プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2016年12月04日

【書評】『人生の「ねじ」を巻く77の教え』

日東精工株式会社企画室『人生の「ねじ」を巻く77の教え』ポプラ社、2014。

https://www.amazon.co.jp/人生の「ねじ」を巻く77の教え-一般書-日東精工株式会社-企画室/dp/4591140059

「ねじとはモノとモノをつなぐもの。ねじによってモノがつくられ、モノを介して人と人とはつながります。私たちがつくるねじは、心と心を締結する、そんな役割を担っています」

こんな書き出しから本が始まります。

著者は個人ではなく日東精工株式会社企画室。
初めて耳にする人も多いと思いますが、この会社のお世話にならなかった方はおそらくいないと思います。
というのも、日東精工は世の中に流通する様々なねじ、自動ねじ締め機、ねじ締めロボット、計測制御機器の会社であり、
特に精密ねじ、極小ねじの分野ではわが国ナンバーワンのシェアを誇るからです。
つまり、自動車や家電、デジカメ、パソコン、携帯電話、医療器具を使っている人なら、
意識するしないに関わらず日東精工のねじを手にしているのです。

確かにねじから教わることは本当に多い。
ねじは緩むことがないようにするのが基本ですが、外したい時に外れないと困る。
一見矛盾している2つのことを両立させる必要があるわけです。
これは仕事に相通じますね。
また強く締め過ぎれば良いとういことでもないく、加減が大事です。
これも仕事や人生に相通じる部分がありますね。

加えて、ねじとはそもそも実に目立たない存在で、空気のような存在ですよね。
「ない」と困るのですが、なかなか「ある」ことそのものの価値を感じる機会が少ない。
これって家族や友人など身近な人にも同じことが言えるかもしれません。
『星の王子様』よろしく

「大事なものは目に見えない(見えにくい)」

ということですね。

だからこそ、ねじの会社で大事にしている哲学(研修資料)はもしかしたら会社以外の人に言えることも多いのではないか、
そのような声に応えて出来たのが本書ということです。

以下、私が印象に残った箇所を抜粋して紹介します。

日東精工「似ているようでまったく深さの違う言葉。「磨く」と「拭く」。拭くだけでは光らないが、磨けば光る」
日東精工「サラリーマンという仕事の種類はない。あなたの仕事にキャッチフレーズを」
日東精工「言葉を濁らせると「くち」は「愚痴」に、「とく」は「どく」になる。濁点を取って明瞭に」
日東精工「チャンスとオポチュニティは違う。チャンスは棚からぼた餅。オポチュニティは意図して生み出す機会」
ウィルファード・アラン・ピーターソン(米国作家)「寛容とは、暖かさのことである。それは、あらゆる相場を越えて友情の手を差し伸べることである。寛容とは、フェア・プレイすることである。それは、むりやり自分の考えを人に押しつけない。寛容な人は、自分自身の立場は決めていても、人に対しても同じ自由を求める。寛容とは、人を見下げず、人を見上げることである」
湯川秀樹(日本人初のノーベル受賞者)「長い夜を泣き明かしたことのない人間に、人生を語る資格はない」
ブルータス(『ジュリアス・シーザー』)「目は己を見ることができぬ。何か他のものに映してはじめて見えるのだ」
デットマール・クラマー(日本サッカー界生みの親)「好きというだけでは一流になれない。愛することによって始めて一流への道が開かれる」


こんなことを研修で確認されているなんて素敵な会社ですね。
ちなみに日東精工は京都は府北部の綾部に本社を置く会社で、地域貢献、社会貢献に社員を挙げて力を入れておられます。
(本書の売り上げも地域のために寄付されているとか)

http://www.nittoseiko.co.jp/news/books-presentation.html

心のねじが締まり過ぎたり、緩み過ぎたりしたりと感じた時にぜひ一読したい一冊です。


平成28年12月4日
結婚記念日に自戒を込めて
杉岡 秀紀



同じカテゴリー(大学生に薦めたい一冊)の記事
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。