プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2005年09月12日

『聖地』と『積極的なひきこもり』

15277.jpg“ここに来ると妙に落ち着くなぁ”

という場所って、誰しも一つや二つはありますよね。

私にとっては、ここ

自分の研究室の机

がその一つです。
私杉岡は大学受験の時は、ほぼ毎日

「学校が終われば図書館にこもり勉強をし、時間が来たら塾へ行く」

「休みの日は、開館から閉館まで、とりあえず図書館にこもって勉強」


という生活を送っていました。

普通の人はこんな生活嫌がると思うのですが、私にとっては、この一日数十時間も勉強できるというのは、幸せそのものの生活でした。

 ※今は忙し過ぎて、こんな優雅に時間を使えませんが(涙)。。


では、一体何がそこまで私を惹き付けたのでしょうか。

今考えてみると、

●静けさの中で快適に勉強が出来る爽快さ

●周りの人も勉強を頑張っおり、負けるものかという意地と監視システム


そして何より

●知らないことを知ることで、日に日に広がる自分知識・価値観

この私の勉強には欠かせないビタミンとでもいうべき「3要素」が、図書館には全て揃っていたんですよね♪

おそらく、これが図書館のことがたまらなく好きだったのだ原因だと思います。


さて、そこで翻って、研究室ですが、


そう、まさにここはその私の大好きな図書館の良いエッセンスだけを散りばめたそんな空間になってます。

しかも、

●自分の机がある(取り合いをしなくて済む)
●自分の本棚があり、すぐに取り出せる(重い荷物での移動がいらない)
●ロッカーまであり、貴重品の確保もOK!


と来ますから、これは使わない手はありません!!

※お、なんだか「○パネット○田」みたいになってきましたね(笑)。
失礼しました。


■以前

「芸術の創作活動は、積極的な引きこもりである」

という事をどなたか仰っておられていたと思うのですが、

まさに、勉強も音楽ある意味、その範疇に入ると思います。

そして、そういう意味においては、私は

強度の「ひきこもり」

という事になりますね。


しかし、人間とは、

「一人ではさびしくて、絶えられない」

正確でいて、

「一人の時間も大事にしたい」

というわがままな所も誰しも持った生き物です。


要はその矛先が私の場合は、「勉強」と「音楽」だったというだけですね。


・・・という訳で、今日も会社の後、ちょこっと寄ってきました、
我が「聖地」の紹介を今日はさせてもらいました!


最後までお読み頂き、どうもありがとうございました♪

同じカテゴリー(杉岡日記より)の記事
2017年my10大ニュース
2017年my10大ニュース(2017-12-31 00:00)

他流試合の効用
他流試合の効用(2017-09-06 00:00)

2016年10大ニュース
2016年10大ニュース(2016-12-31 00:00)

この記事へのコメント

自分にとっての落ち着く場所。
あまり考えたことがありませんでしたが、きっと『自分の部屋』ですね。
趣味の服作りや、本を読んだり音楽を聴いたり(もちろんシカプーも♪)…
何かに没頭できる空間が落ち着きます。
気が付いたら部屋にいる感じですよ!プチ引きこもり状態でしょうか?!

辻本さんからのメールで
彼は趣味が勉強と本気で言えるほどの人間ですからね〜( ̄□ ̄;;
とあったのがよく分かった気がします(笑
Posted by めぐみ at 2005年09月13日 12:24

杉岡さんのブログ読んでますと、まさしく義母(主人の母)と一緒です。
もう62歳になるんですが、とにかく勉強が大好きな方で
チャレンジャーです。歳を取ってからですが色んな資格も取ったり
株も毎日ネットでやってます。
儲けてるのか、それはわかりませんが何せ頭のいい方でそして
苦労人・・・なもんで地道にコツコツやってるのかなぁと思いますが
経済新聞はもちろんの事、株をやってるので本を読んだり・・・
家族集まっての食事会の話題に政治の話や歴史や経済や・・・
私にはついて行けない話しで;;;
そして家庭教師などいらない位子供達の勉強を見てくれます・・・。
ですが、誰も血を受け継いでないのか・・・勉強好きはいません^^;;;
出来も普通です・・・・・(汗;;;

そうですね・・・普通の人なら嫌がるかも?・・・かもですね(笑;
でも義母なら杉岡さんと同じ位、いや負けん気強いから負けない位?
私の知ってる人では自慢できる勉強好きな方です!
Posted by さとみ at 2005年09月13日 20:54

本当に杉岡さんの勉強がお好きなのは羨ましい限りです(^^)
私の家系では残念ながら私も含めて勉強好きがおらず…
でも、杉岡さんみたいな先生やったらもしかして好きになってかも〜な〜っと!
いつも思っちゃいます〜(^-^)

私にとっての落ち着く場所は、、自分の部屋とスピーカーの前ですかね〜
2〜3歳の頃、家で遊んでる時、静かやな〜って親が見に来ると
ぬいぐるみとかにまぎれていつも音楽が流れてるスピーカーのまん前で寝てたそうです。。
いまでも、気づいたらスピーカーの近くにいるような気がします^^
音楽自体が落ち着くんですよね〜いつでもどこでも…笑
Posted by くさかっち at 2005年09月14日 12:41

私の聖地・・・。
このPCの前と劇場、でしょうか。
どちららもちょっと「現実」から離れて自分に浸れるからかな。
すこし意識が「目の前の物事」から離れることによって
改めて自分の中に落として考えられるのかもしれません。
いろいろなストーリーや音楽や出演している方々から
いろいろなことを感じて学べるし。
あ!!\(◎o◎)/!
忘れるところでした。車の中!!!
ここは何にも変えがたい私の聖地の一つです(^^♪

「くれよん」プレゼント大作戦!(おおおげさな^^;)
大成功です。やっぱり第一声は「くれよんっっっっ!」
でした^m^
Posted by よ at 2005年09月15日 01:33

「よ」って入っちゃいました。
ひよ。です。m(__)m
Posted by ひよ。 at 2005年09月15日 01:34

めぐみさん

コメントありがとうございます♪

そうですよね、確かに自分の部屋の一人の時間って大切ですよねぇ。

私も今は、あまり自分の部屋でゆっくり出来る時間がなくなってしまいましたが、昔はそうでした^V^
Posted by 杉岡です at 2005年09月16日 13:14

さとみさん

いつもコメントありがとうございます♪

お義母さま素敵ですね^V^

そうなんです。

「人生は短し、学問は長し」

という言葉がありますが、勉強ってエンドレスなんですよね〜。

私もさとみさんのお義母さまを見習って、頑張りたいと思います!!
Posted by 杉岡です at 2005年09月16日 14:01

くさかっちさん

いつもコメントありがとうございます♪

そうですか〜くさかっちさんも私と一緒で音楽がないと寝れないタイプの方だったんですね^_^

ただ、私の場合はスピーカーではなく、イヤホンなんで、いつも起きたら絡まってますが笑。
Posted by 杉岡です at 2005年09月16日 14:04

ひよ。さん

コメントありがとうございます♪

劇場と車ですか〜同じですね!

私も月1回は必ず映画に行き、色々な刺激を受けてます。

また、車も憩いの場ですよね^V^

ま、とは言え、私の車はミッションなので、せわしい感じではありますが笑。

あ、あとクレヨンの件、喜んでもらって何よりでしたね!!

ひよ。さんの気持ちが通じたんだと思いますよ♪♪
Posted by 杉岡です at 2005年09月16日 15:00
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。