プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2005年09月16日

『先輩から学ぶ音魂』

15474.jpg今日は先輩バンドである、

B’zさん

の大阪ドームでのライブを見てきました。
感想は、

『さすが!!』

この一言に尽きます。

というのも、演奏はもとより、選曲・MC・コーラス・パフォーマンス・仕掛け何一つとっても非の打ちところがなかったですよね。

昨年は、ボーカル稲葉さんのソロライブ、ギター松本さんのTMGのライブをそれぞれ一回ずつ見に行かせてもらい頂き、もちろんそれぞれ素晴らしかったのですが、

B’zはこのお二人で一緒にいる時が、一番輝いているように見えたのは、私だけでしょうか。

とかく、お二人の

●心の底からお互いを尊敬しあっている様子
●心の底から音楽を好きな気持ち
●心の底からお客さんの事を考え、一生懸命新しいことに挑戦している様子


こういったものが、客席にいた私にもビンビン伝わってきたんです。


いや〜勉強になりました。脱帽です。


・・・一言でいえば、音に込める魂

『音魂』

の追求−−こうなりますでしょうか。


私たちもジャンルこそ違いますが、大いに見習って行こうと思います!


>B’zさん

素晴らしいステージをどうもありがとうございました!

同じカテゴリー(杉岡日記より)の記事
2017年my10大ニュース
2017年my10大ニュース(2017-12-31 00:00)

他流試合の効用
他流試合の効用(2017-09-06 00:00)

2016年10大ニュース
2016年10大ニュース(2016-12-31 00:00)

この記事へのコメント

わたしも行って来ました!<大阪ドーム
B’zの大ファンで、ファンクラブにも入っています。
そう、彼らは本当にお客さんを大切にしているなぁ、と感じます。
昨日のライブ、すっごく楽しめました。
Posted by ひな at 2005年09月17日 08:34

初めまして、「プレゼン龍」学生実行委員会です。
毎年12月に龍谷大学ではビジネスプランコンテスト「プレゼン龍」を開催しております。
くわしくはHPをご覧ください。
プレゼン龍では現在「ブログジャック」という企画を進行中です。
「ブログジャック」とは10月10日という一日を「ブログジャックの日」と設定し、この日にいろんな方にそれぞれが所有しているブログにプレゼン龍のことを書いていただき12月の宣伝をしていただきます。

起業家や学生団体をやっている人だけではなく今までそういうのとは少し遠い位置にいた人にも協力していただく予定です。
また、参加していただいた方はプレゼン龍のHP でリンクをはらせていただき、新たなコミュニティーをプレゼン龍を通して作っていただきたいと思っております。

そこで、ぜひ協力していただきたくコメントさせていただきました。ご多忙とは存じますがご検討よろしくお願いいたします。
Posted by プレゼン龍 at 2005年09月18日 17:23

ひなさん

コメントありがとうございます!

ひなさんもBzさんのライブ行ってはったんですね♪

しかもファンクラブ会員!とはお見それしました。

あ、私が言うのも変ですが、応援ありがとうございます☆
Posted by 杉岡です at 2005年09月19日 10:00

プレゼン龍のスタッフさん

告知お疲れ様です。

うちの大学のベンチャー系もだいぶと「プレゼン龍」さんの良い影響を
受けていると思いますし、協力できることはさせてもらいますよ♪

また、メールでご連絡下さい☆
Posted by 杉岡です at 2005年09月19日 10:03

ライブって本当にいいですよね。
ステージにいる人がどれくらい気持ちを込めて、
魂を込めてやっているかがビシバシ伝わってくる感じが
とても心地がいいといいますか…(*^_^*)
それが音楽でも、芝居でも、講演でも・・・どんなジャンルでも。
ステージの上にいる方の姿勢がわかるというか。
そういう意味ではステージにのる方はごまかしがきかなくて
大変★でも、客席にいても意外と大変。しっかりと受け止められる
「自分」がないと、ショックが大きくて自分の中で落ち着くまで
ある意味情緒不安定で(゜o゜)←こんな感じ^^;
なので私にとっては自分をリラックスさせる、確認する、発見する、
励ます、成長させる…とにかくすごく大切な空間、時間となります。

葉加瀬太郎さんや上妻さんのライブはいつになくドキドキワクワク
させられっぱなしの素敵なライブでした。
Posted by ひよ。 at 2005年09月20日 00:17

ひよ。さん

コメントありがとうございます♪

そうなんです、ライブって、会話と同じで、

「キャッチボール」

なんですよね!

投げたら投げかえす。

ここで、投げるのをやめると、ゲームは終わり。

どちらかが暴投を投げてしまうと、相手は取れない。

そして、ライブとは字のごとく

「生き物」

でもあります。

「生き物」だから、難しい。

でも、難しいから、楽しい。

それが、「ライブ」です。
Posted by 杉岡です at 2005年09月20日 13:09
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。