プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2016年11月13日

「職業=公務員+◯○」を標準モデルに

去る11月11日、長野県塩尻市から塩尻市の職員である

「山田崇さん」

に舞鶴にお出で頂きました。

山田さんはこの業界では有名人で、

「元ナンパ師発の地域に飛び出す公務員」

として全国的に名を馳せた方です。

具体的には、商店街再生のために自らが空き店舗を6つ借り(もちろん私費)、
行政としての商店街政策を有効なものにするために、そのヒントやエビデンスを直接集めつつ、
そこで、市民としての顔で直接実践もしている地域に飛び出す公務員です。
(現在は政府の地域活性化伝道師にも認定)




山田さんとの出会いは今から3年前、2013年の

「日本協働政策学会」
http://www.kyodoseisaku.jp/02/kenkyu.html

でした。私もパネラーとして登壇していたのですが、
確か2日目に講演をされ、その時に

「世の中にはここまで出来る地方公務員がいるんだ」

と衝撃的な出会いをしたことを昨日のことのように思い出します。

そのご縁から翌年2014年には前任校の講師としてお招きし、

「地域に飛び出す公務員セミナー」

http://www.kpu.ac.jp/contents_detail.php?co=ser&frmId=4379

という、京都でも山田さんのような働き方を追求する人を
広めたい、応援したい、という特別企画を作りました。

そして、今年2016年は

「ソーシャルイノベーションサミットー人を巻き込むモテる公務員と未来を創る–」

http://www.city.kyoto.lg.jp/sankan/cmsfiles/contents/0000198/198015/SILK_summit_160716.pdf

ではたまた京都でご一緒させてもらいました。
(良いタイトル付けられましたよね〜)

さて、そんな山田さんをぜひ京都「市」ではなく、京都「府」に呼びたい、いや、呼ぼう!、
というのが11月11日のイベントの概要になります。

「まちづくり=ひとづくり」

と言われて久しいですよね。

だからこそこれまで京都市内で留まっていた超一流の方をお呼びしての企画を府北部で構想し、

「本物に直接触れる、交流する、価値を交換する」

きっかけを創る、というのが私の役割と認識しています。
(山田さんには「こんなに遠いと思わなかった」と言われてしまいましたが笑)

というわけで、ようやく講演内容ですが、山田さん講演から響いた至言は以下のようなものでした。
(中には山田さんが言われた言葉もあります)

「行政をまたない」
「小さいことから始める」
「まずやってみる」
「時間外の意味を考える」
「大事なことは全てナンパから学んだ」
「モテたいから始める」
「目的はあえて決めない」
「一人で円陣は組めない」
「手柄は全部山田くんのもの。失敗したら私のせいにしなさい」
「公務員が元気になれば、地域に元気になる」


これだけ見ても伝わりませんよね?雰囲気を味わいたい方はぜひ下記をご覧ください。
また会う度ごとに進化されていますので、最新の山田さんはぜひ直接お会いしてみてください。

http://logmi.jp/23372

ここで一番注目したいのは

「時間外の使い方」

です。

というのは、ややもすると公務員の世界は

「職務専念義務=兼業禁止」

の思い込み、刷り込みで

「公務員としての自分」

に拘泥し過ぎ、

「二枚目の名刺」

を持つ第一歩を踏み出せていない方があまりにも多いからです。

はたしてこれは政府の

「働き方改革」

や、民間ベースで出てきた

「パラレルキャリア」

の時代にマッチしていると言えるのでしょうか?
公共の世界で言えばこれこそが、これこそが

「地方創生、地域創生」

への最大の一歩になるのではないでしょうか?
このメッセージを山田さんは発しているのです。

しかし、これは実は決して新しい話ではありません。
公務員には3つの顔があると言われますよね?

①公務員
②労働者
③市民

実は、山田さんの活動はこの全ての顔をフルに活用しているだけ、とも言えます。
すなわち、実は

「山田さんこそが標準モデルと見るべきで、山田さんを先進モデルとして見てはいけない」

というのが私の考えです。

というのも、先進モデルと見ている限りは

「あれは彼だからできること」「あれは塩尻だからできること」

と矮小化してしまい、出来ない理由(やらなくても良い)を作ってしまうからです。

事実は逆だと思います。

最小の費用で最大の効果を挙げるためにも、全体の奉仕者として、住民福祉の向上に資するためにも、

「①〜③を意識し、アクションする公務員こそが標準」

と理解すべきと思うのです。

確かに府北部をはじめ、私の周りの公務員の方は

「2枚目の名刺を持った公務員」

が実に多いです。しかし、こういう皆さんは実は役所では変人扱いされたり、
時には冷遇されることもあると聞きます。

ここに風穴を開け、むしろこういう意識を持った方々を標準と捉えられる社会を創りたい。
これが私の今回山田さんを招聘した最大の理由であり、ねらいです。

こういう話をすると、

「自分はPTAや消防団など地域の仕事もしてすでに2枚目、3枚目の名刺を持っている」

と仰る方も多いと思います。それはそれで当然でして、ここでいう2枚目の意味は、
これまでの伝統的な役割や地域の役割に加え、

「その活動を公言し、職場から認められ、まち政策にいかす」
「自治体やまちの枠を越えた活動につなげ、新しいネットワークや風をまちに持ち込む」
「それを匿名ではなく、積極的に名前と顔を出して発信する」

という性格、性質までを帯びたものです。

ともあれ、まだまだ琵琶湖に小石を投げているくらいの取組みですが、
ぜひこの輪を拡げたい、拡げなければ、地方自治の明るい未来はないと思います。

「職業=公務員+◯○」

全国がこんな公務員で溢れれば地域は必ず変わりますよね。

「昔は山田さんとか少数の人の独占物だったけど、今じゃ当たり前だよね」

という台詞であふれる時代が来る日を信じてます。

平成28年11月12日

杉岡 秀紀 拝

同じカテゴリー(杉岡日記より)の記事
他流試合の効用
他流試合の効用(2017-09-06 00:00)

2016年10大ニュース
2016年10大ニュース(2016-12-31 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。