プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2005年09月21日

『○○の秋』

15775.jpg秋といえば、

スポーツの秋
読書の秋
芸術の秋
食欲の秋
etc・・・

などいくつもの形容が付く季節で有名ですが、この季節は暑くもなく、また寒くもなく、本当にいろんな事に挑戦させてくれる、すごしやすい季節ですよね。

そこで、その

『秋の語源』

についてちょっと調べてみました♪

すると、
3説くらい、その語源の候補がある事が分かりました。簡単にご紹介すると、

一つ目の候補は、


空の色が「清明(あきらか)」な時期だから、という説


二つ目は、

穀物などの収穫が「飽き満ちる(あきみちる)」季節だから、という説

三つ目は、

紅葉などに使われる「紅(あか)」が転じた、という説

のようです。

すべて、それぞれに説得性があり、「へ〜」て感じですよね。


・・・さ、私もこの秋は欲張って、

「スポーツに、勉強に、芸術」etc・・・に燃えるぞ!!


P.S.写真は大学で取り組んでいる、「スポーツフェスティバル」のパンフ。今年は、同大OBで、スポーツジャーナリストの中西哲生さんもお呼びする予定です!

同じカテゴリー(杉岡日記より)の記事
2017年my10大ニュース
2017年my10大ニュース(2017-12-31 00:00)

他流試合の効用
他流試合の効用(2017-09-06 00:00)

2016年10大ニュース
2016年10大ニュース(2016-12-31 00:00)

この記事へのコメント

私も(?)秋は大好きです。
空気もスッキリしてくるし、何かすがすがしい感じがするので。
今は、自分の仕事のプラスにできればと、通信を一つ始めようと
思っているのと、昔やっていた書道かピアノを始められればなぁと
考え中です。
細木数子さん的に金星人+なので、やっと大殺界が終わり、
種子に入っていく時期とか。自分のために一生懸命種を蒔く時かなと
(*^^)v都合のいいように解釈してるかも…。

しっかし、杉岡さんていつも前向き!
落ち込んだりしないことはないですよね…?
マイナスな気分はどういう風に対処してるんですか?
Posted by ひよ。 at 2005年09月23日 23:25

ひよ。さん

いつもコメントありがとうございます♪

そうですか、ひよ。さんは「金星人+」だったんですね〜>_<

大殺界抜けられたみたいで何よりです♪
(ちなみに、私はラッキーなことに、今年の最高運勢・水星人+です)

さて、マイナスから立ち直る方法ですか?

そうですね〜もともとプラス思考なので、そもそも「あまり落ち込まない」
というのが、答えなのですかね笑。。

ただ、それでは回答にならないと思うので、あえて答えると、

?映画や音楽など、非日常な空間に自分を持っていく。
?知らない町をドライブしたり、自然に触れられる場所に行き、心にリフレッシュをする
?友人や家族など、親しい人たちとお酒を飲み、考えないようにする。忘れる(笑)。

ってな、感じですかね。。

ま、でも、やはり、それよりも、

「マイナスのことをプラスに思える思考法」

−−これを身に付けられることを一番にお勧めします♪
(慣れるまではしんどいかもですが、慣れると心の習慣になります)
Posted by 杉岡です at 2005年09月24日 00:14

いつもお返事をいただけてすっごく嬉しいですm(__)m

「あまり落ち込まない」っていいなぁ…。
私はいつも一回はずんどこ(^^ゞまで落ち込んで考えないと
次に進めない感じで。抜け出すまでが大変なんですね(~_~;)
いろいろなことをはっきりさせないと気が済まない性質のようです。
自分のそんなところがまた悩みだったりもしますが。
あ、でもそんなに暗い性格ではありませんよ!(^^)!

杉岡さんの立ち直る方法の??は私も同じ!
?はなかなかいい場所がなくて実行はされないでいます。
私はあともう一つ。「泣く」。
泣ける映画や漫画を見て別の世界に浸って涙を流す。
涙と一緒に流れ出てしまうんでしょうかね〜(*^_^*)

「マイナスのことをプラスに思える思考法」…。
この失敗をしたことによって、いろいろな経験と考えが
持てた!って感じでいいのでしょうか?
以前に紹介されていた「神の慮り」な感じ…?
ぜひ身に付けたいです()

そういえば!「秋の語源」。
私のお気に入りは一つ目の空の説です(*^_^*)
Posted by ひよ。 at 2005年09月24日 23:54
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。