プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2008年06月07日

植人

52575.jpg

先人は言った。


「一年を考えるならば、米を植え、


十年を考えるならば、木を植え、


終身を考えるならば、人を植えなければならない」


と。


目の前のことも大切。


しかし、


未来のことはもっと大切。


たまにでよいよ。


長い目から「今」を見てみよう。


                  「杉岡日記」より


P.S.

遅ればせながら、私の古巣、シカゴプードルの


「ピアノロマン」


というアルバムを今日新宿で買ってきました。

感想は、、

今5回くらい聞きましたが、私が最後に製作させてもらった「Hello」
と「愛燦燦」を除けば、昔のようなパンチがある曲は少なくなった分

「噛めば噛むほど味わいがある」

曲が増えた、そんな印象ですかね。
(個人的には「かくれんぼ」がヒットしました)

というわけで、皆さんも是非いっぱい噛んであげてくださいませ♪

目指せ、酢昆布(笑)!

同じカテゴリー(杉岡日記より)の記事
2017年my10大ニュース
2017年my10大ニュース(2017-12-31 00:00)

他流試合の効用
他流試合の効用(2017-09-06 00:00)

2016年10大ニュース
2016年10大ニュース(2016-12-31 00:00)

この記事へのコメント

人は一人じゃ生きていけないですからね。
周り人を全部味方にする!くらいの気持ちが大切なんでしょうね^^

アルバム、私も同じような感想を持ちました。「噛めば噛むほど味が出るアルバム」って。笑
同じく第一印象は「かくれんぼ」がNo.1でしたが、他の曲たちは聴けば聴くほどに新しい発見があって、すっかり「ピアノロマン」の虜です(*´∀`*)
Posted by asuka at 2008年06月09日 01:38

先週の土曜日、四条のJEUGIAさんでインストア・ライブを
妹に誘われて観にいってきました。
個人的には「Dance 〜華と龍〜」が気に入っています♪
今週 土曜にもなんばParksでライブがあるので
“お耳に”かかりたいと思います♪
Posted by さなえ at 2008年06月09日 07:36

長い目で今をみて、杉岡さんはシカプーを卒業しはったんでしょうね。
私も、ピアノロマンを購入しました。
「Hello」がトップに入っててびっくり。あの歌詞はご自分の未来を見て、決意を固めるために
書かれたんでしょうか?
ピアノロマンのアルバムの中でも、一番すきですね〜。
杉岡さんのの独特の歌詞が、もうこれからの作品に出てこないと思うと
かなりさびしいです。
Posted by ゆりこ at 2008年06月09日 22:15

杉岡君こんばんは。
1曲目に「Hello」、そしてラストに「フワリ」。
メンバーのみなさまの想いが切ない位伝わって来ました。
微力ながらこれからもずっと応援させていただきたいって思っています。
「ONE」も好き*^^*今回の「ピアノロマン」もめちゃめちゃお気に入りです♪
Posted by なべ。 at 2008年06月09日 22:25

1曲目に「HELLO」が入っていたのが嬉しかったです。
広人と歩も一緒になって歌っていました♪♪

個人的には「If」の歌詞が凄く胸に響きました。
毎日通勤途中に聴いています
Posted by 広人と歩のママ at 2008年06月10日 00:37

asukaさん

コメントありがとうございます。

そうですか、asukaさんも同じでしたか〜

奇遇ですねぇ。

でも、聴けば聴くほど新しい発見をしていただいているみたいで安心しました♪

引き続き、宝探しよろしくです^V^

                             すぎおか拝
Posted by 杉岡です at 2008年06月10日 02:07

さなえさん

コメントありがとうございます。

また、インストアライブに行っていただいたみたいで、こちらもありがとうございます♪

「Dance〜華と龍〜」

のラップは、今回の一番の挑戦でしたよね。

シカプーの合言葉の1つに

「ギャップがセクシー」

というキャッチがあります(笑)。

これなんかは、まさに代名詞的な作品になりましたね♪

                     すぎおか拝
Posted by 杉岡です at 2008年06月10日 02:11

ゆり子さん

コメントありがとうございます。

また一番のお気に入りに入れてもらい恐縮です。

そうですね〜あの曲の作ったときには実はまだ引退を決めてなかったのですが、レコーディング直前に引退があり、そのような思いに変わる中であのイントロのフレーズを弾いた記憶があります。

よって、もう記憶があいまいですが、確か、そのような心境の変化の中で、自然と曲も詩も自然とあの方向になったんだと思います。


ところで、「リバース現象」ってご存知ですか?


普通に読むと分からないんですが、反対から読むと、実は本人の本音が入っているという現象のことなんですが(ドラゴンボールのイントロの声とか、月面面着陸のアームストロング船長の言葉などが例)、喩えて言えば、Helloの場合は、何だかそれに近いような感じになったんだと思います。

※リバース現象は入れておりません。念のため。


分かりにくいですかね?(苦笑)
Posted by 杉岡です at 2008年06月10日 02:28

なべ。さん
(なかなか新橋付近で会いませんね笑)

コメントありがとうございます。

また、アルバムご購入いただいたみたいでありがとう。

そうですね、ONEも本当に良いアルバムでした♪

私もあのアルバムを引っさげてのツアーは一番の思い出です。

それでは、これからも是非陰ながらの応援お願いしますね^V^

私も今となっては、陰からの応援隊の一人ですから笑。

                         すぎおか拝
Posted by 杉岡です at 2008年06月10日 02:34

ママさん

コメントありがとうございます。

広人君と歩君もお元気そうですね♪

安心しました。

是非、そちらに彼らが行った暁には、温かい温かいおもてなしをまたしてやってくださいね!

                                    すぎおか拝
Posted by 杉岡です at 2008年06月10日 02:37
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。