プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2005年09月23日

『ネバーランド』

15861.jpg「是非劇場で見ようと思っていたのに、いざ見ようと映画館に行ったら、いつのまにかにもう公開が終わっていた。。。」

なんて事ありませんか?

かくゆう私は実はこのパターンが多い人間でして(苦笑)、毎回その度ごとに悔しい思いをしている一人だったりします(涙)。

そんな見逃しの映画の中で、昨年とりわけ見たかった映画−−それが本日やっと見る事が出来た、

『ネバーランド』

これでした。

今日はこの感想について少し書いてみようと思います。
といっても、まだご覧になっておられない方もおられるかもですので、ストーリーについての言及はやめておきますが(笑)、

この映画を見終わっての、私の感想を一言でまとめると、

『愛』と『信じること』の大事さ

これに尽きます。


というのも、

血が繋がっていないのに、愛し合える家族がこの世の中には存在している一方で、血が繋がっていたって、愛し合えない家族も存在しています。

また、

家族じゃないのに、信じあえる信頼関係を築ける人たちがいる一方で、
同じ一つ屋根の下にくらす家族なのに、信じあえない人たちもいます。

・・・そんな複雑な世の中の家族像の功罪を、この映画では、『愛』と『信じること』をキーワードにして、実に巧妙に描写し、この映画を見る人にその大事さを、押し付けがましくなく、訴えかけてくるんですよね。

そう、決してハッピーエンドとは言えない映画かもなんですが、

『やはり、愛と信じることが人間にとって一番大事』

という事を教えてくれるーーそれがこの「ネバーランド」という映画という訳ですね。

 

かの有名なアメリカのエンターテナー、ダニー・トーマスも


『人はみな、何かの理由があって生まれてくるが、全ての人が、その理由を見出せるわけでない。

人生における成功とは、生きている間に何を手に入れたかや、自分のために何を成し遂げたではなく、人のために何を成し遂げたかである』


という言葉を残してますが、


人のために何かを成し遂げるためにも、

『愛』と『信じること』

これは欠かせないキーワードだと思います。

もし、今これをお読みの皆さんの中で、『愛』・『信じること』について、ちょっと最近悩んでおられる方がおられましたら、是非この映画を見てみてくださいね。

きっと、何か胸のもやもやが少しは晴れると思います!

同じカテゴリー(杉岡日記より)の記事
2017年my10大ニュース
2017年my10大ニュース(2017-12-31 00:00)

他流試合の効用
他流試合の効用(2017-09-06 00:00)

2016年10大ニュース
2016年10大ニュース(2016-12-31 00:00)

この記事へのコメント

『人のために何を成し遂げたか』
なるほどーー!!って思いました。
いつも人の為に何かしてあげたいと言う気持ちを持っていたら、
人に優しくいられますね♪

基本的なことだけど、難しい。。

『人はみな、何かの理由があって生まれてくるが、全ての人が、その理由を見出せるわけでない』
んーーーっ、見出せる人と見出せない人の違いは、何でしょう。。(@o@)

自分を知っているかどうか、でしょうか?
自分がどういう人で、何ができるのか、という事を知っているかいないか、かなぁ。。。
Posted by 増田 at 2005年09月26日 10:50

増田さん

コメントありがとうございます♪

そうですね、確かに捉え方によっては、解釈が難しい言葉ですよね。

ただ、私自身は、ものすごくシンプルにこの言葉を捉えてます。

つまり、

「人にためにに何かを成し遂げられた時に初めて、人は自分の生まれた本当の理由を知ることができる」

と。

いかがでしょうか?
Posted by 杉岡です at 2005年09月27日 01:53
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。