プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2016年04月07日

【書評】佐藤智恵『ハーバードでいちばん人気の国・日本』

佐藤智恵『ハーバードでいちばん人気の国・日本』PHP新書、2016

http://www.amazon.co.jp/ハーバードでいちばん人気の国・日本-PHP新書-佐藤-智恵/dp/4569827276/

4年前に出版された北川智子氏の『ハーバード白熱教室』にも重なる内容であったが、北川本が文学あるいは人文社会科学からの日本アプローチとすれば、
今回の佐藤本は経営学、社会科学からの日本アプローチであった。

http://www.amazon.co.jp/ハーバード白熱日本史教室-新潮新書-北川-智子/dp/4106104695/

より正確に言えば、北川本では「KYOTO」という講義への注目であったが、佐藤本は様々な「日本企業」あるいは経営者への注目と注目点は全然違う。
しかし、不思議にも通底する共通性の方が多く感じた。

いずれにしても、古くは松下・ソニー・ホンダ・トヨタ、近年ではテッセイ・楽天・グリーなどハーバードの先生方の関心が尽きないことは良いことです。


ま、結論としては、筆者である佐藤氏の主張は終章にある

「日本人が気づかない「日本の強み」を自覚せよ」

この一言に尽きるのだろう。


最後に、筆者である佐藤氏自身のキャリアも

「大学卒業後、マスコミ→米国の大学院→外資権コンサル→独立」

とかなり異色で面白い。

こういう面白いキャリアの方なので、また面白い人が芋づる方式につながるのでしょう!


(参考)目次
序章 なぜハーバードはいま日本に学ぶのか
第1章 オペレーション―世界が絶賛した奇跡のマネジメント
第2章 歴史―最古の国に金融と起業の本質を学ぶ
第3章 政治・経済―「東洋の奇跡」はなぜ起きたのか
第4章 戦略・マーケティング―日本を代表する製造業からIT企業まで
第5章 リーダーシップ―日本人リーダーのすごさに世界が驚いた
終章 日本人が気づかない「日本の強み」を自覚せよ

平成28年4月6日
杉岡 秀紀



同じカテゴリー(大学生に薦めたい一冊)の記事
この記事へのコメント
日本はそれほどすごいのですね。
OECDの調査等では、日本の子どもの学力低下が著しいと言われて久しく・・・だけど、そんなものでは測れないところでの日本人の素晴らしさ有能さが、きっとあるのでしょうね。

さて。
先の地震での被害、お母様のご実家は大丈夫だったでしょうか??
奥様も九州の方だったような??
大分も甚大な被害に遭っているので、観光客がめっき減っているようです。
だからか、最近は別府周辺の観光地のCMがばんばん流れています。
Posted by asuka at 2016年04月25日 23:59
asukaさん

コメントありがとうございます。

大分と熊本、福岡は、母の実家や親戚が多く、だいぶ心配したのですが、お陰さまで大きな被害には遭わなかったようです。

ただ、地震が断続的に続いておりますので、気が休まりませんよね>_<

ともあれ、ご心配ありがとうございました。

杉岡
Posted by 杉岡 秀紀杉岡 秀紀 at 2016年05月01日 23:32
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。