プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2017年01月09日

【書評】高野誠鮮『頭を下げない仕事術』(宝島社、2016)

高野誠鮮『頭を下げない仕事術』宝島社、2016。

https://www.amazon.co.jp/頭を下げない仕事術-高野-誠鮮/dp/4800231477/

「ローマ法王に米を食べさせた男」。



「スーパー公務員」

この言葉で高野さんの顔が浮かんだ人は、地域通、公共通(こんな言葉あるかな笑)の方だと思います。
また、

「ん?何かドラマで見たぞ」

と思った方は情報通ですね。というのも、東京都職員扮する唐沢寿明が過疎地域に出向し、
地域づくりを展開するドラマ

「ナポレオンの村」

のモデルが、言わずもがな、高野さんでしたから。


本書のはじめに(p.5)にもあるのですが、高野さんのデビュー作であり、代表作となった

『ローマ法王に米を食べさせた男』(講談社α新書、2015)

は高野さんの仕事において

「何をやったか」

をまとめた本でした。それに対して本書は、

「どうやったのか」

の本と言えます。
(補足をすれば、ローマ法王に留まらず、「一地方公務員」という立場でありながら、
NASAやロシア宇宙局、石破元大臣などトップを動かしてきた)

目次は下記のとおりです。

はじめに 仕事でやってはいけない、あること
序 わたしが「ローマ法王に米を食べさせる」まで

◆第1章 仕事以前のこころ構え
仕事術1 「やろうと思う」を「やってみる」に
仕事術2 目標を周囲に宣言する

◆第2章 「情報」と「人脈」の生かし方
仕事術3 すべての「情報」は「発信源」にあたる
仕事術4 「好奇心」を情報収集に生かす
仕事術5 「大きな人」とつながる

◆第3章 成功への「戦略」
仕事術6 「戦略」は立てても「計画」はしない
仕事術7 戦略はアメリカを参考にする

◆第4章 相手のこころを動かす
仕事術8 交渉では「お願い」しない
仕事術9 はじめに「相手の喜び」を考える
仕事術10 「条件」をつきつけない

◆第5章 価値を高めて売る
仕事術11 売りたい時ほど、売らない
仕事術12 大々的に宣伝しない
仕事術13 情報は「遠方」から流す

◆第6章 仕事をつぶす「余計なもの」
仕事術14 「金色夜叉」にとらわれない
仕事術15 「嫌われる覚悟」をもつ
仕事術16 「セクショナリズム」に呑まれない
仕事術17 「余計なもの」を入れない

◆第7章 挫折を乗り越える
仕事術18 挫折のときには「雑草の根」を見る
仕事術19 ピンチを「チャンス」と考える
仕事術20 「頭」ではなく「身体」で考える
仕事術21 「肩書き」がないことを「強み」にする

◆第8章 大きな仕事をするために
仕事術22 大きな視点をもつ
仕事術23 敵を味方にする
仕事術24 神仏を敵にしない

この中で私が特に勉強になったのは、

「頭を下げないことで、利他の心で仕事ができる」

という一見矛盾しそうな、それでいて言われてみれば納得する至言でした。

すなわち、仕事を進める上で最も重要なのは、「利他のこころ」であり、
相手のためを思い、提案を持ちかけるのであれば、頭は下げようがない。
頭を下げるのは「利己」だからだと。

じゃあ頭を下げる代わりにどうするか。

「利他の心で行動し、協力をしてほしい人には良い質問をすればいい」

と高野さんは喝破します。

そして、もう1つ重要な学びがありました。それはこうした言わば

「高野哲学(「人体主義」とも説きます)」

はどこから生まれたのかのルーツについて。

その1つが仏教であり、いま1つはコールマンという米国の元将校、そして最後は元職場の直属上司の一声
ということが本書から分かりました。

高野さんにはつい先月、府北部は京丹後市に講演のためにお越し頂き、ランチもご一緒させて頂きましたが、
講演の中でも、書物の中でも、また日常会話の中でもぶれない軸というものも感じざるを得ません。

本書では強調されていませんが、この高野哲学を作ったのも頭ではなく、人体主義そのものだったのですね。


というわけで、最後に本書の至言をご紹介しておきます。

・どんなに仕事ができる人でも、いつも鉄仮面のような表情で冷めてばかりいては、周囲に人はついてこない。涼しい顔をして、適当に流して、何か大きなことをなした人にはあったことがない。何か大きなことを成そうと思ったら、「熱量」が必要不可欠。

・知っていることは、体を駆使し、体にしみ込ませて初めて使えるようになる。これが識(し)るということ。

・人脈を生かすというのは、人を利用することではなく、相手が喜び、自分も喜び、相手が喜んで協力してくれること。ウィウィンの関係にしないと人は動いてくれない。利他の気持ちを持つこと。ただひたすら頭を上げるのではなく、相手の喜びを考え、行動する。

・戦略を立てる際に気をつけなくてはならないことがある。それはやったことがない人=「予言者」の言葉に惑わされないこと。「予言者」の言うことは耳は貸さない。

・コミュニティの中にいると内部の悪いことしか見えてこず、なかなか良いところには気づかない。日本人は特にその傾向が強い。自分の子どもは悪いところがよく見えて叱るけれど、他人の子って、良いところがよく見える。それと同じ。

・情報は遠くから、多くの場所を通過して発信元に戻ってくることで、その価値があがる。(中略)情報を流すなら、今いる場所からできるだけ距離が離れた遠方に飛ばした方が勢いをもって戻ってくる。

・仕事をしていくうえで、あまり関わらない方が良いというタイプの人。①失敗の心配ばかりする人、②「知」を「識」にしていない人、③私心(金色夜叉=金欲+権力欲)だけの人。

・様々な問題を考えていくうえで「人体」を用いて考える「人体主義」を意識するよう心がけている。村を人にたとえて考えることで様々な道が開け、それまで思いつかなかった解決策がみつかる。村はいくつもの家族から構成されている。家族は人の集まり。結局村というのは人の集合体

・会社のためを考え、相手が喜ぶようなことを考え仕事に取りくんできた人は、みんな惜しまれながら退職する。これが「枯れる」姿。我欲という余計なものこころにいれず滅私奉公で勤め上げてきた人間というのは枯れる。しかし、自らの金欲や出世欲のためだけに働いていた人間は決して枯れない。余計なものでこころが満たされるので腐る。

・視野が狭い人間というのは、「立場が違う」「言っても無駄だ」「どうせ認めてくれない」などとやってものないくせに「出来ない理由」ばかりを並べ立てる。否定から入るので努力もしない。視野の狭さは愚痴につながる。(逆に)視野が広がると行動につながる

・騙さない。ごまかさない。卑怯な真似をしない。偽善を行わない。他人を蹴落とさない。自分の利益だけを追求しない。神仏を敵に回さない生き方をしよう。


平成29年1月9日
杉岡 秀紀 記



同じカテゴリー(大学生に薦めたい一冊)の記事
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。