プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2018年12月31日

2018年度 My10大ニュース

2018年度 My10大ニュース

最近はこのブログを1年に数度しか触れていませんが、
このコンテンツはせめて更新したいと思います。

(プライベートでは上の娘が七五三を迎えたのがニュースでしたが、
今回は仕事に限定してみました)

【10位】学生が4つの政策コンペで入賞

今年は4つの政策コンペで学生が入賞しました。

①全国大学まちづくり政策フォーラム 「今川晃記念賞」
http://www.fukuchiyama.ac.jp/news/6030/
②森の京都観光プランコンテスト 「優秀賞」
http://www.fukuchiyama.ac.jp/news/7919/
③京都府警「ポリス&カレッジ2018」「優秀賞」
http://www.fukuchiyama.ac.jp/news/8162/
④京都から発信する政策研究交流大会 「ベスト質問賞」
http://www.fukuchiyama.ac.jp/news/8334/

順位的には、③が上から2つ目で最も上位入賞だったのですが、個人的には
①、恩師であった今川晃先生を冠した賞を頂けたことにご縁を感じ嬉しかったです。


【9位】コープ宮崎の亀田会長との再会

このブログも以前書いたことがありますが、

「致知」

という雑誌を10年以上読み続けています。

そして、その出会いについて、一昨年福岡で1000人の若手読者の前でお話ししました。
(詳細は一昨年前の10大ニュースで書きました)

http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/e122414.html

https://www.facebook.com/chichipublishing/posts/致知は20代30代にも-支持されている月刊誌です-httpwwwchichicojpspecialteiki1603致知をとおして教わった-亡父からのメッセージ/1298595400184004/

その事後談になりますが、その雑誌を教えてくださったコープ宮崎の亀田会長と
10数年の歳月を経て、今年、大阪で再会することができました。

この雑誌がなければ、この再会はなかったと思うと文字の持つ力を感じざるをえません。


【8位】委員長、座長としての貢献

今年も多くの行政や関連団体の委員を務めさせて頂きました。

その中でも特に思い入れが強いのが、「与謝野町第二次総合計画座長」と「ポッポランドのあり方検討委員会」の2つ。

(与謝野町)
http://www.town-yosano.jp/wwwg/info/detail.jsp?common_id=465926

(ポッポランド)
http://www.city.fukuchiyama.kyoto.jp/shisei/entries/008864.html

前者については、1年半かけ住民の1割にあたる約2000人が参加する徹底的な住民参加、職員参加で策定いたしました。

後者については市民公募の委員に住民からの意見も募集し、半年間で8回の委員会と2回の視察を経て、
ほぼ委員だけで市民参加型の提言書を完成させました。

いずれもこれからがむしろ本番ですが、まずはPDCAのPが大事と思っています。


【7位】様々の自治体研修

今年は全国市町村国際研修所、兵庫県自治研修所、京都府中丹広域振興局・福知山市新採研修、
丹波市議会・篠山市議会・芦屋市議会研修、丹後塾、京都府北部地域大学連携機構幹部研修など自治体研修の機会が増えました。

特に今年は全国の自治体職員さん向けの機会が出来たのが嬉しかったですね。

理論と実践の架橋を引き続き頑張りたいと毎回思えます。

https://www.jiam.jp/workshop/doc/2018/18409/tr18409.pdf


【6位】2冊の共著本出版

今年は2冊の共著本に関わらせて頂きました。

1冊は『現場からみた子どもの貧困対策』(公人の友社、2018)。

http://koujinnotomo.com/index.html

もう一冊は「NPO最善戦」(京都新聞出版センター、2018)。

https://www.amazon.co.jp/京都発NPO最善戦―共生と包摂の社会へ-平尾-剛之/dp/4763807056/

これで出版は14冊目になりますが、特に後者は京都新聞の連載と連動し、
京都のNPOに関わる皆さんとの共同執筆でしたので、ある意味で本を通じた協働となりました。


【5位】全国フォーラム(シンポジウム)への登壇

①全国水源の里シンポジウム

「川上は川下を思い、川下は川上に感謝する」

という水源の里の理念のもと200を超えるネットワークが出来ています。

そのシンポジウムが年1回あるのですが、今年は舞鶴であり、そのシンポジウムのコーディネータを務めました。

その講師陣がとにかく魅力的で、基調講演が行政学の大家・大森彌東京大学名誉教授、
パネラーに関係人口という概念のスポークスマンでローカルジャーナリストの田中輝美さん、
京都移住計画の田村篤さん、東京都特別区長会事務局の菅野良平さん、そして
地元の西方寺平の実践者・霜尾誠一さん、という布陣。

