プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2016年07月16日

堤未果『ルポ貧困大国アメリカ』

堤未果『ルポ貧困大国アメリカ』岩波新書、2008。

https://www.amazon.co.jp/ルポ-貧困大国アメリカ-岩波新書-堤-未果/dp/4004311128/

米国では共和党と民主党、英国では保守党と労働党では、掲げる政策や支持層が大きく違う。

米国の大統領候補でドラルド・トランプ氏が支持されているように(なぜか共和党からだが…)、
また英国において国民投票によりEUからの離脱を求める声が残留派を凌駕したように、
近年は特に所得水準の低い国民層や移民や難民の方々に仕事を奪われた層からの怒りに近い声が大きくなっている。

このようにこれまでの「貧困大国」というイメージは主に資本主義や民主主義、(新)自由主義の先進国の問題であった。

下記の目次をざっとご覧頂ければ分かるように、本書でも紹介される米国の事例はその象徴とも言うべき存在であろう。

【目次】
第1章 貧困が生み出す肥満国民
・新自由主義登場によって失われたアメリカの中流家庭
・なぜ貧困児童に肥満児が多いのか
・フードスタンプで暮らす人々
・アメリカ国内の飢餓人口

第2章 民営化による国内難民と自由化による経済難民
・人災だったハリケーン・カトリーナ
・「民営化」の罠
・棄民となった被災者たち
・「再建」ではなく「削除」されたニューオーリンズの貧困地域
・学校の民営化
・「自由競争」が生み出す経済難民たち

第3章 一度の病気で貧困層に転落する人々
・世界一高い医療費で破産する中間層
・日帰り出産する妊婦たち
・競争による効率主義に追いつめられる医師たち
・破綻していくアメリカの公的医療支援
・株式会社化する病院
・笑わない看護婦たち
・急増する医療過誤
・急増する無保険者たち

第4章 出口をふさがれる若者たち
・落ちこぼれゼロ法」という名の裏口徴兵政策
・経済的な徴兵制
・ノルマに圧迫されるリクルーターたち
・見えない高校生勧誘システム
・「JROTC」
・民営化される学資ローン
・軍の第二のターゲットはコミュニティ・カレッジの学生
・カード地獄に陥る学生たち
・学資ローン返済免除プログラム
・魅惑のオンライン・ゲーム「アメリカズ・アーミー」
・入隊しても貧困から抜け出せない
・帰還後にはホームレスに

第5章 世界中のワーキングプアが支える「民営化された戦争」
・「素晴らしいお仕事の話があるんですがね」
・「これは戦争ではなく派遣という純粋なビジネスです」
・ターゲットは世界中の貧困層
・戦争で潤う民間戦争請負会社
・見えない「傭兵」
・一元化される個人情報と国民監視体制
・国民身分証法
・州兵としてイラク戦争を支えた日本人:「これは戦争だ」という実感)

しかし、本書が出た2008年あたりを節目にわが国でも

「子どもの貧困」「貧困の連鎖」「相対的貧困率」「高学歴女子の貧困」「女女格差」「下流老人」「貧困世代」

などの概念が注目され始め、今では6人に1人の子ども(とその親)が貧困状態にある。

つまり、本書の問題意識はもはや「対岸の火事」ではなく、日本そのものがそのような国家になろうとしている、
あるいはもうすでになりつつある

「近未来図」

とも見えなくない。

このことは決して、20世紀の国民総中流時代に戻ろうとか、共産主義を今更礼賛する訳でない。

しかし、自由主義・民主主義・自由主義をただ市場に任せるだけでは、どうしてもそこに乗り切れない層が出てしまう事実を
どう考え、どう乗り越えるのか、といういわば

「スタビライザー」

を本気で考えないと、まさに

「明日は我が身」

になりかねない(いや、残念ながらもう片足くらい突っ込んでしまっている)。

そして、そのことが国民を2分するような大きなうねりになる可能性も否定できない。

万能ではない自由主義・民主主義・自由主義を少しずつ修正し、誰もが安心して生きられる社会を日本は目指さないといけない。

その要が政治であり、それを決めるのは国民一人一人である。

18歳選挙権が実現した今だからこそ、わが国も若者からお年寄りまで、まさに国民がよってたかった智慧を絞り、
貧困大国にならないための方策を考える時期に来ている。

平成28年7月16日

杉岡 秀紀 拝




同じカテゴリー(大学生に薦めたい一冊)の記事
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。