プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2016年11月26日

京都・あやべスタイルと地方創生

いま綾部に良い風が吹いている。
もちろん風にも「追い風」と「逆風」があり、ただ吹いていれば良いというものでない。
ご多分に漏れず綾部も人口減少の波にさらされている。人口は35,000人を切った(11月1日現在で34,586人)。
その意味においては「追い風」とともに「逆風」も吹いている、というのが正確だろうか。
しかし、明らかに逆風よりも強い「追い風」が吹いているのが私の実感である。

その最新の「追い風」となったのが今月発刊された

『驚きの地方創生〜京都・あやべスタイル』(蒲田正樹、扶桑社新書、2016)

サブタイトルは

「上場企業と半農半Xが共存する魅力」

本からも抜粋しつつ、少し綾部の魅力をフレーズ的に記してみる(本にはないことも記載)。

①京都府最大級の古墳(私市円山古墳)がある(しかも古墳の下に高速が通っている)。
②国宝(聖徳太子開創の光明寺仁王門)がある。
③足利尊氏の産湯に使った井戸がある。
④平家の落人が隠れ住んだと言われる地域(黒谷)があり、和紙が有名である(地元学校の卒業証書も黒谷和紙)。
⑤大本教や合気道の発祥の地であり、精神性が高い。
⑥お茶,お米、イノシシ・鹿などのジビエ、栗や黒豆、北大路魯山人が絶賛した鮎など美味しい食がある。
⑦グンゼの発祥の地であり、現在綾部本社やバラ園、記念苑がある。また、精密ねじのトップメーカー日東精工の本社があるなど上場企業の本社がある。
⑧京セラ、カルビー、住友理工などの全国的にも有名な企業が入る工業団地がある。
⑨FMいかる、あやべ市民新聞など地域に溶け込み、信頼されているローカルメディアがある。
⑩星がきれい。スターウォッチングができる天文館(パオ)もある。
⑪全国に先駆けて「世界連邦都市宣言」をし、現在234都市に広がっている。
⑫2006年に水源の里条例を制定し、日本で一番少ない水源の里4人の古屋の地域づくりは全国的に注目される
(住民現在170自治体が参加する連絡協議会の事務局も担っている)
⑬半農半Xという生き方を提唱した塩見直紀さんがおられ、全国、世界に半農半Xのコンセプトを発信
⑭若い世代や手に職を持ったIターン者がどんどんと転入しながら、新しい地域づくりに励む地域(志賀郷)がある。
⑮「森の京都」の地域として、木材市場や加工場、また小学校の空き校舎を活用した里山交流センターがある。


といった具合である。まだまだあるが、これくらいで十分すごさは伝わると思う。

とかくこうした魅力を全国に発信してくれたのが鎌田さんの綾部本であった。


さて、そんな綾部を舞台に今月23〜25日に総務省の外郭である(一社)地域活性化センターと一緒に

「地方創生実践塾」

https://www.jcrd.jp/index.php?option=com_content&view=article&id=1394:平成28年度第8回地方創生実践塾_京都府綾部市「地域資源を最大限生かした企業・npo・市民・行政協働のまちづくり」&catid=87:practice&Itemid=609

を企画させて頂いた。

主任講師は私が務め、これまでの綾部での演習経験をベースに全国の自治体職員向けにアレンジを加えて、
とかく綾部を5感で触れられる機会をつくらせてもらった(上記で言うと⑥⑦⑨⑫⑬⑮)。

その名(タイトル)も

「地域資源を最大限活かした企業・NPO・市民・行政のまちづくり」

幸いすぐに定員(36名)が埋まり、キャンセル待ちも出た。概要は以下のとおり。

【11月23日(祝・水)】
12:30~13:00 受付(グンゼ記念館)
13:00~13:05 開講式
13:05~13:50 講義1 松原哲也 氏 / 朝子直樹 氏(綾部市職員)
           「綾部の地域振興施策~定住促進と水源の里」
13:50~14:50 フィールドワーク1 グンゼ㈱ 「グンゼ記念館の見学」
14:50~16:00 講義2 塩見直紀 氏(半農半X研究所代表)
           「地域資源の見つけ方/新しいコンセプトのつくり方/情報発信方法について」
16:00~16:45 講義3 杉岡秀紀(福知山公立大学准教授) 「フィールドワークとソーシャルデザイン」
17:30~19:30 交流会 ※山﨑市長も参加

【11月24日(木)】
8:30~ 9:00 講義4 朝倉 聡 氏 「綾部市里山交流研修センターでの校舎活用」
9:15~10:00 講義5 伊東宏一 氏(京都丹州木材協同組合理事長) 「京都丹州木材市場について」
10:00~10:10 フィールドワーク2 同上 「木材せり市(秋の特別市)の見学」
10:50~11:50 フィールドワーク3 山城睦子 氏(黒谷和紙協同組合専務理事) 「『黒谷和紙工芸の里』の見学」
12:10~13:30 昼食
14:00~17:00 フィールドワーク4 渡邉和重 氏(古屋自治会長) 「『水源の里・古屋』の見学と交流」
18:00~19:00 夕食

