プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2005年03月05日

『Listen to my heart』

『Listen to my heart』

アプライトピアノの鍵盤(しろくろ)に集まっていた 思い出がよみがえる
「そんな遠い昔のことじゃないな」って つぶやいて浮かんだメロディ

胸に積もるもどかしさを ずっと抱えたまま

‘cause I need you oh, listen to my heart
あの日僕の心はそう泣いていたんだ Oh
Do you miss me? I miss you so listen to my song
ねぇ 届いてくれよ Oh Love song

独り言ばかりで 君を感じられないや
そんな痩せた毎日じゃ 何かがちがう

12の音で伝えたいよ 言葉にできないなら

I love you so listen to my heart
今も君の心をまだつかめないけど Oh
Would you catch it ? I wanna stay and have a day with you
ねぇ 信じてくれよ
la la la try again once more. it can be the dearest love song

放り投げた缶コーヒーを そっと受け止めて欲しくて・・・

「忘れない」と言った君のくちびるから「さよなら」が聞こえていたんだ
so I listen to your heart 胸のどこかにまだ少し痛みがあるんだ
please, listen to my heart きっと何処かで聴いていてくれよ oh
la la la try again once more. it can be the dearest love song

(c)All right reseaved Hidenori Sugioka,2005

同じカテゴリー(歌詞集)の記事
Go to vote
Go to vote(2014-03-24 00:00)

『Hello』
『Hello』(2006-11-08 00:00)

Posted by 杉岡 秀紀 at 00:00│Comments(6)歌詞集
この記事へのコメント
すごく、切ない曲ですよね。
なんだか、シカプーの曲で好きなのは杉岡さんの歌詞だったのかもしれません。
12の音ってなんだ??ドからソ??
と黒鍵盤足す??
胸に積もるもどかしさになっています。
Posted by ゆりこ at 2010年04月20日 20:38
ゆりこさん

コメントありがとうございます♪

この曲はシカプーで唯一「A-music(関西の全AM曲で洋楽邦楽アマプロの全楽曲から1曲だけ選び、全局で1ヶ月放送する。どんなアーティストでも一回限りという制限あり)」に選ばれていた曲なんですよね。

今思えば、このときがシカプーがメジャーに切り替える一番のタイミングだったかもしれませんね。

ただ、そうなったら、今の私はいませんが笑。

ちなみにこの曲のサビのコード進行は、「売れる黄金コード進行」と呼ばれ、花沢の一番大好きなコード進行です♪

(「流星」もキーが違うだけで同じコード進行であり、ZARDの「負けないで」
岡本真夜の「Tommorow」なども同じ)

ただ、我々は売れなかったですが(笑)。

すぎおか拝
Posted by 杉岡 秀紀杉岡 秀紀 at 2010年04月20日 20:48
はじめまして。

私自身は毎日杉岡さんを身近に感じながら生活をしているのでなんだか「はじめまして。」なのが少し不思議に思ってしまいます(笑)


先日本当は切ないはずのこの詞を少し幸せそうに歌う姿に遭遇しました。
聴いてる私はより幸せだったので、確実に冷静な目線ではないのですが…(笑)

幸せ過ぎると脳ミソは異常な状態に陥る。と最近実感しする事が多いので(^^;)


杉岡さんの詞はいつも「伝える力」が強いな。と感じ聴くのですが、今日ブログに遭遇し拝見しながら、やはり今も「伝える力」は変わらず、個人的にホッコリさせて頂きました(^^)

何か1つでも違えば今の自分は存在しない。
でも仮に上記のコメントの様になってたら、今の私はどこへ繋がっていたのだろう?と少し思い。


杉岡さんの目線で「運命」と言う言葉を読むのならどんな言葉が返ってくるのか少し聞いてみたく不躾ですがコメントしてみました。
Posted by 誠華 at 2010年04月25日 21:22
誠華さん

コメントありがとうございます♪

誠華さんのコメントを拝見して、このブログでも、脳からのドーパミンやセロトニン、またノルアドレナリンなど、体を元気にするホルモンを出したいなと思いました笑。

さて、運命についてもコメントいただきました。

いつかのブログでも書いたかと思いますが、私は、世の中に「運命」と「宿命」の2つが存在すると思っています。

つまり、人生や世の中には、

・自分の意志や行動で変えれるもの



・自分の意志や行動で変えられないもの

の2つが存在すると。

したがって、後者はたとえば、死や老い、病気などですね。

ただ、死に方、老い方、病気への捉え方は変えれるわけです。

そして、夢。

これなんぞは一番分かりやすいわけですが、自分の努力と切り拓ける部分が半分、そして、自分の努力ではどうしようもない部分が半分になっていると思います。

なので、私がデビューできたことも本当にラッキーだったわけです。

いずれにせよ、この両者がどちらが大事、という発想ではなく、「どちらも大事」という発想が大事なのでは、と私は思っています。

誠華さんはいかがでしょう?
Posted by 杉岡 秀紀杉岡 秀紀 at 2010年04月26日 09:05
ずっと考えてたのですが…。

多分。切り口は少し違うかも知れないけど、やっぱり今と同じ事を選んでたと思い(笑)
個人的に全ては必然であり意味がある事。だと思って居るので(^^)

「運命の出会い」なのか、「宿命の出会い」なのか私にはまだわかりませんが、お兄様方との出会いは「神様から与えられたギフト」だと心底想えるんです。
こんなに素敵で幸せな出会いが世の中にあるんだ。と教えてくれたんです(^^)

「運命」とは切り開くモノ。
「宿命」とは受け入れるモノ。

でも出会いも出来事も受入れない限り、その先を切り開いていく事は出来ない。

となれば…。
受け入れて、切り開き進んで行く力が私の考える「運命」なのかも知れません。
Posted by 誠華 at 2010年04月26日 17:12
誠華さん

コメントありがとうございます♪

「私の考える…」

というのが良いですね。

はい、世の中には正解も間違いもないですから、独善的とか偏見は困りますが、

「私の言葉(I言葉。合言葉)」

で考える、話すことが重要だと、私も年々、つくづく、ますます、思うようになっています。

             すぎおか拝
Posted by 杉岡 秀紀杉岡 秀紀 at 2010年04月27日 01:10
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。