やはり何を議論するかも大事ですが、誰と議論するかが最も大事ですね。

http://info.suigennosato.com/?eid=86

https://mainichi.jp/articles/20181019/ddl/k26/040/451000c


②地方創生フォーラム

私は奈良出身であり、東京都で仕事をした後、京都に住んでいます。

なので、よく3つの都(平城京・平安京・東京)を渡り歩いてきたと説明することがあります。

ただ、地元にはなかなか貢献する機会がなかったのですが、今回総務省の外郭団体、
地域活性化センターの主催で

「地方創生フォーラムin奈良」

という企画で、地元貢献する機会に恵まれました。

https://www.jcrd.jp/event/forum/2018/0807_1622/

基調講演に持続可能な地域社会総合研究所所長の藤山浩さん、研究報告(兼コーディネーター)が私、
その後に曽爾村役場企画課長の細谷忠弘さん、株式会社南山城代表取締役社長の森本健次さん、
合同会社オフィスキャンプ代表の坂本大祐さん、一般社団法人かわかみらいふ事務局主任の三宅正記さんが加わり、
6人で討論。

この企画も上述と重なりますが、とにかく登壇者が魅力的で魅力的で「稼ぐまち」をキーワードに良い議論ができました。

私自身が一番得した気分です。


【4位】高大連携の充実

この3年ほど力を入れている

「高大連携」。

今年は兵庫県の高校や議会とも連携したり、
京都市内の多様な大学生・高校生と対話する機会を多く作れました。

入試改革も大切ですが、多様な背中から多様なキャリアを学べる
良い意味での「ごちゃまぜ」の機会づくりをこれからも仕掛けていきたいと思います。

(丹波市議会・柏原高校・福知山公立大学による高大連携)
http://www.fukuchiyama.ac.jp/news/7381/

(大学コンソーシアム京都の高大社フューチャーセッション)
http://www.fukuchiyama.ac.jp/news/7978/

(中小企業家同友会の高大社連携研修事業)
http://www.fukuchiyama.ac.jp/news/8168/

(大学コンソーシアム京都の高大連携教育フォーラム)
http://www.consortium.or.jp/project/kodai/education-forum


【3位】全国誌への寄稿

今年は2本、全国誌から依頼があり、拙稿を寄稿させてもらいました。

1本目はぎょうせいが発行する『月刊ガバナンス』。特集テーマは「現場起点の自治」。

(ぎょうせい『月刊ガバナンス』)
https://shop.gyosei.jp/products/detail/9864

もう1本は地域活性化センター『地域づくり』。特集テーマは「地域の担い手を育む」。

(地域活性化センター『地域づくり』)
https://www.jcrd.jp/publications/chiikizukuri/2018/nov/

この他、学内の紀要論文や教科書(アカデミックスキル)の1章分も執筆もさせて頂きました。


【2位】業界新聞の連載1周年。

日刊建設工業新聞という建設業界の業界紙に連載「所論諸論」を持たせてもらって
1年が経ちました。

毎月のトピックを取り入れつつ、公共政策・地方自治の立場から、
建設業界の皆さんにも納得いただくネタを書くのは大変ですが、
大変やりがいがあります。

しかし、月1でもこれだけ大変ですから、連載を何本を抱えている方は
本当にすごいですね。頭が下がります。

連載終了と言われるまで、細々と頑張りたいと思います。

http://www.fukuchiyama.ac.jp/news/5422/

http://www.fukuchiyama.ac.jp/news/5900/

http://www.fukuchiyama.ac.jp/news/6148/

http://www.fukuchiyama.ac.jp/news/6546/

http://www.fukuchiyama.ac.jp/news/6836/

http://www.fukuchiyama.ac.jp/news/6906/

http://www.fukuchiyama.ac.jp/news/7201/

http://www.fukuchiyama.ac.jp/news/7430/

http://www.fukuchiyama.ac.jp/news/7590/

http://www.fukuchiyama.ac.jp/news/7736/

http://www.fukuchiyama.ac.jp/news/8065/

http://www.fukuchiyama.ac.jp/news/8276/


【1位】北近畿地域連携センター長(委員長)の着任

昨年まで一委員でしたが、富野暉一郎前センター長(副学長)の後任として、
この4月から北近畿地域連携センター長(委員長)を拝命し、大学の付属機関の長として
毎日奮闘しています。

手当はなく、完全にボランティア業務ですが、年6回の大きなシンポジウムの企画・実施から、
学内の地域連携研究予算の配分、シンタンク「北近畿地域連携会議」の事務局業務、
包括協定関係調整、北近畿地域の団体との協力講義、ニュースレターやSNSの発信に到るまで、
活動は多岐に渡り、とにかく忙しい一年となりました。

ただし、地方の公立大学として、地域貢献こそが本学の最大の強みですし、
アクセルを踏み続けるしかありません。

引き続き

「市民の大学、地域のための大学、世界とともに歩む大学」

の実現に向け、尽力を尽くします。

http://www.fukuchiyama.ac.jp/kitare/message/


というわけで、平成最後の2018年、お世話になった皆様、ありがとうございました。

この場をお借りして厚く御礼申し上げます。



2018年12月31日

杉岡 秀紀

同じカテゴリー(杉岡日記より)の記事
2017年my10大ニュース
2017年my10大ニュース(2017-12-31 00:00)

他流試合の効用
他流試合の効用(2017-09-06 00:00)

2016年10大ニュース
2016年10大ニュース(2016-12-31 00:00)

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00│Comments(0)杉岡日記より
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。