プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2017年11月18日

【書評】田中輝美『関係人口をつくるー定住でも交流でもないローカルイノベーションー』

田中輝美『関係人口をつくるー定住でも交流でもないローカルイノベーションー』木楽舎、2017 読了。

https://www.amazon.co.jp/関係人口をつくるー定住でも交流でもないローカルイノベーション-田中輝美/dp/4863241186

もし地域創生やソーシャル分野で

「流行語大賞」

があれば、おそらくベスト10に入るだろう言葉。

それが本書のテーマとなる

「関係人口」

という概念である。

提唱者は「東北食べる通信」を世に送り出した

「高橋博之」氏。

言葉そのものとしては以下のような文脈で登場した。

『地方自治体は、いずこも人口減少に歯止めをかけるのにやっきだが、相変わらず観光か定住促進しか言わない。
観光は一過性で地域の底力にはつながらないし、定住はハードルが高い。私はその間を狙えと常々言っている。
観光でもなく定住でもなく「逆参勤交代」で、地方を定期的に訪ねるというニーズは、広がる一方だと思う。
交流人口と定住人口の間に眠る「関係人口」を掘り起こすのだ。日本人自体がどんどん減っていくのだから、
定住人口を劇的に増やすのは至難の技だ。しかし、関係人口なら増やすことができる』

また、この分野でトップランナーの明治大学の小田切徳美教授も近年、

「農村関係人口」

という言葉提唱している。

具体的には、

①特産品購入
②寄付(ふるさと納税)
③頻繁な訪問
④現地ボランティア
⑤二地域居住

といった、観光と移住・定住の間に地域に関わる人のことであるが、これまではどちらかと言えば

「都市か地方か」

という2進数的なアプロ―チばかりが主であっただけに、その中間層に響いた面があるのであろう。

もう一つ面白かったのは、そのような関係人口を豊かにするための仕掛け

「関係案内所」

の存在。

観光案内所と響きは近いが、全く似て非なるものである。この案内所は、

「地域の面白い人やその人に出会えるホットスポットのほか、こんな役割が地域に求められていると伝えような、
関わり方を案内する機能を果たす場所」

として定義される。

本書では、課題先進県島根県の「しまコトアカデミー」がその事例として紹介されているが、
非常に示唆深い概念である。

ともあれ、本書を著した田中輝美氏の肩書きが

「ローカルジャーナリスト」

とあるように、これからはますます地域で勝負する人材が増えると思う。

そんな時に

「0か1かではなく、0か1も、あるいは0と1の間」

を提案した意義は大きい。


これからも注目したい概念である。




同じカテゴリー(大学生に薦めたい一冊)の記事
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。