プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2009年11月03日

heal the world

heal the world

「heal」


には


「癒す」


だけでなく、


「直す」


そして、


「解決する」


という意味がある。


「音楽療法」


という言葉では収まりきれない、スケールの大きなメッセージ


「heal the world」


音楽には、世界を一つにする使命があるのかもしれない。


We are the world.


Change the world.


                     「杉岡日記」より



追伸

話題沸騰中の

「This is it」

見てきました。

「King of POP」


この言葉はまさしくMJのためにだけにある--

そう思ったのは私だけでないと思います。


映画館で拍手が起こる。

こんな光景を見たのも初めてでした。


私自身も音楽業界にいたころ、よくMJの曲を聴いていました。

日本のみならず、世界を見渡しても、ここまでの

「エンターテナー」

は空前絶後現れないと思いますが、MJの素晴らしさ、すごさ、
そして、音楽の持つ、言葉では表現しきれないパワーを見せ付けられた、
そんな映画でした。


「感動」とは、永久保存できないから「感動」なのでしょうが、
MJの曲は、これからの人類にとっても、おそらく永久保存版になるのでしょうね。


【今日のオススメ曲】

マイケル・ジャクソン「beat it」


中学校の頃に一番あこがれたギタリストは、リッチーブラックモアでしたが、
高校ではそれが、エディ・ヴァン・ヘイレンに変わりました。

そのエディがこの曲のギターを担当したことを聞いて、
当時よく聞いたものです。

映画の中では、女性ギタリストが弾いていましたが、
もう一度MJとエディとの競演を見たかったな。。

同じカテゴリー(杉岡日記より)の記事
2017年my10大ニュース
2017年my10大ニュース(2017-12-31 00:00)

他流試合の効用
他流試合の効用(2017-09-06 00:00)

2016年10大ニュース
2016年10大ニュース(2016-12-31 00:00)

この記事へのコメント
私も観たよ~(^O^)♪
マイケル…優しい人柄が話し方に出てるね。
映画なのに、つい体が動いて手拍子したくなったり…私が観た映画館では冷静な人が多かったのか終わって拍手ってのはなかったけど、私はその光景を見て、あ、映画だったf^_^;と、認識。
ThrillerもBeat ItもBillie Jeanも好きだけど…悲報を聞いて聴きたくなったのはHuman Natureでした…私には優しい歌声に聞こえていたから。歌詞の意味なんてわかってないんだけどねf^_^;
Posted by 水の結晶 at 2009年11月09日 00:12
水の結晶さん

コメントありがとうございます♪

「Human Nature」

も超名曲ですよね。

共感します。


水の結晶さんの映画館では拍手が起こらなかったですね~

皆が「心の拍手」をしていたんですかね。。

しかし、この国民性がMJクラスのミュージシャンを生めない日本人の弱みにもなっているかもですね~

少し自虐的ですが(笑)。。

             すぎおか拝
Posted by まちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」まちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」 at 2009年11月09日 23:22
遅ればせながら、私も先週観てきました!!
貸しきり状態だったんですが、いろんな場面で、もうちょっとでライブみたいに「フゥ~!」とか「ホゥ~!」とか言っちゃうところでした。笑
私ともう一人の女性しかいなかったから、ノリノリで「フゥ~!」って言っちゃえば良かったかな・・・笑

MJの、音楽へのこだわりには脱帽でした!
そして、彼の頭の中にどんどんと湧いてくる、お客さんを楽しませるアイディア!
リハでどんどん進化していく様子も分かって、ほんとにスーパースターだったんだなぁ~って感動しました!
Posted by asuka at 2009年11月21日 22:09
asukaさん

コメントありがとうございます♪

「貸切」

とは何とも贅沢なサービスですね(笑)。

昔銭湯で貸切のときに、よく泳いでいたことを思い出しました笑。

             すぎおか拝
Posted by まちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」まちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」 at 2009年12月16日 02:20
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。