プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2016年11月14日

ルポ「合併しなかった自治体の将来を考えるシンポジウム@産山村」

全体コーディネーターであった故今川晃先生に生前中にグループ討論のファシリテーターを依頼されたご縁で、
去る11月13日に熊本県産山村で開催された「合併しなかった自治体の将来を考えるシンポジウム」に参加してきた。
テーマに興味があることはもちろん、今川先生との約束を果たす意味もある。
ここではそこでの議論を少し紹介したい(14日も開催されたが参加できなかったため一日目のみ)。

13日は市原正文村長による開催の挨拶の後、実行委員長であり、九州大学名誉教授の木佐茂男氏から趣旨説明があった。
木佐教授によれば「合併したまちについてはいくつか論文があるが、合併しなかったまちの検証論文は殆どない。
したがって、その部分を検証する必要がある」という。いわずもがなこれが今回の開催主旨である。

周知のとおり、平成11年4月から平成22年3月までの時限法として施行された「市町村の合併の特例等に関する法律」
に基づき、国は合併特例債や地方交付税の合併算定替えなどの財政支援策をはじめとするさまざまな優遇措置を示した。

この「平成の大合併」により、平成11年には3232あったわが国の市町村の総数は、平成28年現在で1718にまで大幅に減少した。
他方、他市町村との合併を選ばず単独で生きていくことをきめた自治体も多かった。
今回訪れた熊本県産山村も平成15年に単独で生きていくことを決断している。

合併を選ばなければ地方交付税の減少により生き残りは難しいとまでいわれた小規模自治体。
産山村の場合はここにさらに「非合併」という修飾語がつくのだが、合併から13年。
本当に自治体としての生き残りは難しくなったのであろうか?

事実は想定より奇なりである。

産山村村議会議員の渡辺裕文氏及び地元熊本県立大学の小泉和重教授の報告によれば、
産山村におけるこの10数年の財政状況は、歳出規模=拡大、積立金=増加、地方債残高=現象、という結果であった。
つまり、当初の国(総務省)のねらいや懸念と現実は全く違う結果になったのである。
このことは県内の近隣市町村にも同様のことが言え、しかも、合併・非合併の差もほぼなかったという。
あの合併とは一体何だったのだろうか?まさに狐につままれた気分になる。

この後も貴重な報告が続いた。
小泉教授と同じく、地元熊本の大学教員である原島良成准教授からは行政法の専門家の立場からの報告があった。
中でも印象的だったのは、「自治体はつまるところ権力(機構)。その意味で行政と住民は本来距離を置くべき」、
「小さい自治体では職員だけでなく、議員の役割がより重要になる。村民自治の第一義は議会が担うべき」という提案。
確かに地方自治は二元代表制であるので、この議論は理論的、理念的にはよく理解できる。
しかし、実際の住民参加や市民参加の多くは行政が仕掛けるものが多いわけで、翻って、
「行政<議会」で住民参加を進めているという事例はあまり聞いたことがない。
その意味である種で盲点をつかれる問題提起であった。

前半最後は、立教大学の原田晃樹教授からの「コミュニティ・地域活性化の面」からの報告。ここでは「地域活性化は大事。しかし、飽和状態にあるコミュニティの活動にさらにがんばりを強いると悪循環に陥り、
取り組めば取り組むほど疲弊する面にも目を向けないといけない」「リーダー待望論は理解するが、俗人的リーダーは持続可能でない」との指摘があった。
今回のシンポジウムの開催にあたり、先の渡辺議員が取った村民アンケートにも「このまちにはリーダーいない」「産山村の再生にはリーダーが必要」
との意見が多く散見されただけにこの指摘はまさに今後の地域再生、地域づくりの警鐘となりそうだ。

最後はこれらの報告を受け、5グループ(1グループ10人前後)に分かれてのグループ討論を行った。
グループ討論テーマ及びファシリテーターは以下のとおり(筆者はCグループを担当)。

A:合併しなかったちいさな自治体の財政・財務上の課題・悩みは
(増田知也・同志社大学政策学部 助教)
B:ちいさな自治体のよいところを徹底的に洗い出そう
(高木正三・ふるさと食農ほんわかネット・『ドリーム』編集長)
C:地域の暮らしと文化を支える地域共同体をこれからどうするか
(杉岡秀紀・福知山公立大学地域経営学部 准教授)
D:地方創生・ちいさくてもみんながイキイキと暮らせる村づくり
(堀田和之・岐阜県土岐市職員、同志社大学博士課程)
E:震災復旧・復興にかかる連携と課題
(木ノ下勝矢・特定非営利活動法人 レスキュー・サポート九州代表理事)
各グループ報告…16:40~17:05

対話の時間が1時間前後しかなかったため、十分な対話までは至らなかった面もあるが、
最後の全体共有では以下のような意見、提言がなされた。

いずれも重要な視点で、産山村に限らず、1万人未満の小規模自治体、
とりわけ非合併の自治体には通底する内容と言えるのではないだろうか。

(1)産山ではこれからも合併を前提とせず、「小規模自治体」である強みを活かしながら、
  健全な行政運営を維持継続することはもとより、県や他市町村とも連携しながら村民自治、団体自治
  を進化、深化させていくべきではないか?【グループA】。

