プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2014年06月15日

【書評】『人と街の未来をつくるワークブック』


今川晃 監修『人と街の未来をつくるワークブック〜そろそろこの街の話をしようじゃないか〜』草津市コミュ二ティ事業団、2014


【書評】『人と街の未来をつくるワークブック』

「写真集×小説×漫画×教科書×ワークブック」

まちづくりでこんな本は作れるだろうか?

答えはイエス。

感想は。

「待ってました!」
「やられた!」


の二言。

まちづくりに携わって10数年。こんな本の誕生を待っていた。

そして、こんな本を書きたかった。


内容を少しご紹介しよう。

本書は

①観察する力を養う
②考察する力を養う
③解決する力を養う

の大きく3部構成となっている。より細かく言えば、

①資料の棚卸し:見る・感じる
②資源の分析:知る・考える
③ステークホルダーとの強化:つなぐ
④計画の作成:つくる
⑤計画の実施:やってみる
⑥評価:見直す


という構成で、いわゆる

「まちづくり、コミュニティデザインのサイクル(順番)」

が分かる仕掛けとなっている。

近年は

『コミュニティデザイン』(山崎亮、学芸出版社、2011)
『ソーシャルデザイン実践ガイド』(筧裕介、英知出版、2013)
『ソーシャルデザインの教科書』(村田智明、生産性出版、2014)


などこの分野の実践本も多く出版されてきたが、ここまでユーザーサイドかつシンプルな本はなかった。

まずタイトル(コピー)がいい。

「そろそろ、この街の話をしようじゃないか」。

寺山修司の『書を捨てよ。町を出よう』やマイケル・サンデルの『これから正義の話をしよう』を彷彿させる、
強烈なインパクトである。

次にページの至るところで登場する詩や映画、本の引用がいい。
通常の学術本であれば、小難しい本ばかりが並びがちだが、ここでは、

『限界集落株式会社』
『県庁おもてなし課』
『星の王子様』
『サザエさん』
『博士の愛した数式』


など身近、イメージが湧きやすい本からのメッセージがうまいことスパイス味となっている。

そして、にくいのが

・付録としての用語集
・各章に出てくる「コピーしてお使いください」のワークシート
・分かりやすい4コマ漫画


の存在。この工夫により、

「難しいことを易しく、易しいことを楽しく」

という思いが倍増している。

入門書として、教科書として、副読本として、ハンドブックとして、活用方法は色々であろう。
教養書という読み方もできるかもしれない。

ただ共通しているのは、この本は

「読むというより、「使う」ことの方が大事」

ということ。

現在の状態では完結せず、まさに

「余白の本」
「伸びしろのある本」


である。

なぜなら、この本の本当の著書あるいは共著者は、この本を手に取った読者だからである。

「まちづくりの主人公は市民、まちづくりの主役は市民」

と言われて久しい。

そろそろこの話を現実感を持って話をしても良い頃である。


同じカテゴリー(杉岡日記より)の記事
2017年my10大ニュース
2017年my10大ニュース(2017-12-31 00:00)

他流試合の効用
他流試合の効用(2017-09-06 00:00)

2016年10大ニュース
2016年10大ニュース(2016-12-31 00:00)

この記事へのコメント
Happy birthday 杉ちゃん♪
元気かな?

健やかに朗らかに、
今までも、これからもずっと、、。

またいつかどこかで、ね!
Posted by 水の結晶 at 2014年06月17日 00:34
水の結晶さん

ありがとうございます。

デビューしたのがちょうど24歳だったので、もうあれから10年なのですね。

表に出ることはありませんが、メンバーとは仲良くやってます。

また、作詞では毎年1曲くらいは社会に貢献しているつもりなので、今後もチャンスがあれば、作詞はチャレンジしたいと思っています。

ともあれ、お祝いメール感謝いたします。

すぎおか背
Posted by 杉岡 秀紀 at 2014年06月17日 01:21
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。