プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2017年04月29日

【書評】観光立国の正体

藻谷浩介・山田桂一郎『観光立国の正体』新潮社、2016 読了。







まさに『デフレの正体』の藻谷浩介さんと「観光カリスマ」の山田桂一郎さんとのコラボならではのタイトル、そして内容であった。

本書のキーワードは

「ブルガーゲマインデ」と「感幸地」

である。

ブルガーとはドイツ語で「市民/住民」のことで、

「住民自治経営組織(役所や役場のような行政機関とは違う住民主体の独自組織)」

の意味とのである。

ともあれ、これまで観光というのは、ややもすると、観光協会や旅行代理店、行政が主導しがちであったが、これからの観光というのはそうではなく、スイスのツェルマットのようにブルガーゲマインデが中核となり、持続可能で自律的な「感幸」を作ることが重要であるという。

確かに日本では基本的に

「訪れたいまちと住みたいまち」

が別個に議論されているきらいがある。

その証拠に、いわゆる観光地であるにも関わらず、人口減少が止まらず、賛否はともかくとして「消滅可能性都市」にノミネートされているまちなどはその典型なのだろう。

本書ではそうではなく、まさにリピーターをどのように作るか、すなわち

「訪れたいまち=住みたいまち」

にすべきではないか、と投げ掛ける。

色々と新しい気づきがあったのだが、詳細は読んで頂くとして、ここでは私が響いた言葉だけを列挙しておきたい。いずれも至言ですね。
(藻谷さんは基本的に対談しか登場しないので、表記がなければすべて山田さんの発言)

・「住民の生活満足度を満たすことを最優先して地域を育てていくと、住民の表情や態度はごく自然に生き生きとしてくるもの」(p.26)
・「高品質・高付加価値体質と共に質的向上を続ける経営体質」(p.39)
・「リピーターあってのサービス業」(p.45)
・「観光だけではまちおこしはできない」(p.47)
・「観光は世界のGDPの約1割を占める」(p.51)
・「ヨーロッパを始め世界の観光統計は全て「延べ泊数」」(p.53)
・「地域のやる気の人々が少人数でも良いので団結し、目先の利益を超えて「一緒に稼ぐ」ことを前提に、地域内利潤を最大化させる」(p.60)
・「お客様一人一人の消費額を高めるためには、(中略)むしろ一分一秒でも長く「時間を作ってもらう」発想が重要」(p.68)
・「住民参加ではなく、行政参加」(p.82)
・「一期一会は一語一笑」(p.105)
・「地産地消より地消地産」(p127)
・「地域経営を担う自治体の多くは、理念がないか、不明瞭の状態のまま」(p.130)
・「マーケティングとは、顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその商品を効果的に得られるようにする活動の全て」
(p.158)
・「今、国内旅行は個人客が中心で、周遊よりも一箇所で連泊を選ぶ方が多くなっています」(p.161)
・「デスティネーションキャンペーン(中略)はドーピングキャンペーンと呼ばれています」(p.163)
・「マーケティング4.0(自己実現満足)では、顧客が享受する商品・製品・サービスにより要望、欲求が達成されたかどうかの結果が重視される」(p.167)
・「ヤクゾンビ(役職だけを欲しがる役害)」(p.179)
・(藻谷)「経営学では、SWOT分析が流行っている(中略)けど、これは観光業の分析ではワークしない。なぜか。SWOTはお客は誰かによって変わるから」(p.205)
・「一度外に出るのは良いと思うのですが、二度と帰ってこないことが問題」(p.240)



最後に目次は以下のとおりである。

(参考)『観光立国の正体』目次
はじめに 観光業界の「ルパン」 藻谷浩介

I 観光立国のあるべき姿 山田桂一郎

第1章 ロールモデルとしての観光立国スイス
「非日常」よりも「異日常」を/リピーターを獲得せよ/常に生き残るために必死な国/英国富裕層によって「発見」されたアルプスの山々/目前の利益を追わず、「ハコモノ」を作らない/国そのものをブランド化/日本の観光地がダメになった理由/寂れた観光地に君臨する「頭の硬いエライ人」/「観光でまちおこし」の勘違い/「人手がかかる産業」を大事にせよ

第2章 地域全体の価値向上を目指せ
キャパシティを増やさず、消費額を引き上げる/ブルガーゲマインデという地域経営組織/足の引っ張り合いを避け、地域全体の価値向上を/地元で買う、地元を使う/スイスの観光局は自主財源を持った独立組織/自然と調和した景観を保持/馬車と電気自動車がもたらす「異日常」/「時間消費」を促すことが「地域内消費額」をアップさせる/ガイド・インストラクターは憧れの職業/最も重要なのは人財

第3章 観光地を再生する──弟子屈町、飛騨市古川、富山県の実例から
地域振興に必要な住民主体の活動/忘れ去られた「高度成長期型」の観光地/「住民主体、行政参加」の組織に一本化/住民ならだれでも参加OK/株式会社を設立、初年度から黒字に/エコロジーとエコノミー/外国人旅行客に大人気の「里山体験」/「なんにもない」から「クールな田舎」へ/とやま観光未来創造塾/「新幹線効果」の誤解/国際水準とユニバーサルツーリズム

第4章 観光地再生の処方箋
「ピラミッド型のマーケット」を構築せよ/富裕層を取りはぐれている日本/北海道の「一万円ランチ」に人気が殺到した理由/負のスパイラルを防げ/格安ホテルチェーンが地域を壊す/近隣のライバルと協力した方が儲かる/休日分散化を真剣に考えよう/社会全体に「観光」を位置づける重要性/「地産地消」より「地消地産」/高野山が外国人に高評価のワケ/明確な将来像を描け

II 観光立国の裏側 藻谷浩介×山田桂一郎

第5章 エゴと利害が値域をダメにする
「地域ゾンビ」の跋扈/間違った首長が選ばれ続けている/「改革派」にも要注意/行政が手がける「劣化版コピー」の事業/補助金の正しい使い方/ボランティアガイドは「ストーカー」と一緒/観光業界のアンシャンレジーム/JRの「ドーピングキャンペーン」/顧客フィードバックの不在/竹富町の革新的試み/自治体の「旅行会社依存体質」/有名観光地でゾンビたちが大復活! /観光庁の構造的問題

第6章 「本当の金持ち」は日本に来られない
世界一の酒がたったの五〇〇〇円/「アラブの大富豪」が来られるか/近鉄とJR東海という「問題企業」/「ポジショニング」を理解せよ/野沢温泉と白馬/悩ましい大手旅行会社との関係/玉石混淆のリクルート

第7章 「おもてなし」は日本人の都合のおしつけである
北海道ガーデン街道/「熱海」という反面教師/せっかく好循環が生まれても……/大河ドラマに出たって効果なし! /戦術の成功、戦略の不在/頑張っても大変な佐世保/「爆買い」に期待するなかれ/「おもてなし」は日本人の都合の押しつけである/医療ツーリズムでも「マーケットイン」が不在/カジノが儲かるという幻想/それでも日本の観光には無限の可能性

おわりに 山田桂一郎


平成29年4月29日

杉岡 秀紀 拝

同じカテゴリー(大学生に薦めたい一冊)の記事
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。