プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2006年08月22日

『いのちの聖火リレー』

29351.jpg
命の大事さを教えてもらった者は


次はそれを教える側に周らなければならない。


pay it forward


いのちの聖火リレーは続く


いつまでも


どこまでも


         
「杉岡日記」より



P.S.

私の広島の友人が好意で譲ってくれた


オオクワガタ


を今日生徒にあげました♪


奈良ではなかなか手に入らないクワガタという事もあって、とっても喜んでくれて、こちらとしても嬉しかったです。


「生きた動植物を育てる事から命の尊さを学んで欲しい」


という彼と私の思いどうか届きますように…

同じカテゴリー(杉岡日記より)の記事
2017年my10大ニュース
2017年my10大ニュース(2017-12-31 00:00)

他流試合の効用
他流試合の効用(2017-09-06 00:00)

2016年10大ニュース
2016年10大ニュース(2016-12-31 00:00)

この記事へのコメント

杉岡君、おはようございます。
杉岡君とお友達の「生きた動植物を育てる事から命の尊さを学んで欲しい」という思い、絶対伝わっていると思います。
そして今度はその彼が同じ思いを他の方に伝えてくれることでしょう。
こうやっていつまでもどこまでも大切な思いは繋がって行くんですよね。
Posted by なべ。 at 2006年08月23日 07:55

「生きた動植物を育てる事から命の尊さを学んで欲しい」
傍から見るより自分で育ててみないと分からないことってありますよね。
先日、犬を飼い始めました!!
3歳半の娘に生きている物の育てる難しさ・命の尊さを学んでもらいたいものです。
実は娘、動物苦手なんですけどね・・・
Posted by megunchan at 2006年08月23日 11:04

私は小学生の時に飼っていたセキセイインコが死んでしまった時に
永遠の別れの悲しみと命の尊さを学びました。
世話が大変とか、マンションじゃ飼えないとか、色々な問題から、
子供に生き物を飼わせないケースが増えているようですね。
でも、子供の頃に、そういったことを通して、生きる喜び、生かす楽しさ
死別の悲しさを経験するのは大切なことだと思います。
電池をかえたって戻らないことを教えてあげないと、とんでもない大人に
なってしまいますよね・・・。DSばかりじゃ・・・情緒は養われないです。
Posted by 橘音 at 2006年08月23日 19:35

なべ。さん

コメントありがとうございます♪

そうですね、彼には妹もいるので、是非、「お兄ちゃん→妹」へという流れで、伝えていって欲しい所ですね。

自主的な気づきに期待したいと思います!

                            杉岡拝
Posted by 杉岡です at 2006年08月24日 02:40

meguchanさん

コメントありがとうございます♪

ワンちゃん良かったですね!

きっと必ず娘さんのなんらかの気づきを与えてくれることと思いますよ^V^

                             杉岡拝
Posted by 杉岡です at 2006年08月24日 02:43

橘音さん

コメントありがとうございます☆

仰るとおりですね。

本当の命の尊さを子どもの頃にあじわっている子とあじわっていない子では、その後の人生も大きく変わってくるんだろうと私も思います。

                           杉岡拝

P.S.
私も昔トリを飼っていたことがあります。インコみたいなメジャーなトリではなかったですが(笑)。。
Posted by 杉岡です at 2006年08月24日 02:49

核家族、マンション・・・そんな環境に変わって来てしまい、小さい頃に命の尊さを感じる機会が減っている今、どれだけ尊いものであるのかを教えるのがとっても難しくなっています。。。
でも、私はそれを絶対に教えなければいけないと思います。

先日、広島・長崎の原爆投下の日にちを知らない年代が増えている、っていう報道を観ました。
私と同じ20代ですら・・・
10代はなおさら・・・
そういうところからも、命について考えることが減ってきてしまっているのかと、とても驚き、悲しくなりました。。。

たとえ小さくたって、全ての動植物には命がある。
それを、大切に育てることで感じ取ってもらいたいですね^^

杉岡さんの生徒さんは、先生がと〜っても熱心だからきっと感じ取ってくれると思いますよ^^
Posted by asuka at 2006年08月26日 18:07

asukaさん

コメントありがとうございます。

いや〜asukaさんみたいな先生が学校の現場におられて安心ですよ♪

けど、そういう志を持った先生が全てではないですからね。。

「家族教育」と「地域教育」と「学校教育」

この三位一体の連携をこれからますます見直されていって欲しいなと思います。

                          杉岡拝
Posted by 杉岡です at 2006年08月27日 22:56
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。