(2)産山村ならではの良いところである、山、森林、牧場を代表とする「豊かな自然」や、赤牛に代表される「豊かな食」、
 そして何より「豊かな人間関係(村民同士との距離の近さ、役場職員や議員と村民との距離の近さなど)」の価値を再認識し、
 これら地域の宝により磨きをかけていくべきではないか?【グループB】。

(3)がんばる特定の個人や地域、自治体の努力が徒労に終わらないように、地域の課題解決を担うNPOや若者による住民団体と
  積極的に連携しながら新しいスモールビジネスを創出し、まちに雇用と人財を呼び込む仕掛けづくりに励むべき。
  また住民同士が未来を語り合える場をつくり、村民主導により持続可能な地域共同体のあり方も模索し続けるべきではないか?【グループC】。

(4)生き生きとした地域づくりのために、行政は政策づくりのプロセスに必ず「村民参加」の視点を入れ、村民の代表である議
  会とも連携しつつ、「村民ファースト」の政策づくり、そして、人材育成に努めていくべきではないか?【グループD】

(5)先の熊本地震や阿蘇山噴火で培った防災や減災についての教訓やノウハウを日常の生活に活かすとともに、自助・共助・公助の役割分担に
  基づいたコミュ二ティづくりに励むべきではないか?また、この防災、減災の重要性を次代に継承する必要があるのではないか?【グループE】。

ともあれ、合併、非合併にかかわらず、人口減少や少子高齢化、地域産業の衰退、公共施設マネジメントなど、
地域課題は年々多様化、複雑化の様相を呈しており、ここ産山村も例外でない。

ひるがえって、地域の宝をいかして活力のある魅力的な村づくりをいかにして実現していくかを、
地方創生ともからめて「官・学・民」の知識と知恵と体験とを総合して、はばひろく展望する時が来ているとも言える。

その意味で、市町村合併や地域自治に関心を持つ産山村の村民、役場(職員)、議会(議員)、そして全国から研究者が集い、
2日間に渡り、様々な報告や討議、また多様な意見交換が出来た点は有意義であった。

明日はこれらの問題意識を元にさらなる議論が交わされ、最終的には「産山村宣言」としてまとめられた後、
村内外に発信されると聞く。

「スモール(ヴィレッジ)・イズ・ビューティフル」という本を著したのはシューマッハであっただろうか。
まさにこの言葉は産山村にお似合いのスローガンである。

最後になるがこうした概念や価値観、様々な気づきやヒントを教えてくれた産山村の皆さん、参加者の皆さん
そして、何より実行委員長の木佐先生、紹介くださった故今川晃先生に心から感謝申し上げたい。


平成28年11月14日

杉岡 秀紀


(参考)
当日のプログラム
【11月13日(日)】
(1)受 付 13:30~14:00
(2)主催者挨拶 14:00~14:05
(3)シンポジウム開催
① 趣旨説明…木佐茂男(ふるさと食農ほんわかネット・九州大学名誉教授)14:05~14:10
 
② パネルディスカッション…14:10~15:30
ア、 コーディネーター:今川晃(同志社大学教授)
(今川教授が9月24日急逝されたため、実行委員会代表または他の研究者が代行)
イ、 シンポジスト
小泉和重(熊本県立大学教授)…自治体財政からの面
原島良成(熊本大学准教授)…地方政府の自律の面
原田晃樹(立教大学教授)…コミュニティ・地域活性化の面
渡辺裕文(産山村村議会議員)…合併しなかった満足と不満

③ グループ意見交換会
(ファシリテーター=議論を進行・充実させる係を置きます。カッコ内は各グループのファシリテーター)
A:合併しなかったちいさな自治体の財政・財務上の課題・悩みは
(増田知也・同志社大学政策学部 助教)
B:ちいさな自治体のよいところを徹底的に洗い出そう
(高木正三・ふるさと食農ほんわかネット・『ドリーム』編集長)
C:地域の暮らしと文化を支える地域共同体をこれからどうするか
(杉岡秀紀・福知山公立大学地域経営学部 准教授)
D:地方創生・ちいさくてもみんながイキイキと暮らせる村づくり
(堀田和之・岐阜県土岐市職員、同志社大学博士課程)
E:震災復旧・復興にかかる連携と課題
(木ノ下勝矢・特定非営利活動法人 レスキュー・サポート九州代表理事)
各グループ報告…16:40~17:05
 
④ まとめ(総括)…原田晃樹 17:05~17:15

【11月14日(月)】
(1) みんなで語ろう…9:00~10:00
(2) 産山宣言
*11時解散の後、地元ならではのエクスカーション企画。





同じカテゴリー(杉岡日記より)の記事
他流試合の効用
他流試合の効用(2017-09-06 00:00)

2016年10大ニュース
2016年10大ニュース(2016-12-31 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。