プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2017年12月31日

2017年my10大ニュース

毎年恒例となりました。

記録に留めるためにも、2017年の

「my10大ニュース」

を振り返っておきたいと思います。

◆10位「母校・同志社、京田辺キャンパスで講演」

昨年は、大学の広報誌「ONE PURPOSE」に取材頂き、1度だけ絡みがあったのですが、
最近はめっきり母校との絡みが減っておりました。

(参考)『ONE PURPOSE』2016年12月号
https://www.doshisha.ac.jp/attach/page/OFFICIAL-PAGE-JA-494/82634/file/no189.pdf

そんな中キリスト教文化センターさんからお声を掛けていただき、10月31日に

「京田辺と同志社と私」

というテーマでお話する機会がありました。

教室ももちろん京田辺キャンパス。

いつのまにかに大学生が自分の半分くらいの年の子たちになった訳ですが、
2007年に同志社京田辺祭の実行委員長として何を考えていたのか、
また新島襄と京田辺との縁についてお話させてもらいました。

(参考)キリスト教文化センター「sprit week2017」
http://www.christian-center.jp/dsweek/pdf/spiritweek2017autumn.pdf


◆9位 「ゼミで北海道と九州を経験。学会コンペでは賞も受賞」

福知山に移ってから初めてもったゼミ生たちと北海道と九州に参りました。

北海道は9月3〜4日に小樽商科大学・東北公益文科大学との合同合宿(インゼミ)。

http://www.fukuchiyama.ac.jp/news/4884/

九州(鹿児島)は10月28〜29日に日本地方政治学会・日本地域政治学会の現代政治学生コンペ。
こちらでは初陣でしたが「審査員特別賞」という賞も頂きました。

https://drive.google.com/file/d/1hMtCnDNXgY8UF0zJuKgxFfkM_C49w2oJ/view

地方大学におりますとややもすると、教員も学生もその地域近郊だけに活動範囲が限られがちになりますので、
視野を拡げるためにも、良い機会となりました(その分交通費は係りましたが苦笑)。


◆8位  「京都府南部でのお仕事増える。恩返しも」

元々私がお世話になっていたのは府南部というご縁もあり、
2017年は府南部でも色々と以下のような仕事をさせて頂きました。

①宇治生涯学習人材バンク研修会(講演):2月10日
http://www.city.uji.kyoto.jp/0000014179.html

②きゅうたなべ倶楽部勉強会(講演会):2月10日
http://san-kyu.kir.jp

③八幡まちづくり協会 勉強会(講演):3月25日
http://www.geocities.jp/y_matizukuri/

④地域活性化センター「地方創生実践塾」@精華町・南山城村・和束町・宇治田原町(企画・全体コーディネート・講演):5月26〜28日
https://www.jcrd.jp/index.php?option=com_content&view=article&id=1704:平成29年度第1回地方創生実践塾_京都府広域<終了レポート>&catid=87&Itemid=546

⑤京田辺商工会経営発達支援計画 委員:8月2日
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/shokibo/nintei_download/26-10.pdf

⑥精華町まち・ひと・しごと創生有識者会議(座長):8月29日
https://www.town.seika.kyoto.jp/contents_detail.php?co=cat&frmId=13884&frmCd=10-6-3-16-0

⑦京都府山城広域振興局中小企業応援隊第1回地域連絡会(研修講師):9月22日
http://www.pref.kyoto.jp/yamashiro/

⑧城陽市市民活動支援センター10周年記念フォーラム(講演・パネルディスカッションコーディネーター):12月2日
http://www.city.joyo.kyoto.jp/joyoshimisen/recruit.html

