プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2005年09月25日

『テーブル・テニス』

15863.jpg先日のリレーに引き続き、今日は私の一番好きなスポーツである、

『テーブル・テニス』

で汗を流してきました。
「卓球」

と書いてもよいのですが、このスポーツは、今でこそ、愛ちゃんの台頭で、だいぶとマシにはなりましたが、まだまだ何か温泉のピンポンのイメージだったり、また体育館でしかやれないスポーツなためか「暗いスポーツ」のような印象が根強いため、あえて私は、

「テーブル・テニス」

と言っています。

ね?何かこれだけ明るいスポーツの響きでしょ?(笑)


さて、それはさておき、そんなテーブルテニスですが、私杉岡は、このスポーツをやり初めて、実は早いもので、もう15年になります。

小学生の頃は、選択制の授業の一環で3年間、
中学校の頃は、正規の体育会の部として3年間(キャプテンも務める)、
高校の頃は、軽音部だったので、半分趣味として、3年間、
大学の頃は、体育の科目として、4年間、
それから現在に至るまでは、時々の運動として3年間、

というのが、その内訳なのですが、とにかく、このスポーツはこれくらい私をとりこにする魅力を持っているのです。

一言で言えば、


「面白く、やめられない何かがある」


んですね。


・・・という事で、今回は、これを機会に、テーブルテニスの何が一体面白いかを一度整理してみる事にします(笑)。


え〜おそらくは、卓球、もとい(笑)、「テーブルテニス」には、

?団体戦では、「チームワーク」「協調性」も身に尽く。

?ダブルスでは、「相手への思いやり」や「感謝」の念を抱ける。

?個人戦では、「自己研鑽力」「競争精神」を高められる。


また、

?経験者同士でやるのも面白い。

一方で、

?初めての人とでも、気軽に取り組める。また、

?無茶さえしなければ、老後まで楽しめる(笑)。

というような特徴があると思うんですね。

そう、そして、これら6要素を一気に満たしてくれるスポーツはそう多くはないと思うんです。

ゆえに、それを全て満たすテーブルテニスが、私を魅了し続ける・・・と、そういう仮説になる訳です。

いかがでしょう?

>テーブルテニスを愛好する皆さん。

ま、そんなこんなで、とりとめもないコラムになりましたが(笑)、とにかく本気で汗をかけるスポーツが身近にあるというのは、実に幸せなことだと、それをここでは強く言いたいです。

これをお読みの方で、運動不足気味の皆さんも、是非、

「見るスポーツ」

だけでなく、

「実際に自分でするスポーツ」

も大切にしてやって下さいね♪


ではでは〜

同じカテゴリー(杉岡日記より)の記事
2017年my10大ニュース
2017年my10大ニュース(2017-12-31 00:00)

他流試合の効用
他流試合の効用(2017-09-06 00:00)

2016年10大ニュース
2016年10大ニュース(2016-12-31 00:00)

この記事へのコメント

「テーブルテニス」確かに卓球より響が良いですね。 友達の子供が「テーブルテニス」を小さい時からしていて、(今彼は小4)親子共に熱心で、オリンピックにでも出るつもり?なんて冗談を言っていたのですが、彼は企業の契約選手になり頑張っています。 毎日練習練習で可愛そうだなって思っていましたが、本人は練習が楽しくって仕方がない様子です。目標があれば子供も大人も関係なく頑張れるし、目標に向かって頑張ってる姿って良いですよね? 何だって良い、一生懸命になる事が素晴らしい。そう思いました。 
Posted by 広人と at 2005年09月26日 07:18

「テーブル・テニス!」忘れてました!
私が人並みにできるスポーツ(水泳・バスケット)の中に入れるのを!

↑リレーの記事のときにコメントさせていただいた際に。

私も初めてやったのは小学生の選択授業でした。
4,5,6年合同でやってて、結構勝っていた記憶が(笑)
高校の選択授業でやった時は負けてばっかりでしたけど…。
経験者とする意外は上手い・下手の差が出にくいスポーツですよね♪
そこが運動オンチな私には魅力ですね!
Posted by あかり at 2005年09月26日 15:22

広人君と歩君のママさん

コメントありがとうございます!

いや〜企業の契約選手とはすごいお知り合いですね♪
(いつかは愛ちゃんと勝負したりするかも?!)

是非、また広人君や歩君にそういう「夢追人」の背中を見せに、連れて行ってあげて下さいね^V^

きっと、子ども心にも、何か感じ、また勉強になる部分があると思います!
Posted by 杉岡です at 2005年09月27日 01:41

あかりさん

コメントありがとうございます♪

へ〜あかりさんも小学生の頃にしてはったんですね^V^
(そうそう、私もそういう授業の一環でした)

それでは、「テーブルテニス」という言葉にかける私の思いも
だいぶと分かってもらえたと思うので(笑)、是非、一緒にこの言葉の輪を
広げましょう!!(笑)

よろしくです♪
Posted by 杉岡です at 2005年09月27日 01:48
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。