プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2016年07月07日

藤田孝典『貧困世代ー社会の監獄に閉じ込められた若者たちー』

藤田孝典『貧困世代ー社会の監獄に閉じ込められた若者たちー』講談社現代新書、2016。

https://www.amazon.co.jp/貧困世代-社会の監獄に閉じ込められた若者たち-講談社現代新書-藤田-孝典/dp/4062883589

2015年に『下流老人』を書いて20万部を越えるベストセラーになった藤田氏による書。ほぼ同年代ということもあり、一つひとつの言葉が響いた。

タイトルを見れば一目瞭然であるが、前著に引き続きショッキングなタイトル、また内容であった。

しかし、これが少数の人間の問題では済まなくなり、悲しいかな、もはや社会として多数の構造的な問題になってしまっているのが日本の現実である。

というのも、藤田氏が指摘するように、都市部の高齢者であれば、ヘルパー、デイサービス、デイケア、ショートステイ、緊急通報システム、訪問看護、特別擁護老人ホーム、有料老人ホームなど、福祉メニューは社会資源は豊富にある。

しかし、若者支援のメニューは本当に少ない。藤田氏が強調する

「監獄に閉じ込められた悲劇」
「結婚、子育てはぜいたくというのが貧困世代のホンネ」
「日本では若者を育てられない」

と評するのも決して大げさではなく、とにかく若者への福祉政策、支援は緊急度かつ重要度が高いテーマと言える。

また、その原因として「よく語られる5つの若者論の誤り」が紹介されていたが、
我々若い世代同士でももしかすると誤解している節があり、ぐさっとくる。

①働ければ収入を得られるという神話(労働万能説)
②家族が助けてくれているという神話(家族扶養論)
③元気で健康であるという神話(青年健康説)
④昔はもっと大変だったという時代錯誤的神話(時代比較説)
⑤若いうちは努力をするべきで、それは一時的な苦労だという神話(努力至上主義)

最近は18歳選挙権とか、シルバー民主主義是正の議論が喧しいが、
この現実を知れば、相対的にも絶対的にもこの問題を考える価値がいかに高いかが分かる。

このまま放置すれば、日本は

「子どもの貧困→貧困世代→下流老人」

という連鎖に陥る人が溢れ、国レベルでイギリスでいうEU脱退やアメリカでいうトランプ候補の台頭
といったことも起きかねない(実際もうそうなりつつあるかもしれないが…)。

災害と同じく起きてからでは遅い。

ぜひ後始末的な対応ではなく、始末的な対応が今必要である。


平成28年7月7日

杉岡 秀紀 記



同じカテゴリー(大学生に薦めたい一冊)の記事
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。