プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2008年08月30日

極める

54222.jpg

「心」を極めること


「技」を極めること


「体」を極めること


どれ一つとっても難しいけど


これら一つ一つを少しずつ極めていくことが


「人間」を極めることにつながる。


「人生」を極めるためにも


まず「人間」を極める努力をしよう。


            「杉岡日記」より


P.S.

今日は恵比寿駅近くのアイスクリーム屋さんで

「アイスクリーム」

を食しました。


最近はもっぱら

「抹茶」


にはまっています♪

頭を使う仕事ばかりなので、一日少しの

「甘いもの」


が頭の働きをよくしてくれるんですよね〜

ただ、父が糖尿病だったこともあるので、食べすぎにはくれぐれも注意してますが(苦)。

同じカテゴリー(杉岡日記より)の記事
2017年my10大ニュース
2017年my10大ニュース(2017-12-31 00:00)

他流試合の効用
他流試合の効用(2017-09-06 00:00)

2016年10大ニュース
2016年10大ニュース(2016-12-31 00:00)

この記事へのコメント

最近はオーストリアのウィーンに行ったこともあり、モーツアルトのクラシック音楽にはまっています!

お奨めですよ♪
Posted by ポジ部長 at 2008年08月30日 19:13

杉岡君こんばんは。
極めたかどうかはわからないけれど、高校の時部活動に燃えてました。
結果は叶わなかったけれど、最後の試合が終わった時にすごく「やり切った!」って思いました。この想いと充実した3年間があったからこそそれ以来どんなことでも頑張れている様な気がしています。
人生を極めることも人間を極めることもすごく難しいと思うけれど、最後に悔いの無いことが人生を、人間を極めたって言えるのかな、って思います。

糖尿病は遺伝って言いますからお気をつけてー。
そう言う我が家も糖尿病家系だった様なー?!
Posted by なべ。 at 2008年08月31日 20:29

 先日、東京に行きました。
恵比寿駅、通りました。相変わらず恵比寿駅では、
恵比寿ビールでお馴染みの音楽が流れていて、
良い宣伝?だなぁと(今回も)思ったりしました。
その、恵比寿にいはったんですね。美味しそうです。
Posted by りこ at 2008年09月01日 19:23

ポジ部長

コメントありがとう♪

ロックやポップスもいいけど、クラシックもいいよね〜

私も先週「読売交響楽団」の演奏を聴きに行ったところです。

特に最近は「耳」だけでなく、「目」で楽しませてくれる指揮者にはまっています(笑)。

                                    すぎおか拝
Posted by 杉岡です at 2008年09月03日 22:32

なべ。さん

コメントありがとうございます♪

「部活」

懐かしい響きですね。

私もちょっと甘酸っぱい気分になりました笑。

ちなみに私の高校時代は

「軽音楽部」

ここで人前で演奏する楽しさにはまったのが、
実は大学、そしてシカプーでバンドを続けたきっかけなんですよね〜

いやはや、でも、あの頃に「夢はミュージシャン」なんて言ってのが、
実現した私は幸せものだなぁと改めて思います。
                       すぎおか拝
Posted by 杉岡です at 2008年09月03日 22:42

りこさん

コメントありがとうございます♪

もう半年くらい前だったと思いますが、ある音大の学生さんが

「山手線の音楽を1つのCDにしたらバカ売れ」

したというエピソードがありました。

それだけ、山手線の音楽というのは、なじみやすいんでしょうね〜

そして、その中でも恵比寿は一番覚えやすいメロディだと思います!

                        すぎおか拝
Posted by 杉岡です at 2008年09月03日 22:47
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。