【11月25日(金)】
8:30~ 9:00 講義6 村上 正 氏(空山の里理事長) 「地域の売店を守る~『空山の里』の取り組み」
9:00~ 9:45 講義7 長島啓子 氏 (京都府立大学助教)「GISを活用した森林・林業の新たな情報戦略」
9:45~10:30 講義8 宮藤久士 氏 (京都府立大学教授)「新たな木材・木質バイオマス利活用の活性化策」
10:30~12:00 ワークショップ 青山公三 氏(京都府立大学京都政策研究センター長) & 中越 豊 氏(京都府) 「森の京都のさらなる活性化策」
12:00~12:05 閉講式
12:05~12:15 フィールドワーク5 「『空山の里』見学」

3日間で出たキーワードをざっと記してみよう。

・水源の里 
・上流・下流 
・郡是 
・日東精工 
・世界平和宣言 
・波多野鶴吉
・前田正名
・川合信水 
・半農半X 
・コンセプト 
・フィールドワーク 
・ソーシャルデザイン 
・小学校活用 
・丹州材 
・海は森の恋人 
・黒谷和紙 
・限界集落 
・とちの実 
・先人の知恵 
・諦めない 
・極楽 
・空山の里 
・GIS
・森林情報 
・適地適材 
・バイオマス 
・CLT 
・森の京都
・空山の里
・フューチャーデザイン


これらの多くは本来一つ一つを丁寧に掘り下げるべきくらいの大きなキーワードであろう。
しかし、バラバラに感じるのではなく、シャワーのようにキーワ―ドのシャワーを浴びることで
初めて見えてくるものもある。

それがまさに冒頭で述べた

「綾部に吹く風」

というものなのである。


ここで全体をコーディネートさせて頂いた立場から3日間の学びを私なりに3点ほど整理してみたい。

①お腹と背中、表裏、陰陽

1点目は地域は常に「お腹と背中(表裏、陰陽)を見ないといけない」ということである。

たとえば、綾部にはこんな言葉がある

「上流は下流を想い、下流は上流に感謝する」

これがまさに水源の里の語源にもなっている。

この哲学は宮城から生まれた

「森は海の恋人」

とも通底するものがある。とかく片方だけから見るのは危険であるという警鐘でもある。

このことは地方創生とて同じことで、東京から見れば「地方創生」かもしれないが、
地方から見れば「地域創生」「地域づくり」、もっといえば「日常」に過ぎない。

限界集落や人口も同じである。数だけでれば限界に見えるかもしれないが、
綾部の古屋の渡辺さんのお話は平均80歳を越え、働き続けるおばあちゃんたちの背中を見ると、
そこには

「可能性集落」

と呼びたくなるヒントがたくさんある。

つまり、人口も数だけで見るのではなく、

「人生の数」

と見なくてはいけないのである。


②ビスマルク名言の修正

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」

この言葉は宰相ビスマルクの言葉であるが、綾部というまちはまさに
歴史に学び、歴史を活かし、歴史をつくっている。

しかし、綾部では、過去から現在のベクトルだけに留まらない。

グンゼ博物苑に行くと、そこには50年後の綾部を描いた素晴しい絵を見ることができる。
すなわち、単に過去だけでなく未来、換言すれば

「フューチャーデザイン(7世代後の社会を考える)」

もかいま見ることもできるのである。

その意味ではビスマルクの言葉も

「愚者は経験に学び未来をつくれず、賢者は歴史に学び未来をつくる」

と言葉を補った方が良いのかもしれない。


③最後はひと、最後は気

「まちづくりはひとづくり、まちづくりはファンづくり」

と昔から言われる。その通りである。

先ほどのキーワードの中にも多くの人物名が出てきているのはその証左であろう。

しかし、もう一歩踏み込むならば、

「最後は気」

ということも言えるのではないだろうか。どれだけ素晴しい能力をもった人や条件が揃っていても、

「やる気、勇気、元気、根気、負けん気」

がなければ資源も人も活かしきれない。京セラ創業者の稲盛和夫氏もかつて

「情熱×能力×考え方が重要」

と言ったが、この考え方がまさに「気」に通ずる。

この点については、古屋自治会長の渡辺和重さんが実に面白いことを仰っている。

「限界をアルファベットで書くとGENKAIですよね。このA、すなわち「諦め」を取ったらどうなりますか?GENKI(元気)になるでしょう」

ウィットにも富み、至言である。

まさに実践者、現場ならではの実感が込められていると思う。


言うまでもなく、この研修だけだけで、参加者のマインドが全て変わる訳でないし、
またただちにその地域が180度変わるわけではない。そんな打ち出の小槌はこの世に存在しないし、
存在すべきでもない。

しかし、何かしらの「次に一歩踏み出すための気づき」が提供できたのであれば、企画者冥利に尽きるというものである。
何よりそのような資源(たから)で綾部はじめ府北部は溢れている。


最後に冒頭のあやべ本の帯に寄せた藻谷浩介氏のコメントで締めくくるとしよう。
これが今回の綾部における研修、そして綾部の魅力を一言で言い当てている。

「綾部は世界のどこに出しても胸を張れる、全国でも数少ない街。ここに日本と世界の先端があります」


追伸

企画段階からお世話になった地域活性化センターの皆さん、地元のコーディネートと会場提供を頂いた里山ねっと・あやべさん、
講師役をお務め頂いた皆さんにこの場をお借りして、改めて感謝申しあげます。

平成28年11月26日
杉岡 秀紀 記


同じカテゴリー(杉岡日記より)の記事
他流試合の効用
他流試合の効用(2017-09-06 00:00)

2016年10大ニュース
2016年10大ニュース(2016-12-31 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。