プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2016年12月31日

2016年10大ニュース

年の瀬ですね。

年々過ぎ去る日々が早くなっている感じがします。

というわけで、記憶の記録に留めるために、毎年恒例の

「10大ニュース」

を記しておきましたと思います。

【10位】高知への出張×4

今年は高知に4回出張に行くご縁がありました。

1回目は京都府北部地域・大学連携機構の仕事(バーチャル大学部会視察)、2回目は京都府立大学の京都政策研究センターの仕事(協働研究視察)、
3回目は与謝野町の仕事(総合計画の視察)、4回目は福知山公立大学の将来構想委員会の仕事(公立大学先進事例視察)です。

同じ地域に4回目も視察に行くことはなかなかないですよね。
とりわけ、高知大学の存在感を感じ続けた一年でした。


【9位】母校からの取材

「京田辺キャンパス開学30周年」

ということで、母校の同志社大学から取材が来ました。

私の今があるのは、京田辺のお陰と言っても過言ではなく、
最近はあまり恩返しが出来てなかったので、メッセージだけでも貢献でき、何よりでした。

https://www.doshisha.ac.jp/attach/page/OFFICIAL-PAGE-JA-117/78000/file/no189.pdf


【8位】第10回全国大学まちづくり政策フォーラムin京田辺で奨励賞受賞

毎年京田辺で開催され、ゼミで出場している

「全国大学まちづくり政策フォーラムin京田辺」

で杉岡ゼミ生が

政策マネジメント研究所奨励賞

を受賞しました。

https://www.kyotanabe.jp/0000009241

第10回という節目の回でもあり、学生にとっても教員にとっても印象深い受賞となりました。


【7位】国の委員でネット会議

京都で仕事をご一緒させて頂いたご縁で

「国土交通省の建設業イメージアップ戦略実践PT」

http://www.mlit.go.jp/common/001141404.pdf

の委員をさせて頂くようになりました。

この委員会のメンバーは東京から九州まで幅広くいるため、最初の委員会こそ東京で集まりましたが、
あとの分科会(ワークショップ)はネット会議(スカイプビジネスというソフト)で参戦。

これからは物理的な距離よりもミッションの距離が重要になるかもですね。


【6位】2冊の共著本出版

毎年1〜2冊ずつ出させてもらっている共著本ですが、今年は政策フォーラムのことを題材にした

『自治体政策への提言』

http://www.hokuju.jp/books/view.cgi?cmd=dp&num=995&Tfile=Data

という本と、地方創生本で

『地方創生への最前線』

https://www.amazon.co.jp/地域創生の最前線-京都政策研究センターブックレット-青山-公三/dp/4875556810/

という本を出版させて頂きました。

特に『自治体政策への提言』は【8位】の政策フォーラムとセットの存在になっています。


【5位】日本地方政治学会・地域政治学会「現代政治コンペ審査委員長」、日本オンブズマン学会「企画委員」拝命

今年は所属する2つの学会でお仕事させてもらいました。

一つは日本地方政治学会・地域政治学会で

現代政治コンペ

の審査委員長として大学生チームの10チームの審査をさせて頂きました。今年のテーマは

「18歳選挙権と民主主義:若者の政治参加に向けて」

という1テーマだったのですが、大学生らしいアプローチもあれば、
大学院生顔負けの研究的アプローチのものもあり、こちらも多いに勉強になりました。

https://chihoseijigakkai.jimdo.com/総会-研究大会/地方大会/2016年度/

また、開催は次年度ですが、来年4月に福知山で開かれる日本オンブズマン学会の企画委員も拝命しました。
こちらも良い学会になるよう、がんばります。

http://jpn-ombudsman.org


【4位】母の足の手術

私ごとになりますが、母の足の状態が思わしくなく、10数年前から生活に支障が出ておりました。
(病名は変形性股関節症)。

他方で、手術するまでの勇気までなかなかいかず膠着状態が続いてました。

ただ、今年は母の気持ちの整理もでき、また縁あって京都の

「第二日赤病院」

にお世話になれることとなり、3週間の入院で手術も一気に終えることができました。

執刀医の先生も看護師の皆さんも素晴しく、本当にすばらしい病院でした。
改めて感謝申し上げます。

https://www.kyoto2.jrc.or.jp/patients/diagnosis/orthopedic/


【3位】雑誌「致知」への掲載

「致知」

という人間学が学べる素晴しい雑誌があります。
10万人の以上の読者がいますが、本屋さんでは買うことができないので、
知る人ぞ知る雑誌かもしれません。

私自身との出会いは12年前になりますが、この雑誌から学んだことは計り知れません。
ですので、この雑誌を広めるのが私のささやかな恩返しでもあったのですが、
今年は図らずも登場させて頂く機会を得ました。内容は

「20・30代のための人間力養成講座in福岡」

1000人以上の読者の皆さんの前でスピーチをさせて頂いたものの報告記事になります。

http://www.chichi.co.jp/kiji/2016_20_30/result/

スピーチ内容については、以下にアップしていますが、色んな意味で意義深い機会となりました。

http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/e122414.html


【2位】恩師の逝去

今年9月24日に人生の師との悲しい別れがありました。

私にとっては、実の父を亡くした時と同じくらいのショックで、
悲しみにくれました。

2位としていますが、順位は付けられない、というのが本当の気持ちです。

想いは以下に記しました。

http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/e122294.html


【1位】福知山公立大学への移籍、福知山市への移住

縁があり、5年間務めた公立大学(京都府立大学)から公立大学(福知山公立大学)に本務校が変わりました。

と同時に、住居も京都市から府北部(福知山)へと家族で移住しました。

想いは下記に記しましたが、毎日が地域創生、本気で地域創生の日々です。

http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/e122347.html


というわけで、本年も大変お世話になりました。

来年もどうぞよろしくお願いします。


平成28年12月31日

杉岡 秀紀 記

同じカテゴリー(杉岡日記より)の記事
他流試合の効用
他流試合の効用(2017-09-06 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。