京都府は南北に長く、府北部と南部では100キロ以上離れており、
福知山移住後は少し時間が係るようになりましたが、高速の発達もあり、あまり苦にはなりません。

特に京田辺は育ててもらったまちでもあり、少しでも恩返しが出来ありがたい限りです。

北部でも与謝野町の総合計画策定審議会(座長)や同まち・ひと・しごと創生有識者会議(座長)、同産業振興会議(委員)
福知山市の行政改革推進委員、景観審議会委員(座長)、舞鶴市の健康増進計画策定懇話会(副会長)や同商店街創生プロジェクト(アドバイザー)など、
大事な仕事目白押しなので、北部と南部の両方をこれからも大事にしたいと思います。


◆7位  「高校生向けに話す機会が増える」

今年から大学コンソーシアム京都の

「高大連携推進室室員」

を拝命していることもあってか、2017年は高校生向けにお話する機会がぐっと増えました。

①高大連携フューチャーセッション:3月19日
http://www.consortium.or.jp/kodai/18578

②夢ナビ:7月15日
http://yumenavi.info/live/index_pc.html

③福知山公立大学オープンキャンパス:7月22日
http://www.fukuchiyama.ac.jp/admission/opencampus/

④鳥羽高校SGH(講演):6月10日、10月14日
http://www.kyoto-be.ne.jp/toba-hs/mt/Super_global/sgh/h29sgh/

⑤高大社連携研修事業(企画・講演・コーディネーター):11月25日
http://www.kyoto-be.ne.jp/toba-hs/mt/Super_global/sgh/h29sgh/

⑥高大連携教育フォーラム特別分科会②(企画・講演・コーディネーター):12月9日
http://www.consortium.or.jp/project/kodai/education-forum

⑦東舞鶴高校「社会とくらし」(講演):12月12日
http://www.kyoto-be.ne.jp/higashimaizuru-hs/mt/topics/2017/12/post-646.html

高校生に偏差値以外のものさしの重要性を伝えるには本当に良い機会なので、
これからも大事にしていこうと思います。


◆6位  「福知山に2回(2つ)の学会招致」

2017年は、1年で2回学会の開催校として事務局を務めました。

1本目は「日本オンブズマン学会」で4月23日に、

http://jpn-ombudsman.org/news2-13.html

2本目は「日本協働政策学会」で12月16〜17日に招致しました。

http://www.kyodoseisaku.jp

これまでも何度か学会の開催校事務局は経験していますので、ノウハウはあるのですが、
1年に2度というのは少なく(しかし2年ぶり笑)、準備から当日、片付けまで一苦労でした。

ただせっかく公立大学が福知山にあるのですから、知の拠点として学会文化も根付かせたいですよね。
その意味ではどちらの学会もフルオープンとさせてもらいましたが、本当に良い交流の場となったと思います。


◆5位 「国の仕事増える」

昨年までは2015年度の文科省のCOC+ペーパーレフェリーや

https://www.jsps.go.jp/j-coc/data/02_shinsei_PRmeibo.pdf

2016年度から拝命している国交省の建設業イメージアップ戦略実践プロジェクト委員

http://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo14_hh_000593.html

くらいでしたが、今年からは以下のような国の仕事もお手伝いしました。

①総務省主権者教育アドバイザー:11月1日〜
http://www.soumu.go.jp/main_content/000503013.pdf

②内閣府RESASハッカソン@京都:12月10日
https://opendata.resas-portal.go.jp/contest2nd/hackathon/index.html

③総務省京都行政監視行政相談センターとの協力講義:12月15日
http://www.fukuchiyama.ac.jp/news/5400/

年が明けたら財務省(近畿財務局)とも協力講義を作る予定です。


◆4位 「日刊建設工業新聞で連載スタート」

上記国交省の委員会をさせて頂いてるご縁で、

「日刊建設工業新聞」

さんからオファーを頂き、月1本のペースで

「所論諸論」

というコーナーで執筆させて頂くことになりました。

建設業自体は専門ではないのですが、あくまで地方自治や地域創生の観点から投稿で新しい風を入れてほしい、
というオーダーですので、ネタを考えるところから頑張りたいと思います。

http://www.fukuchiyama.ac.jp/news/5422/


◆3位 「日本経済新聞、京都新聞に記事掲載」

記事としては、今年も色々な新聞に取材等を頂いたのですが、2017年は縁あって、
以下の2紙にコラムを掲載頂きました。

①日本経済新聞(私見卓見):10月20日
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22446290Z11C17A0SHE000/
http://www.fukuchiyama.ac.jp/news/5053/

