プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2016年11月19日

みんな×みらい×みえるまち

ロボット職員 
庁舎不要 
バーチャル授業 
自動運転による
泳げる川
イルカが見える海
草刈りルンバ
芸能人に人気の豆ッコ米 
制服が着物
みんなで子育て・孫育て
高齢者・障がい者という言葉を無くす 
高齢者シェアハウス


これらは全て一つの自治体の職員から出てきた

「24年後のまちの未来像」

である。非常に創造的な視点、アイディアばかりである。

現在、京都府与謝野町では未来思考の面白い動きが起きている。

対象は行政の最上位計画に位置づけられる総合計画づくり。
与謝野町は3町の合併で出来たまちであるが、来年度に第一次総計が終了することを受け、第二次総計では、

①みえるまちのためにつくる(創造的計画)
②みらい志向でつくる(長期的計画)
③みんなでつくる(総合的計画)


という3つのコンセプトで総計づくりを始めているのだ。
(私は総合計画策定アドバイザーとして伴走している)

今年度は③みんなでつくるを実践するために、まずは職員のコアチームをつくるべく、
約30名の若手職員に集まって頂き(町長から正式に委嘱)、

①(自治や最近の手法を)学ぶ
②(未来思考を)体感する
③(当事者意識や能力を)高める


をキーワードに月一回のペースで職員研修を進めている。

①については、先月、市長経験もある福知山公立大学の富野暉一郎副学長から「総合計画と職員参加、住民参加」について、
高知工科大学教授の西條辰義教授から「フューチャーデザインとは何か」について、そして、
issue+designの白木彩智さんから「高知県佐川町におけるみんなでつくる総合計画」の取組みについて学べる場をつくり、
基礎的な情報や方向付けを確認した(私も総合計画と人材育成について少しだけレクチャー)。
佐川町については担当職員のお二人と一緒に現地にも話を伺いに行った。

②については、地元のNPOやファシリテーションに定評がある企業のお力も借りながら、
今月から

「第一次総計の未来志向で棚卸し」

を実践している。

原課かどうかよりも、職員一人ひとりの関心に沿って、そして未来思考で
前期計画、後期計画の全30施策を検証するのが最大のポイントである。
言うまでもなく、未来を構想するためにも、まずは過去から現在をしっかりと見る必要がある。

また、③については年が明けてからファシリテーション研修を組み込んでいる。
これは来年度から、住民参加、協働による計画づくりに進めるために
自治体職員自らのファシリテート能力を高める必要があるからである。

さて、そんな枠組みで進む中で、昨日の研修後の交流会で、職人の何名の方から実に嬉しいコメントを聞くことができた。

「未来思考で議論するのはとにかく楽しい、ワクワクした」
「入庁してからこんな本気でまちのことについて語り合ったことはなかった」
「今の仕事を越えて、自分の想いや考え、アイディアを言える場があって嬉しい」


中には涙目で感想を訴えてくれる職員の姿も。

ここで考えたいのは、この感想が意味することは何かということである。
すなわちそれは、

①職員の多くは自分なりの様々な思いや考え、アイディアがあるにも関わらず、それを表現したり、伝えたりする場が少ないのではないか?
②職員の多くは自らの業務に忙殺され、また目の前の住民の対応、目の前の課題解決をすることだけで妥協的満足しているのでないか?
③職員の多くは志や想いを同じくする仲間が庁内外にいるにも関わらず、課や組織を越えて、つながる機会が少ないのではないか?


とのシンプルな問い、それでいて本質的な問題意識である。

もしそれが現実とするならば、本当にもったいないことだと思う。

職員の人材育成は人事課や職員課マター、またOJTこそが最大の人材育成である、との声が聞こえて来そうであるが、
それはそれで必要として、私言いたいのは、

「まち全体のことを構想するまちづくり条例や総合計画、総合戦略づくりこそ人材育成の最大のチャンス」

ということである。

なぜなら、この計画(条例)づくりこそ、立場や年齢を越えて、対等に議論できる最大のチャンスであるからである。

さらに言えば、過去から現在の時間軸だけで議論すると、どうしても人生の先輩の方が発言力が大きくなりそうであるが、
未来思考の視点を入れることが出来れば、むしろ若い人ほど未来に責任を持って議論でき、全体としてもバランスがよくなる。

そして何より、実践してみて初めて実感できることであるが、

「未来を語ることは楽しく、議論は実に創造的になる」

何事も楽しくないと続かない。
これは趣味でも仕事でも同じである。

ぜひこれからの総合計画等を作られる自治体においては、
楽しい未来をつくるためにも、計画づくりに未来思考と人材育成の視点を入れることをお薦めしたい。

最後にこれは与謝野町だからできるのでは?という質問が聞こえてきそうなので、一言付言をしておきたい。

確かに与謝野町では私よりも若い町長(山添藤真町長)が誕生し、新しい風が吹き始めている。
しかし、私が感じるのは、それはあくまできっかけであり、職員の皆さんこそが
その新町長の志に共感し、むしろ新しい風を吹かしているのではということである。
そして、徐々にだがその風に共感する住民の皆さんの輪も広がりつつある。

こうした動きを1自治体で終わらせるのはもったいない。

すべてはみんなのまち、みらいのまち、みえるまちのために。

平成28年11月18日

杉岡 秀紀





同じカテゴリー(杉岡日記より)の記事
他流試合の効用
他流試合の効用(2017-09-06 00:00)

2016年10大ニュース
2016年10大ニュース(2016-12-31 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。