プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2015年12月23日

2015年my10大ニュース【7位】

【7位】与謝野町の「まち・ひと・しごと創生有識者会議」への参画

2013年末のいわゆる「増田レポート(ショック)」を受け、全国的に

「消滅可能性自治体」

という言葉が広がり、2014年は

「地方創生」

国会となりました。

そして、2015年はその国の方針に基づき、全国の自治体で

「まち・ひと・しごと創生総合戦略及び人口ビジョン」

を策定することとなりました。

この流れや地方創生そのものへの批判も根強く、私も一家言あるのですが、ここではそれは割愛します。
(せめて「地域創生」と名付けて欲しかったですね)

ともあれ、このような流れの中で地域政策、自治体政策に関わるものとして、今回は3つの自治体から協力の依頼を頂きました。

これ自体はありがたいことです。

しかし、その進め方や考え方をめぐって結局お仕事として唯一引き受けることにしたのが、

「与謝野町」

です。

与謝野町は元々は3つのまちが合併したまちで新しい町であるのですが、その名のとおり、
与謝野晶子・与謝野鉄幹など与謝野家とゆかりのあるまちです。

古くは絹織物業が栄え、「ガチャ万」という言葉が今でも残っているくらい、
織物業で栄えたまちでもあります。

ただし、ご多分に漏れず、人口減少の風はやまず、現在の人口は約26,000人。
京都北部でも下から3番目に人口が少ないまちとなっています。

ただし、そうした中でトップが若返りました。

現在の町長は私より若い30代前半の山添藤真町長。
フランスの大学を出ただけあり、非常に視野が広い。
何より創造的な思考の持ち主です。

そうした若い町長の誕生を受け、少しずつ役所の仕事スタイルが変わってきた感があります。

上(国や府)、横(自治体)、あるいは過去(前例)を見て仕事をする「守り」ではなく、
住民を見て、外との風通しもよくし、なにより未来を見て仕事をする「攻め」のスタイルや言語、思考、
そして行動に変化している実感があるのです。

なので、今回私もこの首長さん、職員さん、そして住民の皆さんであれば、パートナーを組める、
むしろ、組みたいと思い、有識者会議の座長をお引き受けしました。

委員は9名。当て職ではなく、なるべく若く、年齢バランス・男女バランスも考えて頂くとともに、
何よりまちを本気で思う人に集まってもらいました。

http://www.town-yosano.jp/wwwg/info/detail.jsp?common_id=284089

有識者会議は全部で8回開催しました。
最低月1回、多い時で月2回集まって頂き、熟議を重ねました。

私が会議で貫いたポリシーは以下の5点です。

①結論ありきの会議はしない。参加型、WS型で熟議を重ねる。
②完全公開とする。結果はすぐに公表する。
③オブザーバーも含め外部の声も入れる。
④座長はコーディネーター役に徹する。主役は委員、市民の皆さん。
⑤何より楽しむ。


いつも7時半からの委員会なのですが、議論が白熱し、予定時刻である9時半には終わらず、
11時過ぎまで議論したことも多々ありました。

しかし、何と言うんでしょうか、いつも

「気持ちの良い疲れ」

を感じながら、通っていた記憶があります。

というわけで長くなりましたが、その成果物が下記の戦略になります。

http://www.town-yosano.jp/wwwg/info/detail.jsp?common_id=296738


メインタイトルもサブタイトルもオリジナル満載です。
(事務局はほとんど執筆していていません)


ただし、重要なのはこれからですね。

プランで終わっては元も粉もありませんので。

2016年はアクション(トライ&エラー)のお手伝いになりそうです。

2015年my10大ニュース【7位】

同じカテゴリー(杉岡日記より)の記事
2017年my10大ニュース
2017年my10大ニュース(2017-12-31 00:00)

他流試合の効用
他流試合の効用(2017-09-06 00:00)

2016年10大ニュース
2016年10大ニュース(2016-12-31 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。