそらく藤子不二雄さんのファンや漫画家志望の方はこちらにも多く来ていると察するが、
それだけではやはり盛り上がりが足りなさを感じてしまった。


そこで、逆にこの藤子ワールドだけで観光を考えるのではなく、昨日紹介した

「フューチャーセンター庁舎」

との融合した政策(戦略)をここでは提案したい。

つまり、

「視察ツーリズム」

の提案である。

このモデルはすでに武雄市(年200件の視察)で実証されているが、

「市役所に視察来てもらい、泊まってもらい、ついでに温泉に浸かってもらい、
地元でお酒も飲んでいただき、お土産も買って帰ってもらう」

という逆転の発想の戦略である。

一回の視察が平均3人として、一人が交通費を入れて5万円まちに落としてくれれば、

@50,000円×3人200回=30,000,000円

の経済効果となる。


ちなみに、私は今回の視察調査で

・ルートイン和蔵の宿(http://www.hotel-grantia.co.jp/himi/
・ラ・セリオール(http://la-seriole.net


という宿泊施設に泊まったが、どちらも温泉(露天風呂)付きで、また海の幸もおいしかった。

また、海からの立山連峰、朝焼け(日の出)は海のまちならではの最高のぜいたくさを味わえる。

氷見視察③:視察&オーシャンツーリズムのススメ

氷見視察③:視察&オーシャンツーリズムのススメ

さらにその海側には、

「ひみ番屋街」

氷見視察③:視察&オーシャンツーリズムのススメ

という道の駅があり、ここでは

・温泉あり
・足湯あり
・回転寿司あり
・フードコートあり
・物販あり
・屋台あり


と一石六丁くらいの仕掛けがあった。つまり、ここにはすでに氷見のにぎわいの成功(先行)モデルがあり、
あとはこうした点と点をつなげ、面にする努力をすればいいのだ。


観光の成功ポイントは

・思い出
・おもてなし
・おもてなし
・おいしい
・おっ!(サプライズ)



「5O(GO!)」

だと私はかねてより申し上げてきた。

そして、その質を挙げれば挙げるほど、

「いちげんさんのリピーター化、またリピーターのファン化」

が可能になる。

今までの成功事例の真似をしただけでは、二番煎じになるが、

「組み合わせ方を変えればそれは新しい提案」

に変わる。


>旅行会社の皆さま

笑うせぇるすまんになりたかったら、

「視察&オーシャンツアー」

がブルーオーシャンかもですよ!

ニンニン笑。


平成26年5月7日

杉岡 秀紀 記

同じカテゴリー(杉岡日記より)の記事
2017年my10大ニュース
2017年my10大ニュース(2017-12-31 00:00)

他流試合の効用
他流試合の効用(2017-09-06 00:00)

2016年10大ニュース
2016年10大ニュース(2016-12-31 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。