プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2010年04月27日

【書評】早瀬昇「寝ても覚めても市民活動論」



早瀬昇「寝ても覚めても市民活動論」社会福祉法人 大阪ボランティア協会、2010

【書評】

この本は、大阪ボランティア協会が毎月発行する

「Volo(ウォロ)」


という情報誌の「V時評」を時系列ではなく、テーマ別に再編成されたものである。

イメージとしては、

「ボランティア版の社説や天声人語の総集編」

と言えようか(なお、この情報誌自身は、ボランティア界の「AERA」を目指しているという)。

当然、元々が「時評」であったため、イラク人質事件、秋葉原通り魔事件など、すでに

「過去」


の話題が中心であり、それ自身に普遍性はない。

しかし、その事件から

「元来NPOが注目される理由は、NPOがNGO(非政府組織)であるからだ(p.33)」

などというきわめて

「現実から未来への示唆」

を含みながら、普遍的かつ哲学的な論評を残すのが、この筆者早瀬氏のなせる技である。


なお、この早瀬昇氏は発行元である大阪ボランティア協会の常務理事であり、この道の第一人者である。


以下、このような観点から私が秀逸だと思ったものをいくつか抜粋してみたい(引用も含む)。

・「疲労と不信の悪循環。活動に真剣に取り組む人ほど、責任感の強い人ほど、こうした事態(無理をし、疲れ、しかし、休むと周囲からは不信や不満をぶつかられ、そうして疲れて果てててしまうこと)に自らを追い込みやすい」(p.18)

・「そもそも私たちはみんな変だ。それぞれの顔が違うように、みんなそれぞれに人と違う面を持っている。もし私には何も変なところはありませんという人がいたら、それこそとても変なことだ」(p.45)

・「プロサッカークラブは、苦痛を売っているのです。ひいきのチームが先制されればファンの心は痛む。負けてしまったら、なおのことだ。リードしても、いつ追いつかれるかとヒヤヒヤ。勝ったとしても、次の試合は・・・などと心配の種は尽きない(リバプール大学のローガン・テイラー博士)」(p.61)

・「運動とは事務なり(市川房江氏)」(p.81)

・「もう一つのCSR.つまり、Consumer(消費者)あるいはCitizen(市民)」の社会的責任としての「CSRがあってこそ、企業のCSRが発展する(関西マガジンセンターの尾崎力氏)」(p.101)

・「自ら納得し、自らの創意が生かされてこそ、人は自発的に活動するのです。ボランティアが書くにいる団体の組織原理は企業と違います」(p.109)

・「自発性のパラドックス。つまり、自発的に取り組む人は、その取り組みの責任を一身に背負わなければならず、それゆえいわば「弱い」立場に立つことになる(慶応義塾大学の金子郁容氏)」(p.1111)

・「いかにして「小さな変化」が「大きな変化」を生み出すか(マルコム・グラッドウェル氏)」(p.137)


以上である。

このいずれもが、ボランティアを含む市民活動はもとより、行政にも企業にも、また一市民にとっても、

「活動の原点(よすが)」

となるような示唆である。


ちなみに、コラムとコラムの間にある

「ボランティアは無駄知識」

という駄ジャレも個人的には面白く、お勧めである(読むのは2度だが)。

たとえば、

・「ボランティアダイエット(アメリカの某教授によりボランティア神経というものが発見)」(p.13)

・「ヤメテボラン(やるばっかりが能じゃない。やめてみるのもいいかも)」(p.79)

・「団塊の次第(退職した団塊の世代は、ボランティアする方?される方?)」(p.92)

・「Volunteer Vista(この頃のボランティアは格好いいなぁ。98じゃ)」(p.102)

・「暴露ボランティア(うちのボランティアさんが来たら、うちのプライバシー筒抜け)」(p.119)

・「ボランチ・コード(ボランティアは、その微笑みに何を仕組んだのか)」(p.157)


などなど。

しかし、こういう息抜き記事があることで、

「単に真面目で大切」

というアピールだけでなく

「真面目で大切で、しかも楽しい」

という要素が伝わる気がする。


「難しいことをやさしく、やさしいことを深く、深いことを楽しく」

ボランティアや市民活動の理解への敷居が低くなる可能性があるとすれば、講義も含めて、
こういうアプローチにもっと力を入れなければならない、と自省した今日この頃である。

同じカテゴリー(大学生に薦めたい一冊)の記事
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。