プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2016年02月27日

【書評】筒井洋一ほか『CT-授業協力者-と共に創る劇場型授業』

筒井洋一ほか『CT-授業協力者-と共に創る劇場型授業―新たな協働空間は学生をどう変えるのか-』東信社、2015。

http://www.amazon.co.jp/CT-授業協力者-と共に創る劇場型授業―新たな協働空間は学生をどう変えるのか-筒井-洋一/dp/4798913251/

「CT」

と聞いたら何を思い浮かべるだろうか?

普通は、病院の検査で使われる断層撮影の

「CT(Computed Tomography)スキャン」

だろう。答えは当然違う。

本書で言うCTとは

「Creative Team」

の略で、タイトルにあるとおり「授業協力者」のことである。

しかし、CTスキャンは全く関係ないと言えば、そうではない。

もし

「外見上見えなかったものをCTスキャンすれば見えるようになる」

のであれば、この言い回しに主語として

「大学の専任教員が」

を足せば、意味としては決して遠くないのである。

偶然ではあるが面白いコトバの一致である。


本書の解説に戻ろう。

本書のタイトルにはもう一つ聞き慣れない単語が出てくる。それは

「劇場型授業」。

劇場型と言えば、小泉政権時代の政治手法で有名になった言葉である。

この解説は辞めておくが、確かににこれに近い部分もあり、他方違う面もある。

ともあれ

「通常の講義とは違う」

という含意が大切である。



「教員一人で授業を創るのではなく、学生を含めて他の人と一緒に創ればいい授業が創れるのではないか」(p.11)

これがこのCTと共に創る劇場型授業が生まれるきっかけとなった筒井氏の仮説である。

その背景には一方通行で教員のためにも、学生のためにもなると思えない講義への不満や
アクティブラーニングを取り入れても学生による出欠のまばらさにより前後の学びがつながらないジレンマがあった。
そして、

「今日、知は大学に限らず、企業、NPO、市民などへと広がり、知の提供者はかつてと全く異なって来ている。
大学の教育や研究に貢献する非常勤講師や研究員などを見れば分かるように、研究者以外、企業、NPO、市民などが
大学の知の一翼を担っており、教員のみが教育、研究を担う訳ではない」(p.13)


これが筒井氏がCTと共に創る劇場型授業を実施した意義である。
一言で言えば、昨今よく聞くようになった

「ティーチング(教授)からラーニング(学習)へ」

という時代に流れにぴったり重なる。

しかしである。今回の筒井氏らの実践が他のいわゆるアクティブラーニングとは、

・科目責任教員はほとんど講義をしない。
・金銭関係でもなく、上下関係でもない、ボランティアがCT(授業協力者)となっている。
・そのCTは大学教員ではなく、大学生や大学院生、社会人などいわゆる大学教員ではない人たちである。
 またそのCTは固定メンバーではなく、半期ごとに変わる。
・講義は完全公開であり、CT以外に授業見学者が毎回存在する。またその中には講義にも参加する者もいる。
・講義の終わりには必ずFB(フィードバック)会が開かれ、すぐに軌道修正がなされる。

の5つの点において少し違う。いわゆる普通のアクティブラーニンングは
「アクティビティ・ラーニング」になりがちな中、全く別のベクトルでのアクティブ・ラーニングに挑戦しているのである。

つまり、そこには通常のTA(ティーチングアシスタント)やSA(スチューデントアシスタント)
とも全く違う授業協力(参加)のあり方が成立している。

あえて、本書の言葉も使いながらまとめるならば、

①(講義)時間
②(講義)空間
③(講義)主体
④(講義)手法

を180度変え、全く予想もつかないような講義を展開していると言えるだろうか。

筒井氏は言う。

「教育の未来を考えた場合、これまで常識だった基本要素がすべて変容していく」(p.191)

と。

詳しい方法論や実際にCT・授業見学者の声は本書に譲るが、確かにこの方法には未来が見える。

あとは気づいた人がどれだけ現場で実践できるか、拡げるかである。

また、この波は大学に収まらず、早晩中等教育にも波及するだろう。

ともあれ、変わるなら今ではないだろうか。

時代の変化のうねりのタイミングに変わらなければ、あとは淘汰されるのみである。


(参考)目次
第1章 共感でつながるオープンな大学の教室(大学の教室(授業)の現状と課題とは何か?
   課題から見えてきた新たな授業スタイル)
第2章 学生が学びたくなる授業の工夫(授業の秘密を解き明かす
   授業に関わるステークホルダーの役割と機能)
第3章 アクティブ・ラーニングを促進する新しい学習評価(第三者による対話型リフレクション
   学びの意識と学びの場を改善するリフレクション
   次につながる主体的な学びを促すリフレクション)
第4章 劇場型授業スタイルと未来の教育への萌芽(劇場型授業スタイルの概念
   筒井実践の課題と可能性―大学教育のイノベーションに繋げるために
   劇場型授業の可能性とそれを支える枠組み)


平成28年2月27日
杉岡 秀紀 記


同じカテゴリー(大学生に薦めたい一冊)の記事
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。