プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2010年04月19日

CRMと書いて三方よしと読む。そのココロは?



この写真を見て、何を思いますか?


(1)「500mlの中に、350mlが混じっている」

(2)「普通のビールの中に、発表種が混じっている」

(3)「金メダルと銀メダルと銅メダル(無理やり)?(笑)」

(4)「ビール飲みたい・・・(笑)」


はい、どれも正解です。


ただ、私が気付いてほしいのは、そういうことではなく、真ん中の

「この商品1本につき1円が環境保全などに活用されます」

という部分。ここに今日は着目してみたいと思います。


これは今日の講義(まちづくりマーケティング)でも紹介したのですが、

「CRM(コーズ・リレーティッド・マーケティング)」

というマーケティング手法の一つです。


企業の社会貢献自体は、「企業メセナ」とか「マッチングギフト」とか、
たくさんの事例があります。

ただ、これらは、いずれも企業の完結型、あるいは、
一方通行的な要素が大きかったと思うんです。

それに対して、この事例は、

「顧客参加型」

の仕組みを作っている。

ここが面白いですね。


たとえば、このアサヒのビールの場合、
売れたら売れた分だけ、間接的にではありますが、

「美しい日本をつくる」

ことに

「自分が」

貢献できる訳です。
(「美しい日本」という表現は、安部政権を惹起してしまうのは私だけでしょうか?・・・)


もう少し詳しく見てみましょう。

アサヒビールのホームページ(http://www.asahibeer.co.jp/superdry/umaasu/

によれば、この企画を始めてから、すでに


・平成21年春:約2億2千万円
・平成21年秋:約4億6千万円


の寄付が行われています。
(もちろん、この数は単純に売れた本数ですから、
ここにビールの値段を掛けると、売り上げになる)

もちろん、これだけだといわゆる普通のCSR(企業の社会的責任)ですね。


この企画の何より面白いところは、

「都道府県別にビール社会貢献オリンピック」

をしているところです(笑)。

「民間版ふるさと納税」
と言ってもいいかもしれません(笑)。


ちなみに、HPによれば、私出身である奈良は

・平成21年春:約200万円
・平成21年秋:約400万円


また、私のフィールドである京都は

・平成21年春:約500万円
・平成21年秋:約1000万円


という結果でした。

当然飲む量は人口と関係している訳ですから、人口一人あたりに直さないと、
本当の貢献度なんては分からないわけですが、意外と良い勝負していますよね(笑)。

とかく、この

「地域」

という掛け算、そして、

「1本=1円」

というのは、分かりやすくて、共感を生んだのだと思います。

(もっと分かりやすく言えば「100円マック」×「ドナルドハウス基金」×「地域主権」
というイメージでしょうか?)


でも、1点だけ苦言を申せば、カタカナで難しく言わなくても、
これは実は昔から日本にはよくあった

「三方よし」

だと私は思うのです。

そう、高島屋よろしく、近江商人の

・売り手よし
・書い手よし
・世間よし


という、例のあれですね。

「CRMなんていわずに、日本語で伝えたら、もっと響くのに」

これが今日の私の、ぼやきです。

でもこれは冗談ではなく、最近は色々な方を対象にお話をする機会も増え、
年々この思いは強くなっていってるんですよね。

(若者しかいない講義なぞではカタカナとアルファベットだらけでもいいですが)

というのも、何かカタカナやアルファベットを並べると分かった気になっちゃうんですよね。

言った方も、言われた方も。


ほんとに分かっているのかな?

本当に伝わっているのかな?


最近は喋っている最中にふとこんなことを思うことがあります。


というわけで、ビールを飲んでからですから、
説得力があまりないですが笑、私もこれを気に少しずつ

「脱カタカナ・アルファベット」

ダイエットを始めたいと思います。

とはいえ、いきなり「脱」は無理なので、とりあえず

「減カタカナ・アルファベット」

からですね(カタカナ減塩とアルファベットカロリーオフですね)。



「大事なことは、日本語じゃないと伝えきれない」

「日本語じゃないと伝わりきれない」


学問を通じて、こんなメッセージを伝えるのも教師の役割な気がしている今日この頃なんです。


ではでは、今日はこの辺で。

チャンチャン。

                                    「一日一考」

同じカテゴリー(杉岡日記より)の記事
2017年my10大ニュース
2017年my10大ニュース(2017-12-31 00:00)

他流試合の効用
他流試合の効用(2017-09-06 00:00)

2016年10大ニュース
2016年10大ニュース(2016-12-31 00:00)

この記事へのコメント
ちなみに私が今いる部署は、
CRMといいます(笑)

ただし、

Customer Relationship Management

の略です♪


旧来、企業は、
購買データをもとにマーケティングして、
顧客価値を高めるのがよくある手法でしたが、

そうではなく、

顧客の生の声(クレーム~要望~意見~お誉めの言葉)を、
いかに分析して読み取り、
事業に反映させて、顧客価値へ変換していくか―。

これも大事なマーケティングの手法だということで、取り組んでいます。


どこの企業にもコールセンターはあるけれど、
そこって、単なる受付窓口にすぎなくて、
それを積極的なチャンスとして、
企業活動に生かしているところは
あまりないよね。。。というのが実情。


杉岡さんの話とは、
字は同じで、また異なる話ですが、

いや、「顧客視点」という意味では、
同じではないかと―。


それにしても、これも日本語でいえばいいのに(笑)
Posted by M.Sano at 2010年04月20日 03:00
佐野君

コメントありがとう♪

佐野君のコメントを読んで

「クレームはラブレター」

という中谷彰宏さんのフレーズを思い出しました。

担当者にとってはきついお仕事ですが、確かにこれはマーケティングにつながるんですよね~

私が政府で担当した某省庁は、これを全て民間の派遣業者に委託をしておりました。

嫌な仕事だからこそ、本体がすべき、と私なんぞは思うのですがね。。

というわけで御社は素晴らしい!

苦あればこそ、「楽(たのしみ)」があるのです、はい。

             すぎおか拝
Posted by 杉岡 秀紀杉岡 秀紀 at 2010年04月20日 20:42
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。