②京都新聞(市民活動の進め):11月8日
http://www.fukuchiyama.ac.jp/news/5164/

いずれも発信力のあるメディアですので、貴重な機会となりました。


◆2位 「本、論文、雑誌等での執筆続々」

2017年はとにかく多くの書く仕事に恵まれました。

①コラム「産山発!持続可能なスモールビレッジのための5原則」『地方自治職員研修』2月号、27頁、公職研、2017
http://www.koshokuken.co.jp/chihoujichi/kenshu5002.html

②レポート「『京都・あやべスタイル』を体感する〜地域資源を最大限活かした企業・NPO・市民・行政協働のまちづくり〜」『地域づくり』2月号、22〜23頁、地域活性化センター、2017
https://www.jcrd.jp/index.php?option=com_docman&view=list&Itemid=784&slug=bn-d-h29-2

③共著本「地域の未来は「みんな」で描く」(第2章)京都政策研究センター編著『「みんな」でつくる地域の未来』京都政策研究センターブックレット、vol.5,20〜32頁、公人の友社
http://www.fukuchiyama.ac.jp/news/3400/

④論文「大学における地域公共人材の育成」『TOYONAKAビジョン22』vol.20,10〜19頁、豊中都市創造研究所、2017
http://www.tium-toyonaka-osaka.jp/publication/toyonakavision/vision20.html

⑤論文「自治体政策における総合計画とフューチャーデザイン」『福知山公立大学研究紀要』第1巻第1号、2017、75〜89頁、福知山公立大学、2017
https://fukuchiyama.repo.nii.ac.jp

⑥レポート「Forum通信 日本オンブズマン学会第13回大会」『地方自治職員研修』7月号、公職研
http://www.koshokuken.co.jp/chihoujichi/kenshu5007.html

⑦レポート「地域資源活用と教育機関連携による地方創生の実際」『地域づくり』8月号、20〜21頁、地域活性化センター、2017
https://www.jcrd.jp/index.php?option=com_docman&view=list&Itemid=784&slug=bn-d-h29-8

⑧コラム「「京の公共人材大賞」誕生秘話」『京の公共人材大賞ー京都の未来を創る人びとー』112頁、地域力再生活動を応援する公共人材づくり研究会
http://www.fukuchiyama.ac.jp/news/4995/

⑨編著本「住民自治主導の地方自治」『合併しなった自治体の実際ー非合併小規模自治体の現在と未来ー』、87〜108頁、公人の友社、2017
http://www.fukuchiyama.ac.jp/news/5246/

⑩論考「働き方改革につながる自治体職員のプロボノ」『月刊ガバナンス』12月号、46〜48頁、ぎょうせい
https://shop.gyosei.jp/products/detail/9608

ありがたいことでもあるのですが、毎月締め切りに追われていた年でもありました。
がんばって書くペースをもう少しあげたいと思います。


◆1位  「次女の誕生」

最後はプライベートですが、今年11月に次女が誕生しました。

やはり一番上も女の子なので、これで家族4人中男は私1人となり、
将来は肩身が狭くなりそうですが、家が一層華やかになりました。

子育てと仕事の両立は想像以上に大変ですが、
子ども達の未来のためにも、健康に留意しつつ頑張り続けたいと思います。


というわけで、長くなりました。
以上が2017年のふりかえりになります。

お世話になった皆さま、どうもありがとうございました。
来年もどうぞ宜しくお願いいたします。


平成29年12月31日

杉岡 秀紀 記






 

同じカテゴリー(杉岡日記より)の記事
他流試合の効用
他流試合の効用(2017-09-06 00:00)

2016年10大ニュース
2016年10大ニュース(2016-12-31 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。