プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2006年11月26日

『生かされ甲斐』

33316.jpg

今日も言えた


「お役に立てて幸いです」


これが私の生き甲斐なんだろう。


いな、


「生かされ甲斐」


なんだろう。



              「杉岡日記」より


P.S.

今日は大学院時代から友人の営業相談に乗らせてもらいました。

いろんなテクニックもたくさん喋りましたが、

「モノを売ろうとするのではなく、アナタを売りましょう」

これが、私の一番強調したかったことです。

おいしいお土産ありがとう。

同じカテゴリー(杉岡日記より)の記事
他流試合の効用
他流試合の効用(2017-09-06 00:00)

2016年10大ニュース
2016年10大ニュース(2016-12-31 00:00)

この記事へのコメント

ワタシの売り込み頑張ってみたいと思います
Posted by 中古車輸出業の実務講座 at 2006年11月27日 10:49

中谷彰宏さんの著書「あなたのお客さんになりたい!」は私にとってサービスの教科書です。デイサービスもサービス業ですから…。誠心誠意お世話し「ああ今日は本当に楽しかった」と笑顔で帰って頂かなければなりません。数あるデイの中からうちを選んできてくださっているんですものね。現にちょっとしたことで気分を害され翌日あるいは次回の利用を突然キャンセルされさっさと別のデイに移って行かれる方もおられます。そんな時はかなりショックで勉強が足りなかったんだと落ち込みます。反対に「あんたらの顔を見るために今日も来たんや」なんて言って頂くとたまらなく嬉しいですものね!介護の技術を磨く事はもちろん誠意をもって接する事は大切ですが心を掴むテクニックも重要なポイントです。「ああ今日も一日楽しかった」と笑顔で家路に着いて頂ければ最高です!
Posted by M.A at 2006年11月27日 22:52

中古車輸出業の実務講座 さん

コメントありがとうございます!

そうですね、是非お金では買えない「ワタシ」売り−−お互い頑張りましょう♪

                              杉岡拝
Posted by 杉岡です at 2006年11月28日 00:18

M.A.さん

コメントありがとうございます!

私も中谷さんの本は50以上は読みましたね〜

すごく分かりやすく、また幅も広く、ためになりますよね♪

ちなみに「あなたのお客さんになりたい」私もバイブルのうちの一つでした。

・「売り場」ではなく「買い場」

・「クレームはラブレター」

とか出てきますよね?

そのあたりを非常に印象的に覚えています。

                             杉岡拝
Posted by 杉岡です at 2006年11月28日 00:23

自分を売り込むこと、大事ですよね〜〜〜!
最近、けっこう大きなトラブルがあって精神的にも大変だったのですが、昨日「先生が担任で良かった」って言われて、本当に心が救われました。
自分が一生懸命にやっていれば、信じて助けてくれる人がいっぱいいるんだなって気付きました。

クレームはラブレター、ですか。。。
まだまだ・・・な私にはクレームは苦痛以外の何者でもありませんが(笑)、より良い人間になるための糧とできるよう、何とか乗り越えて行きたいと思います。
Posted by asuka at 2006年11月29日 21:19

人の役に立てること。それほどいいことはないですよね(*´ェ`*)
うまくいかない時、うまくいってうれしい時。
そんな時に頼りにされる杉岡さんは幸せですね(*´ェ`*)
Posted by junko at 2006年11月30日 10:55
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。